前回、「理想の彼氏を作るには自分が自分の理想の彼氏になることが大切!」と解説しました。

自分の現実は『自己認識』の投影なので、自分が自分をゴミクズのように扱っていれば、『自分をゴミクズのように扱われる現実』がやってくるし、逆に自分をお姫様のように扱っていれば、お姫様のように扱われる現実がやってきます。

誰かにどう扱われるかとか、何を言われるかではなく。

あなたがあなたをどう扱い、どんな言葉を投げかけるか。この部分がとても大切なのです。今回はこのあたりを詳しく解説します。

自分への扱い=他人からの扱い

「彼にちっとも大切にされない!」とか「いつも男性から雑に扱われる!」と嘆いている人っていますよね。(※過去の私です)

そんな人は、自分自身を大切に扱っていなかったり、雑に扱っている人なのです。

「理解してくれない」とか「敬ってくれない」とか「構ってくれない」も、全部同じです。

自分が自分(の心)を『そういう存在』として扱っていないから、周りの人からもそんな風に扱われる(と感じる)のです。

一見OKに見えて……

しかし中には「私は自分を大切に扱っているけど、他人からは大切に扱われない」と感じている人もいると思います。

ありがちなのは例えば、「自分にお金をかけている」とか「自分の権利を守るために戦っている」とかそういう場合ですね。

この場合、確かに一見『自分の為』に行動しているし、自分を大切にしているように見えます。……が、それはあくまで表面的なもの。

大切なのは表面的な行動ではなく「そもそも自分のことをどんな存在として認識しているか?」です。

例えば、「私はいつもブランドのスーツを着て高級シャンプーを使って自分にお金をかけているし、きちんと体を休めるために、上司と戦ってでも自分の休みをもぎ取っている」……というような場合。

こうした行動の前提に「そうしないと自分は周りの人から大切にされないから」という思考(自己認識)があったら、いくら表面的に自分を大切にしても、望むような結果(「周りからも大切にされたい」)は得られないでしょう。

大切なのは『行動』ではなく、その行動の根底にどのような自己認識があるかです。

自分は自分を『どんな存在』として認識しているか。自分と向き合い、このことを今一度確認してみましょう。

自分の理想の彼氏になろう

『自己認識』というのは、自分自身をどのような存在として認識するかです。

ここでいう自分自身とは、簡単に言うと『心』のこと。

役職や体重や状況は関係なく、ありのままの生まれたままの100パーセントナチュラルな自分への認識のことを言います。

この『100パーセントナチュラルな自分』は、ちょっと人付き合いが苦手だったり、空気が読めなかったり、仕事ができなかったり、太っていたりするかもしれません。

……が、それでも良いのです。自分がどんな外見でも、どんな状況でも、どんなことをしても、自分のことを愛して受け入れる。

自分のことをこんな風に許すことが、現実を望む方向に展開させていくためには何よりも大切です。

自分を許せない人の例

ちなみに、私は自分のことを全く許せないまま約30年間生きていました。

ありとあらゆることで自分を責めて、立派な人間になろうと努力して、自分を縛って、一生懸命仮面を被って良い人を演じたり、あれこれ勉強したり……ということを繰り返していたのです。

その結果どうなったかというと、心も体もボロボロになったし、現実は自分の望みとは全く違う方向へ進んでいました。

なぜかというと、私の根底にあったのは「自分には価値がない」という自己認識だったからです。「夢を叶えたい」とか「幸せになりたい」と望みながらも、私目の前に引き寄せられる現実は「自分には価値がない」を感じさせるものでした。

……が、私は自分の自己認識が低い、という自覚はありませんでした。なぜかというと、表面的には『良い人』を演じられていたので、誰からも怒られることも極端に嫌われるようなこともなく、それなりに上手くやっていけていたからです。

だからこそ、自分のことを好きだと思い込んでいた。自分はポジティブで幸せな人間なのだと思っていた。

……けど、違うんです。

なぜかというと、私はいつも本音では不満ばかりで、苦しかったから。心を無視して他人に合わせて、自分を殺していたからです。

これは、自分自身に「お前は外に出てくるな」「お前は必要ない」と言っているのと同じ。

いくら頑張っても、なかなか現実で幸せになれないのも納得ですよね。

自分をお姫様にしよう

そんなこんなで体調を崩し、「私はなにかが間違っている……」と気づいたのが今から約2年半前です。

そこから紆余曲折あり、『現実は自己認識だ』と気づいてから、私は自分への扱いを180度変えました。

  • 自分を肯定する
  • 他人に何か言われても気にしない
  • 自分を褒める
  • 自分を責めない
  • 自分を素晴らしい存在をして扱う

こんな風に。

その結果の変化は到底ここには書ききれぬほど多いのですが、恋愛や人間関係で言うなら、『ありのままの自分』を受け入れ肯定してくれる人が周りに増えました。

『自己認識=自分への扱い=他人からの扱い』なのです。

つまり、他人からの扱いを変えたいときには、『100パーセントナチュラルな自分』への扱いと自己認識を変えれば良いのです。

『100パーセントナチュラルな自分』というのは、『何もしない自分』のこと。仕事も勉強も人付き合いも何もしない自分。ただここにいるだけの自分への扱いを変えるのです。

「頑張れ!働け!立派な人間になれ!」と鞭を打つのか。

それとも「素晴らしい、愛らしい、私の宝物」とキスをするのか。

これを決めるのは、他でもない自分自身なのです。

最初はなかなか信じられないかもしれない。自分を否定することが当たり前だったならなおさら。

でも、『心』はずっとあなたに愛されたがっている。

まずは手始めに、自分のことをギューッと抱きしめて。そして「愛してるよ」って言ってみてください。できればたくさん、思いつく限り声に出して自分を褒める。

これだけのことでも、心がジーンと暖かくなるのを感じるはず。

『心』と『意識』の循環が上手くいくと、現実もどんどん上手く行くようになります。

あなたは、理想の彼氏に自分をどんな風に扱われたいですか?

ぜひその扱いを、自分にしてあげてくださいね。

【スポンサーリンク】