「ヤバイ……もう○○歳になる……」彼氏いない歴=年齢。周りの同年代の友達にどんどん恋人が出来て行く中、いつまでたっても恋人が出来ない。「本気でこの状況を打開したい!」と思った時の方法を紹介します。

『彼氏いない暦=年齢』の打開策7つ

具体的な内容を解説します。

【1】「でも」をやめる

「彼氏が欲しいけど、でも……」「恋愛がしたいと思ってるけど、だってさ……」あなたはこんな風に『でも』や『だって』が口癖になってはいませんか?彼氏が欲しいと思ったら。まずは「でも」や「だって」をやめること。自分の欲しいものから逃げてばかりでは、いつまでも結果は手に入れられません。「彼氏を作る」と決めたら、もう言い訳をしない。腹をくくってその目標に向き合うのです。

【2】コンプレックスを手放す

自分が短所に感じている部分や、コンプレックスは誰にでもあります。そしてそれが強ければ強いほど、恋愛や人生に対しても後ろ向きになってしまいがちしかし短所というのは周りの人から見ればさして気にならないどころか、むしろ愛されポイントだったりするもの。「現状を変えたい」と思ったときには、思い切って「もう気にしない!」とそのコンプレックスを手放すことも大切です。

【3】失敗を気にしない

誰だって傷つくのは嫌だし怖いです。でも、傷つくことを恐れていては何もできなくなってしまいます。失敗したり恥をかいても大丈夫。一時的に落ち込んだとしても、人は必ず立ち直れるし、それは決してあなたの真価を傷つけるものではありません。「失敗を気にせず前に進む」と決めてしまうことも、『彼氏いない歴=年齢』を卒業したいときには効果的。

【4】目標を明確にする

「彼氏が欲しい」とあなたは周りの人に名言できるでしょうか?「自分は彼氏なんて望んではいけない……」というような思い込みを持っている場合、そもそも『彼氏を作ること』を目標に据えることができません。「いつかもしも運良く彼氏ができたら嬉しいけど、でも無理だよね……」と、後ろ向きになってしまうのです。自分は幸せになる。夢を叶える。彼氏を作る。こんな風に目標を明確にすると、意識が変わります。

【5】恋愛の楽しさを知る

「恋愛って怖い」「恋愛は辛い」あなたはこんな風に思っていませんか?恋愛に対してネガティブな思い込みを強く抱いていると、なかなかそれに踏み出せなくなってしまいます。そんなときは恋愛に関する素敵なものに意識を向けるのがおすすめ。恋愛映画をみたり幸せな恋をしている女の子に話を聞いて、恋にときめく気持ちを持ちましょう。

【6】ちょっと忘れる

「彼氏が欲しい欲しい欲しい」と執着しているときは、なかなか彼氏ができません。執着が強い人ほど『欠乏感』も強いからです。欠乏感が強い人は焦りや不安に振り回されてしまいがちで、なかなか物事が思うように進みません。「そのうち出来るから大丈夫」と気軽に構えること。「なんとかなるから大丈夫」と根拠がなくても自信を持つことも大切です。

【7】今動き出す

ダイエットに成功したら……もっと休みが増えたら……。こんな風に『行動するタイミング』を先延ばしにしてしまうことって、誰にでもあると思います。でも、『いつか』は永遠にやってきません。ベストなタイミングを待っていても、それはいつまでもやってこないのです。自分が「やりたいな」とか「欲しいな」と思った思った『今この瞬間』が動き出すタイミングです。

おわりに

いかがでしたか?『彼氏いない歴=年齢』を抜け出すために必要なのは、ちょっとした意識の変化。それが小さな行動へとつながり、それがやがて大きな結果へと繋がります。できることから少しずつ、チャレンジしてみてくださいね。

《"彼氏いない歴=年齢"の女の子にはこちらの記事も人気があります》

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】