「わがままな女の子が好き」

こんな風に語る男性は決して少なくありません。多くの男性は、心のどこかに「女性から甘えられたい」という願望を抱いているからです。

しかし、ときには男性をメロメロに出来るわがままも、使い方を間違うと逆効果。

いったい、男性はどのようなわがままをNGと感じるのでしょうか?今回は男が「これはない」とドン引きするワガママ女の特徴4つを紹介します。

【1】多くの人が集まっている場所でワガママを言う

ワガママそのものというより、『ワガママを言って周りの(多くの)人を困らせている姿』に「なんだかなぁ」と感じてしまう男性は多いもの。

男性から「可愛い」と感じてもらうためには、ある程度タイミングや空気を読んでわがままをいうことが大切です。

【2】わがままが通らないと不機嫌になる

男性は、女性からわがままを言われること自体はそんなに嫌ではありません。むしろ「頼りにされている」「甘えられている」と感じて嬉しいもの。

しかし、女性のわがままに応えられるわけではありません。なんらかの事情でわがままが通らなかったとき。不機嫌になってしまうと周りの男性から「めんどくさいな」と思われてしまいがち。

わがままを言うときには断られても気にしない、後に引きずらないと心がけることも大切です。

【3】ヒステリックに怒鳴る・怒る

男性が好きなのは「もっと一緒にいて」と可愛くおねだりされること。

「どうしてもっと一緒にいてくれないのよ!?」と責められることではありません。

相手からの愛情を感じられないときなどは、ついついヒステリックに相手を責めてしまいがちですが、これをしてしまうと相手がよほど大人でない限り、喧嘩になったり関係がこじれてしまいます。

『相手を責めたい』という気持ちの下には、「私はこんなにあなたのことが大好きなのに」「もっと愛して欲しいのに」「寂しいよ」という純粋な気持ちが隠れているもの。

怒りがこみ上げてきたときには、こうした自分の本音に気づき、そちらを相手に伝えるように心がけてみてください。こうした素直な気持ちを伝えられる女性には、男性は「可愛い」という印象を抱きます。

【4】無言で要求する

「こうして欲しい」「こんな風に扱われたい」という希望や願望。

しかし、必ずしも男性がこうした女性の気持ちを汲んだ行動をしてくれるとは限りません。

例えば、女性は「自分を一番に考えて欲しい」と思っているのに、男性は自分をほったらかしで他の人と飲みに行ってしまったり。「大切に扱って欲しい」と思っているのに、男性は掃除も力仕事も手伝ってくれなかったり。

そんなとき、無言の要求をしてしまう女性はとても多いです。しかし、残念ながらその要求は男性には伝わりません。せいぜい「生理中なのかな?」「今日は虫の居所が悪いんだな」と思うだけです。

そしてこの状態が続くと、男性はとても困惑します。なぜ彼女が以前のように笑ってくれないのか、見当がつかないからです。

「こうして欲しい」という希望があるときには、きちんと言葉にして男性に伝えるように心がけましょう。「もっと大切にして」ではなく、「お風呂掃除をお願いしていい?」など具体的な要望を伝えられると、男性も女性が何を望んでいるのかがわかります。

男性から愛されるわがままへ

いかがでしたか?

「彼にわがままを言うといつも喧嘩になってしまう」「わがままを直して欲しいと言われる」

そんな女性は、ぜひ今回紹介した4つのことを意識してみてください。その上で、素直に自分の気持ちや要望を伝えることができれば、きっと男性の態度も変わるはずですよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆