お祭りデートは何が必要?

夏〜秋にかけてのお祭り。

大好きな彼と一緒に行けば、楽しさも倍増ですよね。

今回は『お祭りデートを成功させるために大切な5つの準備』を紹介します。

  • お祭りに行くけどどんな準備をしたらいいの!?
  • お祭りデートの心構えってを知りたい

そんなあなたにおすすめです。


お祭りデートでありがちな失敗って?

  • 人ごみで逸れてしまい連絡がつかなくなる
  • 屋台の食べ物で服を汚してしまう
  • 慣れない服や靴で疲れてしまう
  • 意外と早く見終わってしまい行くあてがない

異性とのお祭りデートを成功させるには、これらの『失敗の種』を無くしつつ、お互いの満足度を高めること。

そして相手をキュンとさせることが大切です。

では、そのためには何が必要なのでしょうか?

【1】事前にある程度プランを練っておく

  • 昨年の混雑状況を調べておく
  • どのくらいでお祭りを見終わるか計算しておく
  • お祭り後にどこに行くか考えておく
  • 会場からの移動手段を考えておく

お祭りに行く時には、事前にこれらを調べておきましょう。

「こうなった場合にはこうする」など、ある程度プランを練っておけば、予想外の出来事に直面しても安心して行動できます。

【2】逸れた場合の対策を考えておく

  • 人ごみで携帯が繋がらない
  • スマホの充電が切れてしまった
  • 人が多すぎて電話に出れない

こうした不測の事態も起こり得ます。

なるべく別行動は控え、逸れた場合の集合場所を決めるなどしておくと安心です。

【3】ティッシュ・ハンカチは忘れずに持っていく

屋台でものを食べると、どうしても手が汚れます。

ティッシュとハンカチは忘れずに持って行きましょう。ウェットティッシュがあれば尚よし!

また、お祭りのトイレは紙が無くなっていたりするもの。

水に流せるものを持っておけば完璧です。

【4】店や宿の予約をしておく

「当日、適当に探せばいっか」と考えていると、どこも人で埋まっていて行く場所がない……なんてことになりがち。

もしもお祭りのあと、宿泊や食事を考えているのなら事前に予約をしておくのがベターです。

【OZmall】でおしゃれな宿・レストランをチェックする

【5】当日の服を事前に試着しておく

「お祭りの日に、慣れない浴衣をきて着崩れたり、靴づれをしてあまり楽しめなかった……」

こんな経験をしてことのある女性って、多いんです。

浴衣や下駄はあらかじめ試着をして、動きやすやをチェックしておきましょう。

いざという時のために、折りたたみのパンプスを持っておくのもおすすめ。足の痛みを気にせず彼とのデートが楽しめます。

男性は女性が歩き疲れないよう、こまめに休憩を設けてあげられればベスト!

お祭りデートで異性との距離を縮めよう

いかがでしたか?

ちょっとした準備で、当日のトラブルを防ぎ思う存分デートを楽しむことができます。

お祭りデートの前にはぜひ参考にしてみてください(^^)

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

花火大会デートで付き合う前の男性をキュンとさせる方法7つ

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆