恋人への執着が強すぎる!

なぜ執着するの?

あなたは、自分の恋人が「自分に執着しすぎだ」と感じたことはありませんか?

あるいは逆に、「自分は恋人に執着しすぎかもしれない……」と感じたことがあるかもしれません。

好きになった相手に夢中になるのは自然なことだけれど。

でも、強く執着してしまうのには、どのような理由があるのでしょうか?

束縛も激しい!?

執着が強いと、

  • 束縛が激しくなる
  • 独占したがる
  • 常に一緒にいたがる

など、場合によっては日常生活に支障がでてしまう場合もあります。

この記事では、彼氏彼女に執着する理由とその改善策を紹介しますね。

1.不足感を埋めるため

「足りない」という気持ち

何かに執着する理由。

それは、執着することで「足りない」という気持ちを埋めようとするからです。

  • 愛が足りない
  • 幸せが足りない
  • 喜びが足りない

こうした不足感が強ければ強いほど。

恋人への執着も強くなる傾向があります。

なぜ「足りない」と思うのか?

では、そもそもどうして「足りない」という気持ちが生まれるのでしょうか?

実はこれは、その人が持っているセルフイメージと関連しています。

  • そもそも、自分は愛されない存在だ
  • そもそも、自分は必要とされない存在だ
  • そもそも、自分は認められていない

心の中にこうしたネガティブな気持ちを抱いていると、人生に対しての不足感が強くなるのです。

不足感を手放す方法

不足感を手放すには、そもそも自分の中にある「足りない」とう気持ちは誤解だったと気づくことです。

  • 自分は愛されている
  • 自分は認められている
  • 自分は必要とされている

自分自身をこんな風に認めること。

他人への執着を手放すには、こうした意識の改革が必要です。

自分を変えると最高の恋愛がやってくる!8つの方法で人生革命しよう

2.失う不安があるから

フラれることへの不安

「自分はこの人にフラれるかも……」

こうした気持ちが強いと、執着も強くなります。

  • 逃したくない
  • なんとかしなければ
  • 捕まえて置かなければ

このような気持ちが働くからです。

根底にあるのは自信のなさ

失うことへの不安も、自分への自信のなさからくる場合が多いです。

自分に自信がない人は、

「自分は恋人にふさわしくないのではないか?」

という気持ちを抱いてしまいます。

  • 相手がすごくモテる人
  • 相手が有名人
  • 相手が美形

こうした状況のときには、それだけ相手に「捨てられるかも」という不安も強くなる。

そのため執着が強くなりがちなのです。

失うことを恐れない

ここで大切なのは、相手を失うことを必要以上に恐れないことです。

失うことへの不安が大きい人は、『恋人がいること』で自分の人生の価値が上がっているように錯覚してしまいがちです。

  • この人がいるから幸せ
  • この人がいるから自分は素晴らしい
  • この人がいるから満たされる

こうした気持ちを完全に手放すことは難しいけれど。

でも、その人がいてもいなくても「自分は幸せなのだ」という意識を持つこと。

自分や自分の人生にもっと自信を持つこと。

それが執着を手放すことに繋がります。

3.恋人を信用できないから

不信感が執着に繋がる

執着というのは、

  • どうしても手に入れたい
  • どうしても離したくない
  • どうしても自分のものにしたい

こういう気持ちです。

こんな風に強い気持ちを抱くのは、実は相手を信頼できていない時だったりするのです。

「相手は自分を好きじゃない」という決めつけ

執着が強い人は、その執着をなかなか手放すことができません。

なぜなら、執着を手放したら、自分はそれを失ってしまうと思うからです。

  • 相手は離れていくだろう
  • 相手は他の人を好きになるだろう
  • 相手との関係はすぐ壊れるだろう

こうした気持ちを、心のどこかに持っているから。

相手を信じきれていないから、自分の中での執着が強くなってしまうのです。

相手を信じる勇気

  • 相手は自分を選んでくれる
  • 相手は自分を受け入れてくれる
  • 相手にとって自分は必要な存在だ

こんな風に信じるのって、怖いですよね。

でも、執着を手放すためにはこうした意識も必要です。

自分と他人はコインの裏と表。

他人を信じることは、自分に自信を持つことでもあるのです。

4.執着に気づいていないから

無意識に執着している!?

側から見れば執着しているようでも、本人は全く自覚がない場合もあります。

実はこの場合はちょっとやっかい。

自覚がなければ、それを手放そうという気持ちにもならないからです。

こういう場合はどうすれば良いのでしょうか?

実は効果的なのは、放置してしまうことです。

執着されやすい人

実は、執着されやすい人というのはそれを心のどこかで喜んでしまう傾向があるのですね。

  • 必要とされている
  • 求められている
  • 愛されている

こんな風に思ってしまう。

すると、執着してくる相手を本気で拒絶することもできないし、いつまでたっても共依存のような関係を続けることになってしまいます。

自分の執着を手放そう

実は、執着する側とされる側の心理は、非常に近いのです。

  • 私は愛されていない
  • 私は必要とされていない
  • 私は認められていない

だからこそ、『誰か』を強く必要としたり。

逆に『誰か』に強く求められるような環境を、自ら選んでしまうのです。

「執着されている……」と感じたときには、相手を変えようとしてしまいがちだけれど。

まずはこうした自分の中にある不足感に気づくこと。

そしてそれを手放すことが効果的です。

5.いつまでも手に入らないから

執着は埋まらない

「執着」というのは、心の中の不足感から生まれるものです。

そしてそれは、いくら表面的に埋めようとしても埋まりません。

  • 相手を束縛する
  • 相手を思い通りに動かす
  • 相手と結婚する

こうした行動をして、一見『手に入れた』ように思えても。

心の中に「足りない」という気持ちがある限り、またすぐに執着の気持ちが生まれてしまうのです。

根本的に変えることが大切

執着を手放すには、根本的に意識を変えることです。

  • 束縛をやめる
  • 相手と離れる時間を作る
  • 相手に求めるのをやめる

こうした行動をしながら、「自分はそれでも大丈夫」という意識を持つこと。

少しずつ、自分の中にある不安を解消していくことが、相手への執着を手放すことに繋がります。

執着を手放す方法とは?

「ある」と知ること

執着を手放すには、自分の中の不足感を解消すること。

つまり、「足りない」という気持ちを手放すことです。

そのために効果的なのは、「ある」に気づくこと。

  • 自分は愛されている
  • 自分は恵まれている
  • 自分は認められている

こうしたことに気づくことが大切なのです。

感謝のワークをしてみよう

そしてそのために効果的なのが、感謝のワークをすること。

1日100回などと回数を決めて、とにかくたくさんのことに感謝するのです。

感謝することは、自分に与えられた愛情に気づき、それを受け取ること。

すると、自然と「自分は愛されている」という意識が強まります。

その結果、執着を手放せるようになるのです。

この記事のまとめ

執着は願いの妨げになる!?

いかがでしたか?

実は、執着が強ければ強いほど、その『願い』は叶いにくくなってしまいます。

というのも、執着の気持ちは、とてもネガティブなエネルギーだから。

「足りない」という気持ちで物事に取り組んでも、得られるのは「足りない」と感じるような現実なのです。

今に満足してみよう

願いを叶えるには、今に満足することが大切。

  • 恋人に求められたい
  • 恋人に愛されたい
  • 恋人に必要とされたい

こんな風に思った時こそ、今の状態に満足してみてください。

「恋人は自分を選んでくれた」とか。

「恋人はいつも優しい目で自分を見ている」とか。

そんな風に気づいて満足すると、その『願い』も叶い、満たされた恋愛ができるようになりますよ。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

【女性向け】自分に自信を持つ方法6つ!恋愛や仕事に効果絶大

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来に繋がりますように……☆