付き合う前と付き合った後で態度が違う理由は?男の心理を解説

付き合う前は優しかったのに……

付き合う前は、あんなに優しかった彼。

「好きだよ」と囁いて、メールも毎日してくれた。プレゼントだってくれたし、素敵なお店にも何回も連れて行ってくれた。

……なのに、付き合ったとたんにメールもデートも頻度が激減してしまった!?

このように、「付き合う前にくらべて彼氏が冷たくなった」と悩む女性は少なくありません。

付き合った後の男性が、いわゆる「釣った魚に餌はやらない状態」になってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

今回は『付き合う前と付き合った後で彼の態度が変化してしまう理由』について解説します。

男にとって付き合う前は「狩り」の途中

追いかけている途中の男性の心理とは?

男性にとって、その女性と付き合う前の期間は、いわば「狩り」の途中。

獲物を手に入れるために、一生懸命頑張ります。

本当は苦手なlineも、一生懸命文章を考えて。

彼女からの深夜の電話に付き合って。

実はあんまり興味がない「おしゃれカフェ」でパンケーキを食べて。

趣味や男友達を後回しにして、彼女の為に時間を作って、ちょっと無理をして高めのレストランに予約を入れて……。

あなたと付き合うために頑張った!

そんなことをしてきたのも、「彼女のハートを射止める」という目的のため。

彼はあなたを「オトしたい!」と思ったから、時間やお金を「あなたが喜びそうなこと」に使ったのです。

狩猟本能とは?男は追いかけたいし守りたい生き物って本当!?

手に入れた途端に男は冷たくなる!?

もともと「好きなこと」は続けるが……

もちろん、中にはlineやカフェ巡りが好きな男性もいます。

その場合、たとえ狩りの期間が終了しても、彼女のためというよりは自分自身の満足の為に、こまめにlineをしたり、女性が好みそうなカフェデートを企画したりもしてくれるでしょう。

また、「彼女が喜ぶ顔をみたい」という理由から、恋人のためにあれこれ画策してくれる男性も大勢います。

男は釣った魚に餌をやらない!?

しかし、全ての男性がそうではありません。

むしろ、男性の中には以下のような人の方が多いかも。

  • 昼食はラーメンが最高
  • メールやlineは面倒
  • 恋愛よりは仕事が大切

こうした男性が、「好きな女性を手に入れる」という目標を達成した場合。

付き合う前にしていた「彼女のハートを射止めるための行動」はやめてしまいがちです。

愛情が冷めたわけではない

それは愛情が冷めてしまったからではなく、ただ単純に目標を達成したから。あなたを手に入れてこれ以上「狩り」を続ける必要がなくなったから、行動をやめたのです。

ですが、女性は男性が急に態度を変えるので「もう冷めてしまったの!?」と不安になります。

こうして、男女のすれ違いが生まれてしまうのです。

女性の不満に男は気づいていない!?

付き合ったあとの男性心理とは?

男性は、「付き合う」という目的を達成したあとは、むしろ「(恋愛以外の)自分の生活の満足度」を高めようとする傾向があります。

例えば仕事を頑張ったり、こ趣味に力を入れたり、男友達と遊びに行ったり。

男性は「手に入れた」らそれで満足なのです。

そして、女性も同じように考えていると思ってしまいます。

女性は彼氏の態度に「冷めたの?」と不安になる

しかし女性は、付き合ったあとにも密なコミュニケーションを望む傾向にあります。

というより、女性の場合はむしろ「お付き合いを開始してから」がスタート。

2人の世界を作り上げ、恋愛の満足度を高めようとします。これは、女性の場合は恋愛の先に「子供を産み育てる」という目的があるからです。

なので、多くの女性は男性に対して「もっとメールをして欲しい」「もっとデートに連れて行って欲しい」「早く結婚したい」などの願望を抱きます。

しかし男性は、なかなかそれに気付きません。

なぜなら男性は『欲しかった獲物』を手に入れて、満足しているからです。

男が恋愛よりも仕事に打ち込む理由とは?

そして、一般的に男性の場合は、将来的に家族を持つ場合にもずっと働き続ける可能性が高いです。

働いて彼女や子供を養う。

それは彼女のためでもあります。

その為、優先すべきは『外』での自分の居場所をきちんと確保すること。

だからこそ、彼女との時間を後回しにしがちだし、そのことで物足りなさを感じることも少ないのです。

付き合う前みたいに優しくしてもらう方法は?

まずはお互いの「ズレ」に気付こう

お付き合いが始まった時。女性はより密なコミュニケーションを望み、相手も同じだとと考えがちです。

だからこそ、男性からの愛情表現が減るとそれを不満(疑問)に感じ、「冷めてしまったの?」と不安になってしまうのです。

そして男性は男性で、「相手も自分と同じで今の状態に満足しているはず」と考えがちです。

そのため、女性が抱く不満になかなか気づけず、すれ違いを招いてしまうのです。

不安は言葉で伝えることが大切

あなたがもし、彼氏の態度に不満を持っているのであれば、大切なのはそれらをきちんと伝えることです。

「メールが少ないと愛情が感じられなくて寂しい」「もっとデートに連れて行ってくれると嬉しい」

そんな風にきちんと言葉にしないと、男性は女性の不満に気付きません。

不機嫌なオーラを醸し出したところで「今日、機嫌悪いんだな……生理かな?」などと思われてしまうのがオチなのです。

おわりに

いかがでしたか?

付き合った後に彼氏の態度が変わったと感じると、不安な気持ちになると思います。

しかしほとんどの場合、男性はあなたへの愛情が冷めたのではないのです。

ただ、もう頑張る必要がないと思っているから態度を変えただけ。

不満や不信感は抱えたままにせず、しっかりと話し合ってみてください。

きっと、より良い関係が築けますよ。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

恋の寿命は3年!?倦怠期で気持ちが冷める理由と改善する方法

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来に繋がりますように……☆