駆け引きする女は嫌われる!?自然体が一番モテるという驚愕の事実

「駆け引きする女は好きじゃない」

もしかすると、あなたもこんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

でもその一方で、「恋愛では駆け引きが大切」とも言いますよね。

いったいどちらの言葉が真実なのでしょうか?

恋愛駆け引きにはメリットもあるけれど、デメリットもあります。

この記事では、駆け引きする女性への男性の印象や、自然体で恋愛をするメリットを紹介しますね。

計算高い女は嫌がられる!?

「駆け引きする女は嫌い」の真意

「駆け引きする女は嫌」と言う男性は多いです。

  • 騙されている
  • 見下されている
  • 馬鹿にされている

こんな風に感じるから、駆け引きをされると嫌な気持ちになるのです。

全部嘘に見えてくる

「駆け引きをされている」と気づくと、これまでの女性とのやりとりが全て嘘くさく思えてしまうもの。

「自分は遊ばれているだけなのかも……」と不安にもなります。

駆け引きをする女性は、こうした理由で敬遠されるのです。

自分も人間不信になってしまう

「これって駆け引き?」と感じる

自分が駆け引きをしていると、相手の行動も駆け引きに見えてしまいます。

例えば、相手がただの善意で優しくしてくれたときにも、「これって計算?」などと考えてしまうのです。

駆け引きをすることで、相手を信じられなくなるのは大きなデメリットです。

深読みして振り回されることも……

恋愛では、相手に振り回されることもありますよね。

2人の間に駆け引きが多ければ、それだけお互いに振り回されることも増えていきます。

駆け引きをすることで、相手を深読みして疲れてしまう場合もあります。

なぜ駆け引きが必要なの?

「好きです」のアピールは必要

そもそも、なぜ恋愛では駆け引きが必要なのでしょうか?

その理由の1つは、相手に「あなたを恋愛対象として意識しています」と伝えること。

好意のサインを出さないと、相手は「この人は自分と友達になりたいんだ(恋愛対象としては見ていないんだ)」と判断します。

すると、なかなか男女の距離は縮まりません。

好きな人と恋愛的な距離を縮めたいのなら、「好きです」とアピールすることは大切なのです。

重くなりすぎない工夫

また、恋愛ではときどき「引く」ことも大切です。

なぜなら、アタックしてばかりでは相手に「重い」と思われてしまうから。

ときには引いて、相手の出方を伺う。

相手に考える時間や、選択の余地を与える。

駆け引きには、こうした側面もあるのです。

駆け引きなしで恋愛をする方法

素直に接すれば駆け引き不要

意外かもしれませんが、駆け引きなしで恋愛をすることは可能です。

「いいな」と思う人にはその気持ちを隠さず素直に接していれば、自然と距離は縮まるからです。

本来は、「好意のサインをアピールしよう」などと意識しなくても、それは自分から自然と滲み出てしまうものなのですね。

執着を手放す

また、駆け引きなしの恋愛では、執着を手放すことも大切です。

「この人を絶対にモノにしたい」という強い執着を持っていると、それも相手に伝わり「重い」と思われてしまいます。

「上手くいったら幸せだし、上手くいかなくてもそれはそれで良い経験」

こうした気持ちでいることが、駆け引きなしの恋愛を成功させるコツです。

自然体が一番モテるって本当?

素直でいると駆け引きになる!?

素直に自然体で相手と接すると、実は自然と駆け引きができてしまいます。

  • 笑顔を見せる
  • 相手を褒める
  • 特別扱いをする

こうした駆け引きテクニックって、実は本来は「好きな人」に対して自然とできてしまうものなのですね。

素直になれないから駆け引きをする

……でも、人は好きな人に対してなかなか素直になれないもの。

自信がなかったり、「好き」という気持ちを認められなかったり……

恋愛駆け引きとは、そんな人達の背中を押すものなのです。

だからこそ、駆け引きなしで恋愛ができるのなら、それに越したことはありません。

著者が恋人を作った体験談

自然体でいるのは難しい

恋愛は、本来駆け引きをしなくても上手く進むものです。

でも、好きな人の前で自然体でいるのって、なかなか難しかったりしますよね。

特に『彼氏いない歴=年齢』の女性などは、その傾向が強いように思います。

意識しすぎて空回りしてしまう

私自身もそうだったのですが……

恋愛経験がない女性って、そもそもどんな風に異性と接すればいいのかが分からない。

だからこそ、異性に対しても意識しすぎて緊張してしまったり、好意を不自然に隠してしまうのです。

それでは、なかなか恋愛は進展しません。

駆け引きを学ぶと自信になる

恋愛経験のない女性は、駆け引きを学ぶと「恋愛の進め方」が分かります。

「自分からもアタックしていいんだ」とか、「相手のこういう行動は脈ありだったんだ」と知ると、自信になりますよね。

すると、恋愛も堂々と楽しめるようになるし、結果として上手く進むようになります。

著者は恋愛について勉強した

私は25歳まで『彼氏いない歴=年齢』でした。

当時の私は恋愛について何も分からず、ただひたすら「運命の出会い」がやってくるのを待っていた状態です。

でも、ある日そんな自分を変えようと決意し、恋愛について真剣に勉強しました。

そして、自分からアタックしたり、駆け引きをして男性と積極的に恋愛をするようになったのです。

その結果、私は約半年で素敵な恋人を作ることに成功しました。

駆け引きしすぎず恋を楽しもう

「駆け引き」について紹介してきましたが、いかがでしたか?

恋愛ハウツーや駆け引きは、確かに役に立ちます。

でも、それだけでは恋愛は進まないし、自分が素直に相手と接することができるのなら、駆け引きはなくても良いのです。

基本的には自然体で相手と接して、

「どうしたらいいのか分からない……」と思う時には、駆け引きを調べて実践してみる。

そんな風に臨機応変に使い分けると、バランス良く恋愛を進められますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆