第1章では幸せな恋を手に入れるためには、恋を楽しむこと。そして恋を楽しむためには『セルフイメージを上げること』が大切だと解説しました。

では、どうすればセルフイメージを変えることができるのでしょうか?

実はその方法は、『恋を楽しむこと』です。

「え?」と思いますよね。

恋を楽しめないからセルフイメージを上げたいのに、その方法は恋を楽しむこと???

一見矛盾しているようですが、実はここが最初の、そして最大のポイント。

「恋を楽しむ!」と決断することが、あなたのセルフイメージを上げて今度の幸せな恋を引き寄せる最初の一歩なのです。

恋を楽しめない女性のパターン

というのも、人の思考や行動はセルフイメージに基づいてパターン化されてしまっているから。

そのため、同じようなシチュエーションで同じような思考や行動を繰り返してしまいがちです。

恋を楽しめない女性のパターン化された行動

  • いつも男性と話すときにオドオドしてしまう
  • 男性を見ると無意識に避けてしまう
  • 「どうせ私なんて……」と考えてしまう

人の行動の9割は無意識と言われていますが、セルフイメージが低い人は、ほぼ自動的に『恋を楽しまない』という行動を選んでしまっている。

そしてますます「私はダメだ……」というセルフイメージを強めてしまうのです。

「楽しむ」と決めるとパターンが変わる

これを断ち切る方法はただ一つ。そのパターンを断ち切ると決めることです。

「これからは恋を楽しむ」と決断すると、まずこれまで『自動的』に選択していた『恋を楽しんでいない自分』に気づけるようになります。

恋を楽しんでいない自分に気づいた女性

すると、改めて自分の思考や行動を選択できる。

そして『楽しむ』を選ぶと、脳の中では面白い変化が起こります。

セルフイメージが変わるのです。

「私は恋を楽しめる」という前提

恋愛を楽しめない人は、そもそも「私は恋を楽しめない」というセルフイメージを持っています。

  • 可愛くない
  • 魅力がない
  • 経験がない
  • 自由がない

など、その詳しい内容は人それぞれですが、こうしたネガティブなセルフイメージがあるからこそ恋が楽しめません。

しかし「恋を楽しむ」と決めた瞬間。

それまで無意識に持っていた「私は恋を楽しめない」というセルフイメージにヒビが入り、「私は恋を楽しめる」という新しいセルフイメージが生まれるのです。

私は恋を楽しめる

セルフイメージは蓄積されている

私たちの潜在意識には、これまでの体験で得てきたセルフイメージが蓄積されています。

そしてそのセルフイメージを基準にして、目の前の現実や出来事を捉え、さらに自分の中にセルフイメージを蓄積する……ということを繰り返しています。

蓄積されたセルフイメージ

そして大人になるにつれて、その作業をほぼ『自動化』してしまう。なぜかというと、すでに自分の中にたくさんのデータが集まっているからです。

例えば、B子のようにセルフイメージの低い女性は、男性から話しかけられても「からかわれている」と思い込んでしまいがち。これは、「自分みたいなダメな女が男にモテる訳がない」という思い込みが、すでに自分の中にできてしまっているからです。

でも、「恋を楽しむ」と決めるとそれが変わる。

これはまさに『新しい人生の始まり』なのです。

見える世界が変わり始める

人の脳にはRASというフィルターのような機能があります。

このフィルターもセルフイメージや思い込みの影響を大きく受けていて、例えば「私は可愛くない」と思っている女の子は、「自分は可愛くない」と感じるような出来事ばかりを『事実』として認識してしまいます。

それどころか、「可愛い」と褒められたとしてもそれを捻じ曲げて受け取ってしまうことも。

RASというフィルターによる脳の思い込み

「私は○○だ」と思っていると、現実はそういう風にしか見えなくなってしまうのです。

「自分は恋を楽しめない」と思っていたときには、目に入る情報はネガティブなものばかりだったかもしれません。

しかし、「自分は恋を楽しめる」とセルフイメージが変わると、自分の目や耳に入る情報も自然とポジティブなものになっていきます。

「恋を楽しむ」と決めると、そこから見える『現実』も変化し始めるのです。

まとめ

  • 「楽しむ」と決めることが第一歩
  • 決めるだけでセルフイメージが変わる
  • セルフイメージが変わると見える世界も変わる