「最近、彼といてもあんまり楽しくない……これって倦怠期?」あなたも今こんな風に悩んでいるかもしれません。『恋の寿命は3年』なんて言葉もあるけれど、恋人といつまでもラブラブんに楽しく過ごす方法はないのでしょうか?

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 最近恋人にときめかない
  • 倦怠期を抜け出したい
  • 楽しく毎日を過ごしたい
この記事を読むと分かること
  • 倦怠期を招く原因
  • 倦怠期を抜け出す方法
  • ラブラブに過ごすコツ

恋人との倦怠期を抜け出す15の方法【前編】

倦怠期がやってくる理由の1つは恋人との関係に慣れてしまうから。回数を重ねるごとに、手をつなぐのもキスをするのも『当たり前』になってしまうのです。前編では『相手をドキドキさせる方法』を解説していきます。

【1】おしゃれをする

付き合いが長くなると、お互いに相手の前でついつい『だらしない姿』も見せてしまいがち。

  • メイクが手抜き
  • ヒゲを剃っていない
  • デートが普段着

良く言えば『素の自分』を見せられているけれど、こればかりでは刺激も減ってしまいます。時には気合を入れておしゃれをすることで、お互いにときめきを取り戻せます。

【2】違う一面を見せる

あなたは普段恋人の前でどんな姿を見せていますか?

  • 甘えん坊な一面
  • しっかりものな一面
  • わがままな一面

たまにはこうした『普段見せている自分』の逆を相手に見せてみると、新鮮な驚きを与えられます。すると相手も、普段と違う部分を見せてくれるものですよ。

【3】イメチェンをする

思い切って普段と違う系統の服装やメイクにチャレンジするのも刺激的です。

  • 髪型を変えてみる
  • 普段と違う店で服を買う
  • 新しいメイクに挑戦する

ちょっとした変化でも、「まだ知らない一面があったんだ」と相手をドキドキさせることができます。

【4】新しい趣味に挑戦する

ある程度の期間を一緒に過ごすと、だいたい相手がどんな風に毎日を過ごしているかも分かってくるもの。そしてそれはマンネリ化にも繋がります。「いつかやろう」と思っていたことがあれば、ぜひこの機会に始めてしまいましょう。

  • 料理教室に通う
  • カメラを始める
  • 資格に挑戦する

自分が夢中になれるものなら何でもOK。何に一生懸命取り組んでいるあなたの姿に、恋人もきっと改めて惚れ直してくれますよ。

【5】大人になる

恋人との時間が長くなればなるほど、相手への『甘え』も出てしまいがち。

  • 悪いところに目がいく
  • 不満ばかり言ってしまう

もしこうした状況なら、この機会に自分自身が大人になってみるのも大切なこと。相手を責めるのではなく、受け入れる。文句や不満を言うのではなく、目の前の現実を楽しむ努力をしてみる。そんな前向きな姿勢も彼からの見る目を変えさせます。

【6】会う時間を短くする

合う回数を減らすのも良いのですが、おすすめなのは合う時間を短くすること。彼とのデートのあとに予定を入れてしまうのです。

  • 他の友人との約束
  • 美容院の予約
  • 美術館や映画の鑑賞

なんでも良いのですが、『変更できない予定』を入れてしまうのがよいです。時間が限られていると意識すると楽しみ方も変わってくるし、お互いに「もっと一緒にいたい」という気持ちも自然と湧いてくるものですよ。

【7】自分磨きをする

「恋をすると綺麗になる」と言いますよね。「彼にもっと綺麗な自分をみて欲しい」という気持ちがあると、自然と自分磨きにもやる気がでるもの。しかし恋人との関係に慣れてしまうと自分磨きもちょっと手を抜きがち。

  • ジムに通う
  • メイクの練習をする
  • 似合う服を探す

どんどん綺麗になっていくあなたを、彼も放っておけないはずですよ。

【8】ポジティブに捉える

『倦怠期』という言葉からは、なんとなく嫌な印象を受ける人が多いと思います。でも、ちょっと意識を変えて今の現状をこんな風にとらえ直してみるのも効果的です。

  • 一緒にいることが自然
  • 空気のように馴染んでいる
  • ただの恋人を超えた関係

なんだか少し良い気分になりませんか?こんな風にポジティブに現状を捉えると、相手への見方も少しずつ変わってきます。

次のページ→『相手へのドキドキを取り戻す方法とは?』

【スポンサーリンク】