「いつも男性に振り回されてしまう」「恋人ではなく体の関係の恋が多い」「愛されている感じがしない」……こうした『都合のいい女状態』の恋に悩んでいる女性って、結構多いのです。この記事ではそんな女性たちの思考パターンを紹介します。

都合のいい女を抜け出せない女性の思考パターン7つ

『都合のいい女』は同じような恋愛を繰り返してしまいがち。実はその理由は、彼女たちの思考(考え方)にあったのです。都合のいい女を抜け出すためにはそれを変えていくことが大切。あなたは当てはまっていませんか?

【1】これを逃したらダメ

「この恋を逃したら、もう自分には幸せがない」こんな思考があると『都合のいい女』にありがち。必要以上に男性に尽くしたり、理不尽な状況に耐えてでも今の恋愛を継続させようとしてしまうのです。

【2】高望みしてはダメ

「自分はたくさんの幸せを望んではいけない」こんな思いを抱いている人も、なかなか幸せな恋を掴むことはできません。例えば過去に略奪愛をして人を傷つけるなど、なんらかの『罪の意識』を持っている場合にこうした思考に陥りがちです。

【3】幸せは難しい

そもそも、「自分が幸せになるのは無理だ」と考えている人もいます。特に自信がない人にありがち。でも「幸せになりたい」という気持ちも当然ある。だから頑張って努力して、彼に合わせたり尽くしたりして愛されようとしてしまうのです。

【4】私は愛されていない

この思考がある人は、たとえ新しい恋人と付き合っても結婚しても、「愛されない」という気持ちをなかなか手放せません。彼の言動に問題があるのではなく、そもそも自分が「愛される自分」を受け入れてないからです。

【5】幸せにしてあげなきゃ

「恋人を幸せにしてあげなきゃ」と強く思うのは、裏を返せば「この人は私がなんとかしてあげないと不幸になる」と言っているのと同じ。相手の『幸せになる力』を信じていないのです。この思考があると、付き合う恋人はどんどんダメ男になっていくので要注意。

【6】私には魅力がない

自分の魅力に自信がないと、「彼に飽きられたらどうしよう」といつも不安な気持ちになってしまいます。体だけの関係をダラダラ続けている女性には、実はこのタイプが多いです。『女』の部分を使って彼を繋ぎとめようとしてしまうのです。

【7】私は女性らしくない

自分の女性らしさに自信がない女性も、都合のいい女になりがちです。女性らしさに自信がないから、家事をしたりお金を貸したりして、彼を繋ぎとめようとするのです。

次のページ→『都合のいい女を抜け出す方法って?』

【スポンサーリンク】