前のページでは、『恋の楽しみ方』を解説しました。

恋を楽しむことでセルフイメージが上がり、どんどん望む現実を引き寄せられるようになります。

そして、このページではさらにその『引き寄せ効果』をアップさせるおすすめワークを紹介します。


『プレシャスリスト』でさらに引き寄せを加速させよう

それは、『プレシャス(喜び)リスト』を作ること。

『ToDo(するべきこと)リスト』を作ったことのある人は多いと思うのですが、幸せな現実を引き寄せたいときにはそれよりもこちらのリストが効果的です。

プレシャスリストとは、その言葉の通り自分にとっての『嬉しいこと』をリスト化したもの。

1ヶ月、2ヶ月……と自分で期間を設定して、その期間内にリストの項目を実践していきます。

プレシャスリストの効果

自分にとっての嬉しいことをやることは、自分にそれを許可することでもあります。

それは『自分は幸せになってはダメ』というセルフイメージを『自分は幸せになって良い』に変えることでもあるのです。

……というと、「自分はもう幸せになってもいいと思っている!」と思うかもしれませんが、恋愛が上手くいかない女の子の多くは、無意識に以下のようなセルフイメージを持っている場合が多いのです。

こう思ってたら要注意!

  • 自分より他人を優先しないといけない
  • 自分は遠慮しないといけない
  • 自分を愛してはいけない
  • もっと素晴らしい人間にならないといけない

今の自分はまだまだ『ダメな存在』だから、まだ幸せになってはいけない。もっと頑張って努力しないといけない……。

プレシャスリストはこうしたセルフイメージを壊し、「私は今幸せになっても良い!」という新しいセルフイメージをもつきっかけになります。

では、さっそく作成してみましょう!

【1】リストを作成しよう

下の6つの項目にしたがって、リストを作ってみてください。

人生を変えるプレシャスリスト

1. 自分が子供のころに好きだったけど辞めてしまったこと
例:人形で遊ぶ、テトリスをやる、チョコクッキーを食べる、プールに行く

2. 異性(恋愛)に関連すること
例:好きな人にラインする、おしゃれをする

3. 友達に関連すること
例:旅行に行く、美味しいものを食べに行く

4. 季節に関連すること
例:クリスマスイベントに参加する、紅葉狩りをする

5. 癒しに関連すること
例:実家の犬と遊ぶ、親戚の子供に会いに行く、猫カフェに行く

6. ずっとやってみたいと思っていたこと
例:ショートカットにする、バイクの免許を取る

期間は『年内』『今学期中』など自分にとってキリがよいところが良いのですが、だいたい『2ヶ月』を目安に作成するのがおすすめです。

長すぎるとなかなか手をつけないし、短すぎると『やらなきゃ』と焦ってしまうから。

『楽しみながら実践できる期間』を設定するのがポイントです。

【2】「やる」と決めよう

さて、リストを作成したら「これを実践する」と決めましょう。

「決める」という行為の効果はすでにお伝えしましたね。

「プレシャスリストをやる」と決めることで、『自分は幸せになって良い』というセルフイメージが生まれます。

なので、「やるぞー!」と決める。

そしてお気に入りの手帳などに挟んで、大切に持ち歩いてみてください。

『プレシャス(喜び)』をいつやろうか考える。『プレシャス(喜び)』をどんな風に実践しようか考える。

そうした時間も、あなたのセルフイメージを高めてくれます。

プレシャスリストの注意点

プレシャスリストの注意点をいくつか説明します。

①「幸せになるため」にやらない

プレシャスリストは「自分は幸せな存在だ」というセルフイメージを持つためのものです。

なので、リストを実践するうちに「これをやれば幸せになれる」と思ってしまっては逆効果。

その思考が生み出すのは「今の自分は不幸だ」というセルフイメージだからです。

セルフイメージをあげれば『幸せ』は確かに引き寄せられます。でも、それを目的にしてしまうと、その時点でセルフイメージがネガティブになってしまう。

プレシャスリストを実践するときには、あまり深く意味を考えず「もっと毎日を楽しもう!」という気軽な気持ちでやるのがおすすめです。

②できなくても気にしない

プレシャスリストを作成して、それが実践できなかったとき。

「私はダメだ」と自分を責めてしまっては本末転倒です。

もし実践できなかったら、気にしない。

また次のリストに書き加えても良いし、途中で他のものに書き換えてしまっても良いです。

大切なのはそれをやることではなく、それをやって『喜びを感じること』だと忘れずに!

喜びを体に覚えさせる

プレシャスリストを実践していくと、「楽しい」「嬉しい」と感じる機会が増えていきます。

すると、脳は「自分は幸せな存在だ」と納得し、そのセルフイメージをどんどん固定させていきます。

セルフイメージが固定されていくと、今度はちょっとやそっとのことでは落ち込まなくなってくる。「自分は幸せ」というセルフイメージがブレなくなるのです。

しかし、プレシャスリストや前のページで紹介した『恋を楽しむ方法』を実践しようとしても、なんだか心がモヤモヤして上手くいかない場合もあるもの。

第3章ではそんなときの対処法を解説していきます。