婚活で知り合った男性が脈ありかどうか、気になりますよね。自分のことを好きでいてくれているならこの先も関係を続けたいし、もしもそうじゃないなら気持ちを切り替えて次に行きたいし……。そこで今回は、婚活中の男性からの脈なしサインを紹介します。

婚活中の男性からの脈なしサイン7個

具体的な内容を紹介します。

【1】ラインを既読スルーされる

婚活の場合、主なやりとりはラインや婚活サイト内でのメッセージになりますよね。にも関わらず、それをスルーされるのは脈なしの可能性が高いです。相手によほどの事情があるのなら別ですが、何度も続くようならば次へ行きましょう。

【2】デートの約束をしてくれない

「食事に行こう」などと言いつつ、具体的な日にちを決めずに曖昧なままはぐらかしているのも現段階では脈なしです。これは「とりあえず興味があったから連絡してみたけど、あまり気が合わなそうだな……」と思っているときなどに見られる行動。女性の方から引いてくれるのを待っているのです。

【3】返事が極端に遅い

ラインやメッセージの返信が2週間後……というように、極端に返事が遅いのも脈なしサイン。一度デートをした後などにこうした行動があれば、それは遠回しな『お断り』のサインです。「女性のことを傷つけたくはないから、できればこのまま諦めて欲しい」という心理からこうした行動をする男性は多いです。

【4】食事代を出してくれない

男性のタイプにもよりますが、多くの男性は脈ありの女性に対して「喜んで欲しいしかっこいいところを見せたい」という気持ちから、食事代をご馳走するか多めに出そうとします。それが全くないのは「この女性にはお金を使いたくない」という気持ちの現れ。脈なしの可能性が高いです。

【5】下ネタを連発してくる

下ネタを連発してくる男性は、真剣な交際を考えているのではなく『体目当て』の可能性が高いので注意が必要です。特に会ったその日のうちにホテルや自宅に誘ってくるのは黒。流されないように注意しましょう。

【6】お礼のラインが来ない

「いいな」と思える女の子と知り合えたら、その場限りではなく長期的にやりとりを続けたいし、また会いたいと考えるもの。会ったその日かその次の日に「昨日はありがとう」というようなラインが来れば脈あり。逆にそれがない場合は脈なしです。

【7】ドタキャンされる

婚活で知り合った場合、最初はお互いになかなか相手を信頼できない部分もあるからこそ、女性との良い関係を築きたいと考えている男性は約束をきちんと守ろうとします。デートを当日にドタキャンをしてくるのも脈なしサイン。

おわりに

いかがでしたか?婚活中には良い出会いもあれば、恋に進展しない出会いもあるもの。上手くいかなかったからといって落ち込む必要はありません。気軽に捉えて、次の恋へ進みましょう!

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】