カップルに人気のお台場。以前お台場デートで男女の距離が縮まる理由を紹介しましたが、しかしお台場デートにはいくつかの注意点も。今回はお台場デートでありがちな失敗を紹介します。

お台場デートでありがちな失敗7つ

具体的な内容を紹介します。

【1】歩き疲れてしまう

地図で見るとあまりピンとこないけれど、お台場って結構広いんです。メディアージュからダイバーシティに移動してそこからフジテレビに行って……などと移動を繰り返していると、それだけで体力を消耗してしまいがち。あらかじめ効率よく見て回れるプランを考えておきましょう。

【2】お金がかかる

映画を見て観覧車に乗っておしゃれなカフェに入って……などとしていると、それだけで結構お金がかかるもの。そこに交通費も加えるとそれなりの出費になります。学生のカップルは『昼はマックをテイクアウトして海沿いの公園で食べる』など少し工夫して節約してみると良いかも。

【3】時間が足りなくなる

お台場には様々な施設がありますが、全部を見て回ろうとすると1日ではとても足りません。あらかじめ優先順位を決めて、「絶対に見たい」と思う場所から効率よく回るのがおすすめ。

【4】場所が分からない

「お台場は夜景が綺麗に見えるよ」なんて言われても、どこからその夜景が見れるか分からずに迷ってしまう……なんてこともありがち。事前になんとなくでも全体の地理を把握してくと、そういったトラブルを避けられます。

【5】人が多くて疲れてしまう

最近では外国人観光客に人気があるお台場。平日でもたくさんの人で賑わっています。レストランやフードコートも混雑しているので、「人混みが苦手」という人はそれだけで疲れてしまうかも。

【6】泊まる場所がない

「夜は適当なホテルに泊まればいいか……」と思っていても、お台場には繁華街にあるような手頃にラブホテルはありません。宿泊を考えている場合は事前に近場のホテルを予約しておくか、あるいは電車で新宿や渋谷などに移動するのが良いでしょう。

編集部厳選のホテル・宿の予約ならオズモール

【7】駐車場が埋まってしまう

お台場デートの時には、レンボーブリッジを通ってドライブをするのも素敵ですよね。しかし、お台場に着く時間が遅いと停めようと思っていた駐車場が満車になっている場合もあります。

おわりに

いかがでしたか?お台場デートを成功させる一番のポイントは、きちんと下調べをしておくこと。「これがダメだったらこっちにしよう」など、いくつかのプランを練っておけば当日も安心してデートを楽しめますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】