波長は『今』しか放てない

今の波動が現実を創る

自分の現実を創るのは、今自分が放っている心の波動。

『今あなたの心が放っている波動』が今この瞬間からのあなたの現実を作り出すのです。

『いつか』は待っていてもやってこない

  • 夢を叶えたら幸せになれる
  • 彼氏ができたら満たされる
  • 5kg痩せたら自信を持とう

こんな風に「夢を叶えた後に幸せになろう」と思っている人は多いのですが、順番が逆です。

夢を叶えたらそれが手に入るのではなく、先に心が状態になるから、それに同調する幸せな現実が引き寄せられるのです。

『今』を満たすことが大切

だからこそ、『今この瞬間』に幸せや喜びの波動を放つのが大切。

『いつか』を待つのではなく、『今』幸せを感じること。それが望む現実を引き寄せる一番の近道なのです。

では、今を最高にHAPPYにするにはいったい何をすれば良いのでしょうか?

引き寄せの基本を活用!

意識を向けるものを選ぶ

  1. 望みへ意識を向ける
  2. 頭の中で想像を膨らませる
  3. 心を感じる

日常生活ではこの手順を意識して、心を幸せな状態にしていきましょう!

夢の先を意識しよう

「望みへ意識を向ける」と言われると、「○○が欲しい!」という望みを思い浮かべるかもしれませんが、意識すべきはその先です。

例えば「彼氏が欲しい」という夢の場合。

その夢を叶えて、自分がどんな体験をしたいかを意識して欲しいのです。

本当の夢を知る

  • 彼氏を作って幸せを感じたい
  • 彼氏と一緒に充実した日々を過ごしたい
  • 彼氏に愛される喜びを感じたい

自分の本当の望みは、「彼氏を作る」という結果ではなく、そこで得られるこうした体験です。

そして意識を向けるべきは、この体験の部分。このことを忘れないようにしましょう!

「彼氏が欲しい」ならこんな感じ

①夢の先に意識を向ける

  • 「彼氏と幸せになる」と口に出す
  • 「私は愛されている」と紙に書く
  • 「充実した毎日を過ごす」と決める

こんな風にして、その夢が叶った状態に意識を向けましょう。これは、自分がこれから進むべき方向を決定する作業です。

②その状態を想像する

次に、頭の中でその状態を想像しましょう。

  • 彼氏が頭をポンポンと撫でてくれた瞬間
  • 彼氏が車で家まで迎えに来てくれた場面
  • 彼氏にギュッと抱きしめられて匂いを吸い込んでいるとき

こんな情景を、自分視点で想像しましょう。

③心を感じる

①②をしているとき、心は「幸せ♪」「嬉しい♪」と感じていますか?

思わず顔がニヤけたり、「ウヘヘッ!」と声が出てしまったり、うっかりヨダレが垂れてしまったら大成功。今のあなたからは幸せな波動がガンガン放たれています。

ポジティブ波動を大切にする

想像だけでも効果はあるけど……

今のように、想像をするだけでも望む現実は引き寄せられます。

ただ、せっかくポジティブ波動を放っても、それよりも強いネガティブ波動を放ってしまっては意味がありません。

ありがちなのは、想像を終えたあとに「あぁ、早く今の現実を抜け出したいなぁ……」とため息をついてしまうこと。

このとき、意識は「今の現実への不満」に向いて、心は不満な波動を放ってしまっています。

想像後も「幸せ」を放とう

ではどうすれば良いかというと、想像を終えた後の日常生活もHAPPYに過ごすこと。

もちろん、常に「最高だぜ!」とギラギラした状態でいる必要はありません。

でも、のほほんとリラックスして「いい天気だねぇ」などと言えるくらいの状態にはしておきたもの。

それにはいったいどのようなことを心がければ良いのでしょうか?

日常への不満を手放そう

不満な気持ちが邪魔をする

今幸せを感じるためには、「今の現実は○○が足りていない」という気持ちを手放すことも大切です。

  • 彼氏がいないのは不幸だ
  • 今私は愛されていない
  • 楽しいことが全然ない

こんな風に不満に意識を向けていては、不満な波動ばかりが出てしまいます。

「今」を捉え直す

今、確かに自分は『望む結果』を持っていないかもしれません。

それを持っている人もいるのに、自分が持っていないのってなんだか悔しいですよね。

  • それを持っていないからやりたいことができない
  • それになっていないから幸せを感じられない
  • それがないから楽しく過ごすことができない

こんな風に思うかもしれません。

でも、その「足りない」という気持ちはそもそも勘違いなのです。

「足りない」は誤解

自分の理想や他人と比べると、「今の自分は足りていない」という気持ちになってしまいがち。

でも、それが手に入ったときのことを想像したり、それを遠くから眺めたりするのって、それだけでも幸せですよね。

「それが好き!」という気持ちを持っていること自体、すでに幸せなこと。

今の自分は、すでに『幸せ』なのです。

その行動自体を楽しもう

損得で考えない

「これをしたら何が得られるかな?」という視点でいると、望む結果が得られなかった時に「損した!」と思いがち。

損得ではなく、自分の「楽しい!」を基準に行動してみましょう。

「今楽しいからやる!」に意識を向けると、その行動をすること自体が得になり、損がなくなります。

「楽しむ」が一番の近道!

現実を引き寄せるのは自分の波動です。

だからこそ、結果のために行動するのではなく、その行動自体を楽しむことが大切。

「結果は手に入ったらラッキー」くらいの気持ちで『今』に集中する。夢中になっていた方が、実は望む結果は手に入りやすいのです。

認識を変えよう

思い込みが邪魔をする

「でも、今幸せになってしまったら望みが叶わない」

こんな風に思うかもしれませんが、今の現実への不満を手放すことは、その夢を諦めることではありません。

今の現実に満足した上で、その現実を望めば良いのです。

もしそれに抵抗があるなら、もしかしたら「贅沢を言ってはいけない」という思い込みがあるのかも。

貪欲になって良い

誰かに遠慮していると、思い切り自分の欲求のために突っ走ったり、幸せになることはできません。

  • 贅沢を言ってはいけない
  • みんなの幸せを考えないといけない
  • 誰かのために我慢しなくてはいけない

こうした思いは、自分が思い切り幸せになることを妨げます。

他人に対してこんな風に考える

そこでおすすめなのは、他人に対しての思い込みをこんな風に変えてしまうことです。

  • 全ての人は私が気にしなくても思い切り幸せになれる
  • 私が最高に幸せであることが世界の幸せだ
  • 私が幸せになればその姿を見て「幸せになろう」と思える
  • 幸せは伝染するから自分がとびきり幸せになれば良い
  • みんな私が最高に幸せになることを心から喜んでくれる

こんな風に思うと自分が幸せを選べるようになるのはもちろん、他人に対してもこれまでより優しくなれます。

これまでは「自分が幸せになると嫌がる人」だったのが、「自分の幸せを祝福してくれる人」になるのだから当然ですよね。

今幸せを選ぼう

結果はただの結果

「彼氏がいる状態」というのは、ただの結果。

それさえ手に入れれば幸せだと思うかもしれませんが、『何かを手に入れた喜び』というのは数日〜数ヶ月で薄れてしまいます。

どんな状態であれ、それを幸せにするかしないかは自分。

幸せな人はどんな状況でも幸せだし、そうではない人は何を手に入れてもやっぱりそうではないのです。

「なりたい」をやめる!

望む現実を引き寄せるには、今を満たすこと。

そのためにぜひやって欲しいのは、「幸せになりたい」と言うのをやめることです。

今への不満が隠れている!

「幸せになりたい」という一見ポジティブな言葉。しかしこれは裏を返せば、「今は幸せではない」ということです。

今を満たすには、この「〜になりたい」という言葉をやめること。

「これからなる」ではなく「自分はすでに幸せである」と意識していただきたいのです。

「幸せで在ろう」とすると意識が変わる

「幸せである」と思うと、今あるものに意識を向けます。

今の自分の心を幸せにするものを、脳が一生懸命探し出すのです。

すると、いつも載っているバスの運転手さんの笑顔だとか、普段は当たり前に見過ごしていることにも気付けたりします。

ほんの1文字の違いですが、「なる」と「ある」は大違いなのです。

幸せをたくさん見つける!

日常の幸せをたくさん感じよう

  • 生まれてきた幸せ
  • 自由に恋愛ができる幸せ
  • 異性がたくさんいる町に暮らしている喜び
  • 豊かな四季を感じられる喜び

こんな風に、すでに目の前にはたくさんの豊かさや幸せがあります。

にも関わらず、「ないもの」に意識を向けて、不満ばかり感じるのってもったいないですよね。

恋愛も同じ!

これは恋愛でも同じです。

片思いの場合も、その恋に「幸せ」や「喜び」をたくさん感じていれば、その人があなたに幸せを与えてくれる人の場合、自然と引き寄せられてきます。(※そうではない場合はもっと素敵な人が引き寄せられてきます)

逆に、「焦り」や「不安」や「苦しみ」をたくさん感じていれば、引き寄せられるのは自分の望みとは反する結果なのです。

せっかくの恋。ぜひ心から楽しんでみてください。これは恋愛を成熟させる究極の秘訣です。

自分に素直になる

毎日を「幸せ」でいっぱいにするには、自分に素直になることも大切。

  • こんな気持ちを抱いてはいけない
  • こんな自分を認めたくない
  • こんな本音は嫌われる

こんな風に自分を否定せず、自分が好きなものを素直に好きだと言って、素直に受け取りましょう。

習慣や思い込みを変えていく

こんな風にして『今』を満たしていくことが、望む現実を引き寄せる方法です。

とはいえ、今の現実には自分の習慣や思い込みが影響しているもの。

次は、より大きく現実を変化させていきたいときにおすすめの方法を紹介します。

次の記事を読む→【8】手に入れたつもりで生活する

前の記事を読む→【6】望みを叶える波動を放つ

目次に戻る→引き寄せの法則で恋愛も仕事も思い通りに叶える方法《目次》