男が嫌う駆け引きとは?

周りの男性に対して、計算して接してしまった経験。

あなたにもあるのではないでしょうか?

「こういう行動をしたら、相手に好かれるだろうな」

こんな風に考えて行動するのはダメではないけれど、やりすぎると男性に「したたかな女」と思われてしまうかも!?

この記事では、男が嫌う『計算しすぎな女』の特徴5つを紹介します。


【1】人によって態度を変える

下心は思っているよりバレる

「この人はお金持ちだから、仲良くしておいたら得かも」

こんな風に考えてしまうことって、誰にでもあるのではないでしょうか?

でも、そういう下心は相手にも見抜かれてしまうもの。

  • イケメンにだけ優しい
  • お金持ちにだけ笑顔
  • 権力者にだけ親しげに接する

こんな風に人によってコロコロと態度を変える女性は周りの人に「計算だな……」と思われてしまいがちです。

相手の中身を見よう

『地位』や『ステイタス』ではなく、相手の中身や本質を見て人を判断するようにしましょう。

たとえ貧乏だろうと何か光るものがあれば興味を持つ。

たとえお金持ちだろうと人として尊敬できないのなら距離を持つ。

こんな風に、表面的なものに振り回されず、自分の感性を大切にできる女性は男性からも一目置かれます。

【2】周りの人間より優位に立とうとする

マウンティングする心理

対人関係に置いては、人はついつい「相手より優位に立ちたい」という気持ちを抱いてしまうものです。

自分が主導権を握っておけば、相手に振り回されたり傷つけられる可能性も低くなるからです。

いわゆる『マウンティング』ですね。

しかしこれも、当人は気づかなくても周りからはバレバレだったりするもの。

自分と周りを信じよう

実は、「優位に立ちたい」と感じているときは、必要以上に周りを恐れていたり、自分に自信を持てなくなっているときだったりするんですよね。

なので、こんな風に心がトゲトゲしてきたときは、ちょっと立ち止まって恐れを手放すことが大切。

計算して自分を守ろうとしなくても、周りの人は自分を愛してくれるし大切にしてくれる。

こんな風に信じることができると、心もふわっと柔らかくなり、異性への印象もよくなります。

【3】ライバルを蹴落とそうとする

ライバルは蹴落したくなる!?

恋する乙女にとって、ライバルの出現は脅威。

「好きな人には自分だけを見て欲しい」と思いますよね。

攻撃は自分に返ってくる

しかし、だからと言って周りの女の子の悪口を言うのはNG。

ライバルを蹴落とすつもりが、落ちるのは自分の印象だけです。

悪口を言うよりも、目の前の男性との時間を笑顔で楽しむこと。

それが結果的にライバル達に差をつけます。

【4】恋愛テクニックを過剰に使う

駆け引きは効果的だけど……

恋愛テクニックは、男女の関係を進めるためにとても効果的です。

しかし、だからといって『やりすぎ』は禁物。

例えば以下のような状況は、男性からも「やりすぎ」「白々しい」と思われがちなので注意しましょう。

  • 絶対に理解していないのに「分かるー!」と言う
  • やたらと胸を押し付けてくる
  • 普通のことなのに「凄い」「カッコイイ」と褒めてくる

バランスを大切に!

相手の話に共感したり、ボディタッチをしたり、相手を褒めるのは、自分が「そうしたい」と思えたときだけで十分。

ただ、そう思えたときにはその気持ちを隠さずに素直に表現する。

そんなスタンスでいると、『やりすぎ』を防ぎ、自然と相手と距離を縮めることができますよ。

【5】相手の気持ちを探ることに必死になってしまう

相手の気持ちを探りたくなるけど……

好きな人ができたとき。

何より気になるのは『相手の気持ち(脈あり/脈なし)』ですよね。

しかし、人の気持ちには波があるもの。

最初に会ったときには「ぜひ付き合いたい!」と思ったけれど、そのあと他の友達も交えて数人で遊んだときにはあまり会話が盛り上がらなくて「ちょっと考え方が違うのかな」と感じた。

でも、そのあとメールのやりとりをしていたら「やっぱり気があう!」と思ってこうかんどは うなぎのぼり……。

こんな風に気持ちが上がったり下がったりするのは、特に恋愛初期にはごくごく自然な、ありがちなことです。

振り回されて疲れてしまう

しかしそのたび「この態度は脈ありかも……」「でもこれは脈なし」「やっぱり脈ありかも……」と相手の気持ちを知ろうとしていては、距離が縮まるより前に心が磨耗して疲れ果ててしまいます。

人の気持ちは変わるもの。

だからこそ、大切なのは『相手の気持ちを知ること』ではなく、相手と『居心地の良い安定した関係』を築いていくことです。

心地よい関係を築こう

お互いが楽しめる話題を見つければ、リラックスして会話を楽しむことができます。

お互いが心地よいペースを見つければ、メールやデートの頻度に頭を悩ますことも減ります。

お互いの笑いのツボを理解しあえれば、ふとした瞬間の会話で笑いあえるようになります。

こうして、『今相手が自分をどう思っているか』ではなく、『この先どうしたらお互いが心地よい関係を作っていけるか』を意識していると、自然と距離が縮まることはもちろん、恋に振り回され、疲れてしまうことも減ります。

恋愛テクニックを上手に活用しよう

いかがでしたか?

恋愛テクニックは、料理でいうなら『スパイス』にすぎません。

大切なのは計算ではなく、やっぱり心。

自信を持って、自分の気持ちに素直に、自然体で相手と接することが実は恋愛を成熟させる一番の近道です。

あなたのペースであなたらしく恋を楽しんでくださいね。

恋愛に悩んでいるあなたには、こちらの記事もおすすめです。

価値のある女性になる8つの方法とは?男に一生愛されたい人必見

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆