「彼からもっと愛されたい」とか、「男の人にもっと大切に扱われたい」と思った時。

あなたはどんな行動をしますか?

実はこんなとき、「どうして愛してくれないの!?」と周りの男性に対して怒りをぶつけても無意味。

なぜかというと、自分が男性から大切にされないのは、男性のせいではないからです。

……というと、ちょっとグサッと来ますよね。私もそうでした。でも、はっきり言います。男性から大切に扱われないのなら、見直すべきは『自分への扱い』です。

……が!!!

ただ、自分への扱いを変えるだけでは実はダメ。その根底にある『自己認識』を変えることが大切なのです。

今回はそのことを詳しく解説します。

人生は『自分が思っている通り』になる

以前、私たちの現実には『自己認識』が大きく影響しているとお話ししました。

極端に言えば、「自分は愛される」と思っている人の人生は素晴らしいものになるし、「自分は愛されない」と思っている人はその通りに人生が展開してしまうのです。

「そんなバカな……」と思うかもしれませんが、『自分の現実=自己認識の投影』と考えると、納得できる部分も多いはず。

男性に大切にされない理由

では、「男性から大切にされない」とか「雑に扱われる」と思っている女性はどうか。

簡単に言うとそうした状況に悩んでいる女性は、「自分は大切にされる価値がない」と思ってしまっているのです。

……はい、納得いきませんよね。私もそうでした。

「だって、私はもっと大切にされたいと思っている。私は自分はもっと大切にされるべき存在だと思っている。けど周りの人がそう扱ってくれない」……こんな風に思っていました。

実は、ここがミソなのです。

『自己認識』の『自己』とは、容姿や能力などのステイタスのことを言うのではありません。

『自分』とは、簡単に言うと自分の『心』のこと。

『100パーセントナチュラルな、生まれたままの自分』自身をどんな存在として認識しているか。

それが今の自分が持っている自己認識です。

「自分には価値があると思っているけど、周りはそんな風に自分を扱ってくれない」と思っている人の多くは、「自分は仕事ができるから価値がある」とか「自分は空気が読めるから価値がある」など、能力などの『条件ありき』で自分を判断している場合が多いのです。

  • 空気が読める自分は良い/空気が読めない自分はダメ
  • 仕事ができる自分は良い/仕事ができない自分はダメ
  • おしゃれな自分は良い/おしゃれしない自分はダメ
  • 料理ができる自分は良い/料理をしない自分はダメ

こんな感じですね。

自分は『何かができる』から価値があると思っている。逆に言えば、自分にもしそれがなくなったら自分には価値がないと思っている。

これは実は、『自分の価値を認めていない状態』なのです。

何もできない自分でも素晴らしい

「自分を認める」というのは、『100パーセントナチュラルな生まれたままの自分』……『何もしない自分』のことも、素晴らしい存在なのだと認めること。

簡単に言うなら、自分のダメな部分も許してしまう、ということです。

自分は何もしなくても、何もできなくても、むしろ人に迷惑をかけていても、それでも価値がある。

自分の価値は例え何があろうと左右されない。

こんな風に、『100パーセントナチュラルな生まれたままの自分(何もしない自分)』への認識を変えることが、自己認識を変えること。そしてそれが自分の現実を変えることでもあるのです。

自分への扱いは実はあんまり関係ない

「他人から大切にされたければ自分を大切にする」

こんな言葉を聞いたことがある人は多いと思います。というか私自身もブログでこんな風に紹介することがあります。

でもこれは、

  • 自分にお金をかけること
  • 自分を褒めること
  • 自分を優先すること
  • わがままを言うこと

とか、そういう行為が現実を変える、という訳ではないのです。

『自分への扱い』を変えることがなぜ大切なのかというと、これをすると今の自分が持っている『自己認識』が変えられるから。だからこうした行動(自分を愛すること)は、現実を変えるために効果的なのです。

自分にお金をかけると、「私はお金をかけられて(使って)良い存在だ」と感じることができる。自分を褒めると「私は素晴らしい人間だ」と感じることができる。自己認識を高く持つことができる。

だから、『自分を愛する行動』は大切です。

でも、もしも「誰かから大切にされたいから、自分を大切にする!」という気持ちでこうした行動をしていたら、実は逆効果になる場合もあります。

「私は大切にされない存在だ!だからこの現実を変えるために自分にお金を使う!欲しかったバッグを買う!」

……この行動はそもそも「私は大切にされない存在だ」というのが前提にあるし、この行動を通して感じられるものも、「自分には価値がある」という喜びや幸せではなく、『今の現実への不満』ですよね。

これでは、いくら繰り返しても自己認識は上がりません。だから、現実も変わりません。

……なんとなく心あたりのある人って、意外と多いのではないでしょうか?

私自身がそうだったのですが、これって『引き寄せ』とかスピリチュアル系の考え方が好きな人には多いんじゃないかなーと。

まとめ

自分は大切にされる存在じゃないから、自分を大切にするのか。

それとも自分は大切にされる存在だから、自分を大切にするのか。

やっていることは同じでも、そもそもの自己認識が真逆ですよね。すると、現実も真逆になります。

誰かから大切にされたいと思ったときには、人にそれを求めるのではなく、自分への行動を変えるのでもなく、『自分への認識』を変える必要があるのです。

そしてここでいう『自分』とは、『何もしない自分』のこと。

「男性からもっと大切にされたい!」と感じたときには、ぜひ今回紹介したことを思い出してみてくださいね。

【スポンサーリンク】