現実を引き寄せるのは自分の波動

不満や不安が現実を引き寄せる

今の自分の現実は、自分の心の波動が引き寄せたものです。

幸せな現実を引き寄せるには、幸せや喜びをたくさん放つことが大切です。

ネガティブになってしまったときは?

でも、普通に生きていればどうしてもネガティブな気持ちになってしまうことはあるもの。

  • モヤモヤ
  • イライラ
  • ムシャクシャ

これらを感じているときは、心が『怒り』や『不安』の波動を放っている証拠です。

こんなときはどうしたら良いのでしょうか?

まずはしっかり感じる!

感じてから封じるのは意味がない

「いつもポジティブでいなきゃ」

こうした気持ちからネガティブな感情を封印してしまう人は多いのですが、これはどちらかというと逆効果。

なぜなら、その『気持ち』を感じたときには、すでに波動が放たれてしまった後だからです。

溜め込まない!

放たれてしまっているから感じている。それを出さずに体に閉じ込めても、モヤモヤが続くだけ。それどころか、その波動が何だったのかもよく分からないままです。

感じたら、「あ、出た(過去形)」と潔く受け止めて、それを出してしまうこと。

大切なのはそれを『見ないフリ』するのではなく、それをもう出さずに済むように、根本的な原因を解決していくことです。

現実を引き寄せているのは自分

自分が先!

また、このときに忘れてはいけないのは『現実は自分の波動が引き寄せたものだ』ということ。

これを忘れて、「こんな現実はありえない!」とプリプリしていても、何も解決しないのです。

現実があるから自分がそう感じるのではなく、自分がそう感じたいから今の現実を望んだのです。

自分を探ってみる

他人や目の前の現実に振り回されるのではなく、嫌な現実に直面したときには「なぜ自分はこれを引き寄せたのかな?」と考えてみること。

そしてその根底にある、

  • 自分を責めたい気持ち
  • 自分を隠したい気持ち
  • 自分への自信のなさ
  • 自分への嘘

などを探っていく。

これが見つかるだけでも「あぁ、そうだったのね!」とすっきりするし、そこから解消できれば万々歳です。

日記をつけたり、1人でカフェに行って自己分析するなどして、『自分を知る時間』を作ると自分の本音に気づきやすくなりますよ。

思い込みがネガティブ波動を生み出す

現実は思い込みでできている

自分の現実を引き寄せるのは心の波動です。

そしてさらにその現実は、『自分が望む形』に捻じ曲げられて受け取られています。

人は『自分』というフィルターを通してしか、世界を見ることはできないのです。

思いこみが現実を創る!?

思い込みを持っていると、その通りにしか現実を受け取ることはできません。

「これはダメ!」と思い込んでいるときには、褒められても笑われても全部「これはダメ!」と感じてしまうのです。

 だからこそ、周りではなくまずは自分を変えること。自分が変わって初めて現実は変わるのです。

思い込みの壊しかた

とりあえず疑ってみる

思い込みを壊すには、まずは自分が「こうだ!」と信じているものを、「もしかしたら違うかもなぁ」と疑ってみること。

例えば、「自分は異性にモテないし恋愛は無理だろう……」なんて思いこみを持っている場合には、こんな風に考えてみます。

  • 男性は実は優しいかもなぁ
  • 恋愛は楽しいかもなぁ
  • 私って実はモテるかもなぁ

こんな風に、『これまで思っていたことと違う可能性』を考えてみるだけでも、自分が受け取れる情報が変わります。ちょっとした変化に見えても、それは大きな一歩なのです。

世界は広いと考えてみる

自分という人間は、地球にいる人間の1/70億。

過去に生きた人の数を入れれば、もっとたくさんです。

そう考えると、自分ってとてもちっぽけですよね。

「世界は広いから、いろいろな考えがあって当然だし、自分は全てを知っているわけじゃないんだな」と意識することでも、思い込みは壊れやすくなります。

決める!

  • 「男は優しい」ということにしよう
  • 「恋愛は簡単だ」と決めよう!

こんな風に『決める』のも方法の1つ。決めることは、自分の意識を変えることです。

シンプルだけれど効果的なので、ぜひお試しください♪

コンプレックスも思い込み

自分が気にしなければそれでいい

自分が「恥ずかしい!」と思うポイントは、そもそも人からみるとそうでもなかったりするもの。

でも、自分が「恥ずかしい!絶対見せられない!」と思うと、そうなってしまうのです。

それって本当にそんなに恥ずかしい?

自分の「隠したい」という気持ちに気づいたときは、まずは自分に「それって本当にそんなにダメなの?」と訪ねてみてください。

それは他の人から見れば全く気にならないことだったり、むしろ魅力だったりするもの。

「もしかしたら違うかも?」と自分を疑い、思い込みを壊していきましょう。

どうしても許せないときはとりあえず放置!

「でも、やっぱり恥ずかしい……」

そんな時は、とりあえず放置でもOKです!

それに悩み続けたり、それを問題視してどんどん膨らませてしまうよりは、「あ〜、私ってばまだ愛されポイントを隠しているのね」とちょっとおちゃらけた気持ちで、いったん放置してしまうのがおすすめです。

現実を捉え直す

全てを自分に都合よく捉えよう

思い込みを壊すのと、どんどん現実をポジティブに捉えられるようになっていきます。

  • 「これは願いが叶うフラグだ」
  • 「あの人は案外いい人かもしれない」
  • 「私は最高の恋愛をする運命にある」

こんな風に、あらゆる出来事を自分に都合よく結びつけてみましょう。

「とりあえずそういうことにする!」と決めてしまうのも、効果的ですよ。

少しずつ変化していく

ただ、これらは表面だけやるのでは意味がありません。

  • 自分の心を感じる
  • コンプレックスを解消する
  • 思い込みを壊す

こうした作業と平行して行うからこそ、効果があるのです。

焦らずじっくり自分と向き合って、すこしずつ『ネガティブ波動』を解消してみてくださいね。

いよいよ夢や願いの引き寄せ開始!

『今の現実を望む理由』を手放す。ネガティブ波動を解消していく。

これができると、夢や願いはどんどん叶いやすくなっていきます。

次からはいよいよ、『望みを叶える波長』を放って夢や願いを引き寄せる方法を解説していきます!

さぁ、ますます楽しくなってきましたよ!

次の記事を読む→【6】望みを叶える波動を放つ

前の記事を読む→【4】自己否定は「隠したい」という気持ち

目次に戻る→引き寄せの法則で恋愛も仕事も思い通りに叶える方法《目次》