こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、著者の『引き寄せの法則体験談』をお話しします。「引き寄せを使って夢や願いを叶えたい!」と考えている人におすすめです。

引き寄せの法則ができないのはどうして!?

前回の記事を読む:妄想はあり?なし?引き寄せの法則で正しく願いをオーダーする方法

今でこそ『引き寄せの法則』を活用して夢や願いをどんどん引き寄せられていますが、実は私は10年以上『引き寄せの法則』ができませんでした。

この記事ではその10の理由と、解決方法を紹介します。

「これまでに引き寄せをしたことがあるけれど成果が出なかった」という人は、ぜひチェックしてみてください!

【1】続けていない

やっているつもりでも、意外とできていないことって多いもの。引き寄せの法則も例外ではありません。

本を読んだだけでは引き寄せられない

ダイエットなどでも言えるのですが、本を買ったり読んだだけで、人はなんとなくもうそれが出来たような気持ちになってしまうもの。

しかし日常生活が『これまで通り』では、現実に変化は現れません。

やりかたを知ったら、毎日の中で実践していくこと。それを習慣にしていくことが大切です。

定期的に読み返す!

最初の3日はやる気にも溢れているけれど。時間が立つにつれてだんだんその気持ちを忘れてしまうもの。

人はこれまでの習慣に流されてしまうからです。

特に初めのうちは定期的にそのメソッドを読み返すなどして、『忘れない工夫』をしましょう。

【2】「引き寄せられない!」と思っている

  • 「結果がでない」
  • 「上手くいかない」

こうした「引き寄せができない」という気持ちも引き寄せの妨げになります。

見えないけれどちゃんと変化している

望む結果が出ないうちは、人は「何も変わっていない」と思いがち。

でも、現実は目に見えない部分でちゃんと変化しています。

明日何があるかは誰にも分からない

それは螺旋階段をぐるぐる登っているようなもの。同じ景色が続いているように見えるけれど、それでも着実に望みに近づいています。

でも、分からないからこそ人は『あと一歩』のところで諦めたり、「やっぱり無理だ」と疑ってしまう。せっかく登った階段を自分で降りてしまうのです。

「引き寄せできない」はネガティブなエネルギー

「まだ叶わない」「まだできない」……こんな風に不満を感じているとい、放たれているのはネガティブなエネルギー。

「できない」に意識を向けるのは、引き寄せ的に逆効果。上手くいかないと思ったときこそ、「大丈夫だ!」と意識を変えていくことが大切なのです。

【3】信じきっていない

自分はそれを手に入れられると疑わないこと。信じきること。それも望む現実を引き寄せるためには大切です。

疑っているとどうなるか?

「本当に手に入るのかな」

こんな風に考えているときに出ているのは、不安などのネガティブな波長。『望む現実』を引き寄せるそれとは異なります。

焦りや不安を手放そう

「大丈夫」と信じて安心すること。不安や焦りを手放すこと。

そうすることで、夢や願いは叶いやすくなります。それを妨げるものがなくなるからです。

【4】ネガティブなものに意識を向けている

望む現実を引き寄せるには、『望まない現実』を引き寄せるのをやめる必要があります。具体的に確認していきましょう。

現状への不満

「こんな毎日はいやだ!」と現状に不満を抱いている場合。

そのエネルギーがますます『不満な現実』を引き寄せてしまいます。

意識を向けるものを変えよう

  • 「お金がない」と嘆くのをやめて、今日を健康に過ごせることを喜ぶ
  • 「彼氏がいない」と不満に思うのをやめて、自由に恋愛が楽しめることに感謝すr
  • 「自分はデブだ」と悲しむのをやめて、「肌が綺麗だな」など自分を褒めてみる

こんな風に、現実の中で『意識を向けるもの』を変えていくことが大切です。こうすることで波長が変わり、望む現実も変わります。

【5】自分でなんとかしようとしている

「夢や願いを叶えるために頑張らなくちゃ。努力しなくちゃ」

こうした思いが、逆に引き寄せを妨げているかもしれません。

なんとかしようとする理由は?

「頑張らなくちゃ」と思う時。その根底には「今のままじゃそれは手に入らない」という自信のなさや不安が隠れています。

その不安を解消しない限り、「頑張るけどなかなか上手くいかない」という状況から抜け出すことはできません。

『不安』が『不安な現実』を引き寄せ続けるからです。

必ず上手くいくと信じる

変えるべきは現実ではなく、自分の気持ちや思考。自分の波長です。

自分は必ずそれを手に入れられる。そう信じて、現実を変えようとするのではなく、自分が「楽しい」「嬉しい」と感じる時間を大切にしてみてください。

「やらなきゃいけないこと」ではなく「心からやりたいと思うこと」を優先するのです。

【6】自分を変えなきゃいけないと思っている

「今の自分ではダメだ」という気持ちも引き寄せを妨げます。それはなぜなのでしょうか?

「受け取れない」と思っている場合

  • 「その夢を叶えるには、○○をしないといけない」
  • 「自分はもっと××にならないとダメだ」

こうした気持ちがあると、夢や願いはなかなか叶いません。

「足りない」という気持ち

これらの根底にあるのは、自分には何かが「足りていない」という不満の気持ち。

  • お金がない
  • お金を手に入れる才能がない
  • 可愛くない
  • 愛される要素がない

などなど、自分への不満があると「変わらなきゃいけない」「頑張らないといけない」という思いに繋がってしまいます。

「今のままで良い」と許可しよう

自分が「足りない」と感じている部分は、角度を変えてみれば愛されポイント。できないことがない人より、ある人の方が人間味があって魅力的です。

完璧を目指すのではなく、足りないままの今の自分を許してしまいましょう。

「足りない」ではなく「愛されポイントがあった」と自分の短所を捉え直す。すると気持ちが変わります。

【7】「欲しい」と思っている

何かを引き寄せようとするときのありがちな失敗は、「○○が欲しい」と願ってしまうこと。それがNGな理由を紹介します。

「欲しい」は「欲しい」を引き寄せる

引き寄せられるのは、今の自分が放った波長に同調する現実です。

「幸せだな」と感じれば幸せな現実が。「欲しいな」と感じれば「欲しい」と感じる現実が引き寄せられます。

「欲しい」は「足りない」

欲しいという言葉を言う時、そこには「今の自分にはこれが足りない」という不満なエネルギーがこもってしまいがち。

そうではなく「これが好き!」「自分にはこれがピッタリ!」など、ただただポジティブな気持ちを感じられるような言葉を選ぶのがおすすめです。

【8】自分の本音を隠している

あなたは自分の『本音』を知っていますか?

本当の自分を許していない

本当は「人から愛されたい」と思っているけど、そんな風に思う自分を許せない。「自分は強い。だから成功したい」と思っている。

こんな場合には、なかなか望む現実は手に入りません。

なぜなら、自分が本当に求めているのは成功ではなく人から愛されることだからです。

本音と違う望み

自分の本音と違う望みも、叶えることはできます。しかしそれを叶えてもどこか満たされない気持ちが消えず、その気持ちが予想外のトラブルなどを引き寄せてしまいがち。

「幸せになりたい」と思うなら、自分が本当に求めていることを知ること。そしてその本音を受け入れることが大切です。

【9】心を感じていない

『心を感じること』がなぜ重要なのでしょうか?その理由を解説します。

波長は『心』で感じられる

現実を引き寄せるのは自分の波長(波動)です。波長とは自分の中にあるエネルギー。思考や感情もその一部です。

それが良いものかどうかを知る唯一の方法は、『心』を感じることです。

心が感じているもの=波長

心が心地よいか、それとも心地よくないか。「ウキウキ」「ワクワク」といった楽しい気持ちか。あるいは「モヤモヤ」「イライラ」などの深いな気持ちか。

波長はそれに同調する現実を引き寄せます。だからこそ、しっかりそれを感じて調整していくことが大切。

心を感じないで引き寄せをしようとするのは、目を閉じたまま車を運転しようとするのと同じです。

【10】結果にこだわっている

「どうしても欲しい!」と思うものこそなぜだかなかなか手に入らないもの。それにも理由がありました。

執着は「足りない」という気持ち

「好き」という気持ちが強いと、どうしてもそれが欲しくなってしまうもの。それが早く欲しいし、それが手元にない今の現実に不満を抱いてしまいがちです。

しかしそうして「足りない」という気持ちが強まれば、それだけ望みは叶いにくくなってしまいます。

「大好き」「幸せ」だけでいい

繰り返しになりますが、何かを望むときには「欲しい」ではなく「大好き」「幸せ」などの言葉を使うことが大切。その方が「足りない」に意識が向きにくいからです。

「好き」の気持ちが大きいと執着(「足りない」という気持ち)も生まれがちですが、しかしそれは裏を返せばそれだけの大きなエネルギーを持っているということ。

上手にコントロールして、引き寄せを加速させましょう!

バランスよく行おう!

いかがでしたか?

引き寄せをするときには、『望む現実を引き寄せること』と『望まない現実を引き寄せないこと』の2つが大切です。

そして望まない現実を引き寄せないためには、自分を肯定し、焦りや不安を手放していくことが必要。

私はこの辺りでつまづいてなかなか引き寄せができなかったのですが、コツを掴んでからはどんどん『引き寄せ』ができるようになりました。

「引き寄せたいのに上手くいかない!」と思ったときは、ぜひ今回紹介したことを意識してみてくださいね。

次の記事を読む:『引き寄せの法則』で夢や願いが叶う時の特徴

【スポンサーリンク】