夏といえば…花火大会!

7月の終わりから8月の頭にかけての花火大会ラッシュ。都内では隅田川の花火大会などが有名ですね。

せっかくの花火大会、この機会に彼との距離を縮めたいもの……!

というコトで、まとめてみました!

花火大会で使える、モテ技BEST5!!!彼とのデートが控えている女性は、ぜひお試しください(^^)

第1位 「はぐれそう…」とソデを「きゅっ」

花火大会と言えば、人ごみ!

この人ごみ、普段なら「嫌だな〜」と思うところですが、彼とのデートならば話は別。人混みは彼と距離を縮めるチャンスです!

キュッと彼の服のそでを掴んで、「守ってあげなきゃ」という男心を刺激しちゃいましょう。

これはもう、王道のテクニックなのでご存知かもしれませんが、王道なだけあって……やっぱり効きます。ちなみに、「そで」ではなくて「すそ」を掴んでもオーケー。

……ただ、相手がおしゃれな男性の場合は、服が伸びると気になるもの。服を引っ張らないよう、なるべく体を密着させるのがおすすめ。ドキドキの効果も手伝って、『彼が手を繋いでくれる可能性』もグンとアップしますよ♪

第2位 子供のようにはしゃぐ

デートの相手が楽しそうだと、彼もやっぱり嬉しいものです。無邪気にはしゃぐ姿を見せてあげましょう。「見て、あれ可愛い」なんてとびきりの笑顔をみせれば、「お前の方が可愛いよ!」と彼に思ってもえるかも。

デートを成功させる一番のコツは、あなた自身が心から楽しむことです。

関連記事:「つれてきてあげて良かったなぁ」と感じるデート中の彼女の反応

第3位 可愛くおねだり

普段おねだりが出来ない女の子には、夏祭りは絶好のチャンスです。

お祭りで売っている食べ物は、大体300円〜600円程度。気軽におねだりしやすい値段なのです。

普段、「あれ、買って〜」が言えない……そんなあなたは、このチャンスに可愛くおねだりして、彼をキュンとさせちゃいましょう☆

関連記事:【男性心理】おねだりされると嬉しい!?3つの理由

第4位 「一口ちょうだい」でドキドキさせる

花火大会って……大体、何か買いますよね。

  • たこ焼き
  • 焼きそば
  • 綿飴
  • チョコバナナ
  • かき氷

……などなど。

彼が食べているものや飲んでいるものを、「一口ちょうだい」と言って、もらっちゃいましょう。シンプルだけど、間接キッスってやっぱりドキドキしてしまうもの。

「野外」の開放的な雰囲気だからこそ、この「一口ちょうだい」も自然と行えるチャンスです。ちなみに、あなたが「一口食べる?」と言って彼に食べさせてあげるのもあり!

第5位 ハンカチ/ティッシュで女子力アピール

ハンカチ、ティッシュはこの日の為に存在すると言っても過言ではないッ!

何か食べたり、トイレに行ったり……。花火大会では99%の確率で必要になります。「あ、ちょっと手が汚れちゃったよ……」なんて彼が困っているとき。「あ、使う?」とさりげなく取り出せば、女子力アピール効果抜群!

ぜひカバンにしこんでおきましょう!

関連記事:ただ持てば、「モテる」んです。モテる女の七つ道具

花火大会で彼をキュンとさせよう!

いかがでしたか?

せっかくの夏、せっかくの花火大会!ぜひ有効活用して、彼との距離を縮めちゃいましょう(^^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆