以前『喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事』という記事をアップしました。

しかし中には「色々頑張ってみたけれど、それでもやっぱり喧嘩がなくならない」と悩んでいるカップルがいます。

  • お互いに努力しているはずだけれど、なぜか喧嘩になってしまう
  • 前回の記事で紹介していた内容は試した
  • お互いに大好きで別れたくはない
  • 喧嘩もどんどん酷くなっていくし正直辛い

もしもあなたとあなたの恋人が、上記のような状態ならば、今回紹介する『8つのこと』を実践……いえ、思い出してみてください。

辛い喧嘩を減らすきっかけになるかもしれません。(^^)

【1】当たり前のことに目を向ける

感謝

倦怠期というのは、最初のころに見えていた『幸せ』が見えなくなってしまっている状態です。

  • 好きな人と付き合っているという事実
  • 自分が好きになった人が自分を選んでくれてということ
  • 同じ時代に巡り会えた奇跡
  • 平和な時代に自由に恋を楽しめること

今当たり前に手にしていることは、改めて考えてみるとどれも当たり前ではない特別なことばかり。

でも、その状況にずっといると、その『特別なこと』にも慣れて、『特別ではないこと』になってしまうものなんです。

すると、「愛が足りない」「刺激がたりない」なんて、『ないこと』に目を向けてしまいがち。でも、そうじゃないんです。ないように感じるのは、それに慣れてしまったから。

そしてそれに慣れてしまったというのは、その幸せをたっぷり味わったから。

それって不幸なことのようにも思えるけれど、『幸せに慣れてそれが当たり前になるくらい幸せに浸っていたんだ』って考えたら、なんだかとても幸せな気がしますよね。実際そうなんです。

倦怠期がやってくるのは、『特別』をたくさん味わったから。飽きるくらい『特別』を満喫したから。飽きるくらい大好きな人と一緒に過ごしたから。

相手にイライラするのは、大好きなところを満喫しすぎてそれが当たり前になってしまって、もう嫌なところを見るくらいしか相手を味わう方法がないから。

倦怠期は、そんな幸せに気づかせてくれるチャンス。『ない』のではなく、『それが当たり前になるくらい幸せになったんだ』と考えてみてください。視点を変えると、気持ちが楽になりますよ。

【2】言葉にして気持ちを伝える

愛情

喧嘩がなくならない倦怠期カップルは、『同一視』をしてしまいがちです。

同一視とは、簡単に説明すると、「相手も自分と同じように感じて考えているだろう」と考えてしまう状態のことです。

仲良しカップルの関係を脅かす『同一視』にご用心!

でも、実はこれって大きな勘違い。そりゃあ、一緒にいる時間が増えれば相手の考え方や行動のパターンはある程度読めてきます。でも、人はどんどん変化していく生き物。昨日と今日じゃ気分も感じ方も違うし、まして3年前と今じゃ、趣味嗜好だって変わっている可能性もあります。

自分が思っていることも、相手が思っていることも。きちんと言葉にしないと伝わらないものなんです。

「言わなくてもいいや」「わかるはず」こんな風に思っていることを、改めて言葉にして伝えてみてください。「あなたのことを大切に思っているよ」なんて愛情表現の言葉ももちろん大切です。

改めて伝えると、「あ、そうだったんだ」と意外に思うことや新しい発見もあるはずですよ。

【3】相手を失う可能性を考えてみる

誠実

付き合いが長くなると、ほとんどの人はそれが『当たり前』になってしまいます。

  • 相手が自分のことを好きなのは当たり前
  • ずっと付き合い続けるのが当たり前
  • 今の状態がずっと続くのが当たり前

……でも、先にも紹介した通り、全ては全然『当たり前』ではありません。全部、いつなくなってもおかしくないものなのです。

相手が就職や転勤で突然引っ越さなければならないかもしれない。相手に他に好きな人ができるかもしれない。自分が急に海外にいかないといけなくなるかもしれない……。

全部『かもしれない』ですが、全部「絶対にない」とは言い切れないこと。人生には何が起こるかわからないのです。

今、あなたの隣に当たり前にいる相手は、いついなくなって、離れてしまってもおかしくない存在。『今』というのは、私たちにとって特別な時間なのです。

【スポンサーリンク】