前のページでは、恋を楽しんでいる女の子は『セルフイメージ』が高いと解説しました。

このページでは『セルフイメージ』と、それがどんな風に日常生活に影響を与えているのかを紹介していきます。


現実に影響しているのは『セルフイメージ』

『セルフイメージ』という言葉は、あまり耳馴染みがないかもしれません。少なくとも、私は学校では教わりませんでした。

そんなマイナーな言葉が「人生を創り出している」なんてにわかには信じられませんよね。

でも、事実です。

セルフイメージとは思い込みと自己認識

セルフイメージとは、「私は○○な存在だ」という自分自身に対する思い込みや認識。

自分に対する思い込みや自己認識

そしてこれがそのまま『自分の現実』となって引き寄せられているのです。

セルフイメージが現実を引き寄せる

セルフイメージとズレた望みは現実にならない

前回の記事で、『望んでいるのに現実にならない場合がある』と解説しました。

これはこの「セルフイメージ」がその望みとズレているからです。

「私は魅力的な人間だ」という意志を持っている人は、『自分は魅力的だ』と感じる現実(彼氏ができる、プロポーズされるなど)を引き寄せる。

そして「私には魅力がない」という意志を持っている人は、『自分には魅力がない』と感じる出来事(彼氏に振られる、婚活が上手くいかないなど)を引き寄せる。

例えば「彼氏が欲しい」という望みも、この根底にどういう意志があるかによって、現実になる場合もあればならない場合もあるのです。

意志が違えば同じ行動でも結果が変わる

「私は魅力的な人間だから彼氏を作ってもっと楽しみたい」という意志か。

それとも「私は魅力がないから彼氏を作ってみんなに認められたい」という意志か。

それによって、得られる結果は全く違うものになります。

思考や行動は無理やりには変えられない

また、セルフイメージは私たちの『思考』や『行動』の基盤になっています。

「私は○○だ」というセルフイメージを基に、私たちは日常生活を送っているのです。

それは逆に言えば、私たちは『セルフイメージとかけ離れた思考や行動』はしないということ。

「自分には魅力がない」と考えている人は、自然とおしゃれに無関心になり、異性とも距離を置いてしまう。

『メイクやおしゃれをして異性と楽しくおしゃべりをしている自分』というのが、今持っているセルフイメージと離れているからです。

このセルフイメージのまま無理やりに合コンに参加したり恋活をしても、はっきりいって辛いだけ。

楽しむことができないどころか、ますます恋愛やおしゃれに苦手意識ができてしまう場合も。

なんらかの結果を得たいとき。

変えるべきは、思考や行動ではなく「自分は○○だ」というそのセルフイメージなのです。

セルフイメージを変えれば人生は変わる

先の例のように、恋愛が上手くいかない人は『恋愛に関するセルフイメージ』が低いのです。

  • 私には魅力がない
  • 私は愛される価値がない
  • 私は嫌われる
  • 私はダメな人間だ

こうしたセルフイメージを持っていると、それがそのまま現実になってしまう。

「彼氏を作ろう」とか「結婚しよう」と頑張って行動しても、なかなか思うような結果につながりません。

セルフイメージが低い人がセルフイメージの高い人と同じ行動をしても、その根底にある意志(エネルギー)が違うので、同じ結果は得られないのです。

同じ結果は得られない

ここで一つ、分かりやすい例を上げてみます。

セルフイメージの高いA子の場合

「自分は可愛い」と思っていて、それを基盤にして思考や行動をする

だからおしゃれをしたり合コンに行くのも楽しいし、そしてそれに合った現実を引き寄せる。(周りの人から褒められるなど)

セルフイメージの低いB子の場合

「自分はブス」と思っていて、それを『素』にしていて思考や行動をする

だからおしゃれをしても合コンに行っても楽しくない。そしてそれに合った現実を引き寄せる。(周りの人からけなされるなど)

B子がA子とまったく行動をしても得られる結果が違うのは、そもそものセルフイメージが違うから。

幸せな恋愛を手にいれるためには、『セルフイメージ』を変えること。ただそれだけで幸せな恋愛を手にいれることは可能だし、逆にセルフイメージを変えなければ、いくらポジティブシンキングを心がけても積極的な行動をしても、なかなか望む結果は手に入らないのです。

無理矢理ポジティブに考えてもダメ

セルフイメージの良し悪しは『感じる』ことができる

現実を創り出すのは、自分が抱いているセルフイメージ。

「私は○○な存在だ」という意志です。

私たちはそれを基盤として、ほぼ無意識にあらゆる思考や行動を行っています。

詳しくは《第2章》で解説しますが、思考や行動の9割は無意識。無理やり変えようとしても、その根底にあるセルフイメージを変えなければ、それを変えることは困難なのです。

……なら、自分が今どんなセルフイメージを持っているのか、気になりますよね。

それを知る一番簡単な方法を紹介します。

それは、自分の『気持ち』を感じることです。

モヤモヤしたりイライラしているとき、その思考や行動の根底にあるのは「私はダメだ」などのネガティブなセルフイメージ。

逆に、ウキウキしたり楽しい気持ちのとき、その根底にあるのは「自分は最高だ」などのポジティブなセルフイメージです。

つまり、良いセルフイメージを持っていれば、努力しなくても自然と恋愛は楽しめるし、望み通りの『幸せな恋愛』も簡単に引き寄せられるということ。

合コンでモテたいならセルフイメージを変える

どんな行動をするかはさして重要ではありません。

大切なのは、『どんなセルフイメージ』で恋をするかなのです。

まとめ

  • セルフイメージ=「私は○○な存在だ」
  • セルフイメージは思考や行動の基盤になる
  • セルフイメージを上げると恋は自然と楽しめる
  • 幸せな恋愛を手にいれるためには『セルフイメージを上げること』が大切