ミラーリングの恋愛効果とは?好きな人と効果的に距離を縮めよう!

ミラーリングとは?

親しい友人との食事中。

相手がお茶を飲んだら、ついつい自分もお茶を飲んでしまう……。

そんな経験をしたことがないでしょうか?

実はこれは心理用語で『ミラーリング』や『同調行動』と呼ばれているもの。

親しい友達同士の間ではよく見られる現象です。

今回はこのミラーリングを利用して、好きな人と距離を縮める方法を解説しますね。

親近感を抱かせる心理効果がある

友人と一緒のときにしてしまう!?

ミラーリングは、親しい友人と一緒のときなどには自然と見られる行動です。

親しい友人同士が食事をする時などは、お茶を飲むペースや食べ物を食べるタイミングが一致しやすいですよね。

これは、無意識に相手の行動を真似しているから。

鏡に映しているかのような行動

無意識に相手の真似をしてしまう行動を、ミラーリングと言います。

では、人はなぜミラーリングをするのでしょうか?

その理由は、相手に「自分は味方だ」と印象付けることです。

ミラーリングには、親近感や仲間意識を感じさせる効果があります。

同じ行動をすることで、こうした効果が生まれるのです。

親しくない相手の場合はズレる!

ミラーリングは親しい友人の間ではよくみられるもの。

しかし、お互いに相手に無関心の場合はこうしたミラーリングは見られません。

相手に「味方だ」と思われようが思われなかろうが、どちらでも良いと思っているからです。

真似をするだけで心理的な距離が縮まる

相手の仕草に合わせる効果

ミラーリングをすることで、相手と心理的な距離を縮めることができます。

ミラーリングのやり方は簡単!

  • 相手の仕草を真似る
  • 相手とペースを合わせる
  • 相手と同じ行動をする

これだけです。

ミラーリングで「仲間」と認識させる

相手が飲み物を飲んだら自分も飲む。

相手が髪を触ったら自分も触る。

こんな風に、普段無意識にしている『ミラーリング』を意識的に行うのです。

すると、相手に「仲間」なのだと感じてもらえます。

バレると逆効果になるので注意

相手の行動を真似

「わざと」とバレないように!

ミラーリングは効果的な心理テクニックですが、やりすぎには注意しましょう。

ミラーリングを不自然に繰り返していると、「なんで真似してるの?」と警戒心を抱かれてしまい、逆効果になってしまうからです。

「少ないかな?」と思うくらいでOK!

「ちょっと少ないかな?」と思うくらい、さりげなく。

相手に意識されないように行うのが、ミラーリングを活用するポイントです。

共通点を探すことも同様の効果がある

共通点

「同じ」は親近感を抱かせる

相手との共通点を見つけることでも、ミラーリングと同様の効果が得られます。

  • 地元が同じ
  • 入っていた部活が同じ
  • 兄弟構成が同じ

こうした共通点も、多ければそれだけ相手に対して親近感や仲間意識を感じさせます。

会話の中では、相手との共通点を積極的に探していきましょう。

共感も同じ効果がある

また、相手の言葉に『共感』するのもおすすめです。

  • 「分かる」
  • 「そうだよね」

こんな風に同意を示すと、相手はあなたに対して「この人は自分と同じ考え方だ」と思い好意を抱きます。

ミラーリングで距離を縮める方法まとめ

ミラーリングで距離を縮める方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

ミラーリングは意識しなくても自然と行っている行動ですが、

「この人と仲良くなりたい!』と感じる相手がいるとき活用すれば、効果的に距離を縮められます。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたに素敵な彼氏ができますように……☆