ここまで、第3章では『なかなか結果がでないとき』や『恋を楽しめないとき』の対処法を紹介してきました。

でも実は、望みを叶えたいのなら一番の近道は『その望みを忘れてしまうこと』なのです。

よく「望みは忘れたころに叶う」なんて言いますよね。あれは事実です。

でも、それってどういうことなのでしょうか?

このページでは、望みが叶うタイミングの目安を紹介します。


「彼氏が欲しい」が彼氏を遠ざける!?

「彼氏が欲しい!」と思っているときなどは一刻も早くその結果が欲しいと思ってしまいますよね。

でも、実は「彼氏が欲しい」とものすごく強く思っている(執着している)ときって、その根底にあるのも「今の自分は不幸だ」というネガティブなセルフイメージだったりするのです。

その証拠に、そういうときってモヤモヤしたり辛い気持ちになりませんか?

「彼氏が欲しい」というポジティブなことを望んでいるように見えて、そのエネルギーは『私は不幸』というネガティブなものです。だから、モヤモヤしてしまう

この状態では、なかなか望む現実は手に入りません。「私は不幸」のエネルギーを放っているから、それを強く感じるような現実が引き寄せられてしまうのです。

では、どうしたら良いか?

セルフイメージ(自己認識)を変えればイイ

根底にあるセルフイメージに気づき、それを変えることです。

「彼氏がいない=私は不幸」と考えてしまうのをやめる。

そして「私は幸せだ」と考えてみる。

悩んだり自分を責めるのをやめて、少しでも多く楽しいことや嬉しいことをしてみる。

そうしてセルフイメージが「私は幸せだ」に変わったとき、「幸せだな」と感じる現実がどんどん引き寄せられるようになるのです。

「くれ!くれ!」とせっついているときは来ないけれど。自分が暖かく満たされた気持ちでいれば、黙っていても向こうからやってきてくれる。まるで『北風と太陽』のようですよね。

頑張りすぎて嫌になったとき

「頑張っているのにうまく行かない!」という場合、だいたいこのパターンに当てはまります。

「自分は不幸だ」「自分はダメだ」というセルフイメージをそもそも持っていて、それを変えるために頑張って努力している。けれど、そもそものセルフイメージが低いから、現実も変化しない。

第1章で紹介した、『望む現実』と『今のセルフイメージ』がずれてしまっている状態です。

こんなときには、一度頑張るのをやめて立ち止まってみること。

「自分は今何のために頑張っているのかな?」と考えると、意外な思い込み(セルフイメージ)が見えて来るかもしれません。

執着の根底にあるのは「足りない」という思い

「どうしてもこれが欲しい」と望みに執着してしまうとき。

実はその根底には「これがないと自分は不幸だ」というネガティブなセルフイメージがある場合が多いのです。

だからこそ、『どうしても欲しい』と感じてしまう。それを諦めることができない。一刻も早く手に入れたいと思うし、それを手に入れていない今の自分が苦しい。

こうした状況のときには、その「足りない」という思いを手放すことが、望みを叶える近道になります。

一見セルフイメージが高いけれど……

何かを『頑張っている人』は一見セルフイメージが高そうに見える場合もあります。

一生懸命仕事や家事をして、自分磨きを頑張って、資格や試験の勉強もして……というような人ですね。

もちろん、その根底に「毎日が楽しい」「私ならなんでもできる」というセルフイメージがあるのなら良いのです。

しかし、頑張って疲れてしまっている人は実は「ちゃんとしないとダメだ」と思っている場合が多いのです。

  • ダラダラする自分はダメ
  • サボる自分はダメ
  • ちゃんとしない自分はダメ

こんな風に、『ちゃんとしていない自分』を拒否している。

このタイプの人が抱いているのは、「そもそも自分はダメだからちゃんとしないといけない」というセルフイメージです。

だから、頑張っても頑張ってもなかなか望む結果につながらない。

大切なのは、その根底を変えること。

『ちゃんとした自分』を許すだけではなく、『ちゃんとしていない自分』も許すこと。

できない自分、失敗する自分、怠ける自分。

そーゆー自分も許す。

『セルフイメージを上げる』というのは、こういうことなのです。

望みは忘れたころに叶う

実は、望みが叶うには目安があります。

それは、望みを忘れたころ。

それはそのことを諦めるという意味ではなく、「それが足りなくて今自分は不幸だ」という気持ちを手放すこと。

その気持ちがなくなるくらい毎日を楽しんで、「幸せだな」「充実しているな」と満足したときこそ、自分が持っているセルフイメージが変わったときなのです。

なので、望みを早く叶えないのなら、『今』を全力で楽しむこと。

「○○になりたいな……」とため息をつく暇もないくらい毎日を楽しむことこそ、一番の近道なのです。

現実は見えないところで変化している

潜在意識に蓄積されたセルフイメージはすぐには変わらない。でも、着実に変わっているし、少しずつ現実の見え方も変わっていくし、起きる出来事も変わっているはず。

『彼氏ができる』『結婚する』などの『ある一定の目標ライン』だけを見ているとなかなか結果がでないように思えるかもしれませんが、現実はちゃんと変化しています

にもかかわらず、「引き寄せできない!彼氏ができない!」やっぱり私は不幸だ!」と思ってしまったらどうなるか。

せっかくあげてきたセルフイメージも下がってしまいます。

なので焦らず、『セルフイメージを高く持つこと』に集中してみてくださいね。

現実に振り回されるのをやめよう

また、『今の現実』に振り回されるのをやめることも大切です。

例えば「彼氏がいないから自分は不幸だ」と思っている場合、その人は『彼氏がいない』という現実と、『自分の価値』を結びつけてしまっています。

だから、彼氏ができるまでは自分は幸せではない、と感じてしまう。

でも、自分の価値を決めるのは『状況』や『他人の意見』ではありません。

自分の価値を決めるのは自分自身です。

「現実がどうであれ、自分は幸せな人間だ」と決める。

「自分はこれから恋を楽しむぞ!」と決める。

「彼氏がいなくても今自分は幸せだ」と決める。

この意識転換が大切です。

自分の価値を他人基準で決めない

『彼氏がいない』という事実をどう捉えるかはその人次第。

他にも『悪口を言われた』とか『男に振られた』とか『1kg太った』とかいろいろあるかもしれませんが、それらは『自分の価値』とは関係ないのです。

現実がどうであろうと誰がなんと言っていようと、自分の価値を決められるのは自分だけ。

どんな美人だって「可愛くない」と言われることはあります。「好みじゃない」とか「偉そう」とか。逆にちょっとブスだって「可愛い」と言われることはある。

人それぞれ価値観や感じ方は違う。だからこそ、『誰か』の基準で物事を判断するのではなく、自分の基準で物事を判断する

「悩まない」「責めない」「気にしない」というのは、他人や現実に振り回されず、ブレない自分を持つことでもあるのです。

結果は『幸せ』とは関係ない

よく、結婚を『ゴールイン』と表現しますよね。しかし結婚は1つの節目であって、ゴールではありません。言うなら入学や卒業と同じ。それは新しい生活のスタートであって、これまでの生活からの卒業というだけの話です。

そしてそれは『お付き合い』も『ダイエット成功』も『就職』も同じです。

それは1つの区切りであって、『ゴール』でもなければ『失敗』でもないのです。

それをどう捉えるかは自分次第。

つまり、極論を言ってしまえば今どんな『結果』を持っていても持っていなくても、それは『自分の幸せ』とは関係ないのです。

大切なのは、自分がそれにどんな意味をつけるか。

それによってセルフイメージが変わるし、セルフイメージが変わればその現実が自分に与えるものも、その先の未来も変わります。

つまり、今の現実をどう捉えるかで、人は自分の『これから先』を自由に創造できる。

いつでもワクワクした気持ちで自分を信じる人の前には、たとえ困難な状況だろうと、いつでも『幸せな未来』につながる道が続いています。

だからこそ、どんな環境でもまずはほんの少しでもいいから、自分を信じてみる。

「きっと大丈夫」「上手くいく」と希望を持って挑戦してみる。

嫌なことがあったときなどは、「これで終わりだ」と考えるのではなく、「これは幸せにつながっているはず」「何かの学びだ」などと考えてみると、気持ちが楽になりますよ。

そう考えると、『結果』はただの結果にすぎません。

それより大切なのは、セルフイメージを変えて人生を楽しめるようになることなのです。

望みは形が違うことも多い

「望みを叶えたい」と感じたときには、その形にこだわらないことも大切です。

というのも、望みは私たちの想像のはるかに上をいく場合も多いから。

「最高の彼氏が欲しい!」と思ったとき。

自分の想像できる『理想の彼氏』は自分が『知っているものの中』での最高にすぎませんが、世界が用意してくれるものは自分の想像外の全てを含めた上での最高です。

だから、何かを望むときにはその望みの『先』を意識するのがおすすめです。

・高収入の彼氏が欲しい→たくさんプレゼントをもらって愛されている自分を感じたいから→「最高に愛される恋愛がしたい」

というように、自分が本当に求めているものが何か分かると、表面的なものに振り回されずに必要なものを選択できます。

そして自分の本当の望みが分かったら、それにセルフイメージを合わせるだけ。

「私は最高に愛されている!」と信じること。

その前提で恋を楽しむこと。

すると本当に、自分の想像をはるかに超えて『自分を最高に愛してくれる男性』が引き寄せられるのです。