アプリや相談所で知り合った男性とのデート。楽しみにしていたけれど、なんだか相手の男性のリアクションが変……!?もしかするとそれは何かが原因で男性に引かれてしまっているからかも!?男性が「来なきゃよかった」と思うのはどのような瞬間なのでしょうか?

婚活デートで男が「来なきゃよかった……」と思う瞬間6つ

具体的な内容を解説します。

【1】写真とあまりにも違いすぎる

婚活をする上で、写真の良し悪しはとても重要。それによって出会いの数も大きく変わるからです。しかし元の自分とあまりにもかけ離れた写真を使ってしまうのはNG。男性側からすると『騙された感』が強くなり、なかなかその女性に対して心を開けなくなってしまうからです。

【2】ビジネスライクすぎる

「ぶっちゃけ、私のことってありですか?なしですか?」……婚活をしているとき、こんな風に質問をしたことのある女性は意外と多いのではないでしょうか。だって、脈なしならさっさと次に行きたいですよね。しかしあまりにビジネスライクに婚活をしている女性に対して引いてしまう男性もいるので注意。

【3】要求するものが多すぎる

「デート代は全部出して欲しい」「店も全部予約して欲しい」「当日はちゃんとエスコートして欲しい」女性からこんな風に頼られることは、男性にとっては嫌なことではありません。しかし「それができなきゃ不合格よ」とばかりにプレッシャーをかけてくる女性に対しては、居心地の悪さを感じることも。

【4】男任せすぎる

「どこでもいいです」「なんでもいいです」「どっちでもいいです」何を聞いてもこんな風に答えられると、男性としては少し困ってしまうもの。相手の女性が何を望んでいるのかが全く分からないからです。「○○が食べたい」など、ある程度要望を伝えた方が男性としてもリードしやすくなります。

【5】不機嫌になられる

女性が機嫌を損ねると、多くの男性は困り果ててしまいます。そもそも女性がなぜ怒っているのかが分からないし、自分の何が行けなかったのかも分からないし、どうすれば機嫌が治るのかも分からないからです。そのため突然女性に不機嫌になられると「めんどくさい……」と感じてしまいます。

【6】全く会話が盛り上がらない

初対面の相手と会話が続かないと、やっぱり気まずいもの。「何を話せばよいか分からない」と思うかもしれませんが、黙りこくってしまうと一緒にいる男性は「自分といても退屈なのかな?」と感じてしまいます。口下手な場合は、あらかじめ相手に「人見知りなんです」とか「緊張してます」と伝えてしまうのもおすすめ。

おわりに

いかがでしたか?婚活デートを成功させるには、あまり「選別しよう」という意識を持たないことが大切。「とにかく相手との時間を楽しもう」という気持ちでいると、相手との距離も縮まりやすくなります。リラックスして恋を楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】