ボディタッチはモテる?

「好きな人ができたらボディタッチをしたほうがいい」

こんな言葉を聞いたことのある人は多いと思います。

確かに、恋愛で異性との距離を縮めたいときに、ボディタッチをするのは効果的。でも、やり方を間違うと男性に引かれてしまうかも!?

「それはちょっと……」男が嫌がるボディタッチ5選を紹介します。

【1】ベタベタしすぎ

さりげないボディタッチにはドキッとする男性が多いけれど。あまりベタベタ触りすぎると、「なんだかなぁ」と感じる男性も多いもの。特に人前でベタベタされるのに抵抗を覚える男性は多いので注意が必要です。

【2】あからさまに胸を押し付けられる

胸を押し付けられたら、ちょっと……いや、かなり嬉しいけれど。でも、それに鼻の下の伸ばしていたらカッコ悪いし、相手の女性に対しても「なんかビッチっぽい!」などと感じるもの。

胸を押し付けるなどの『攻撃力抜群のボディタッチ』は、2人きりでデートをするなど、ある程度関係が親しくなってからにしましょう。

【3】きわどい部分を触られる

太ももや腰へのボディタッチ。これらもドキッとさせる効果は抜群ですが、積極的で肉食系な印象を与えてしまうので、相手を選びます。

また「他の部分が反応しそうだからやめてほしい……」と感じる男性もいるので、特に大勢の集まる飲み会などではやめておくのが無難です。

【4】髪に触れられる

男の人に頭をポンポンと撫でられたら、ドキッとしますよね。でもこれ、男性にやるのはNGです。

というのも、男性はワックスなどで髪を整えている人が多いから。「せっかくセットしたのに崩れちゃう!」と髪に触れれるのを嫌がる男性は多いです。

【5】みんなが見ている前でボディタッチ

ボディタッチは嬉しいけれど。でも周りの人の目も気になるもの。確かに、あまりデレデレと鼻の下を伸ばしていたら、カッコ悪いですよね。

ボディタッチをするときには、あまり他の人から見られない場所やタイミングを選ぶことも大切です。

男を喜ばせるボディタッチのコツはこれ!

いかがでしたか?

ボディタッチで異性との距離を縮めるときには、『さりげなさ』を意識しましょう。

あからさまなボディタッチよりも、「偶然触れちゃったのかな?」と思わせるようなさりげないボディタッチの方が、相手をドキドキさせることができます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆