こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、『彼氏いない歴=年齢』だった著者に彼氏ができるまでの体験談を紹介します。「彼氏を作る方法が知りたい」という女性におすすめです。

目から鱗な事実

前回の記事を読む:「私には無理」の言い訳をやめると見えてくる真実

生まれて初めて『恋愛』について学んでみて気づいたのは、「私は恋愛のことも異性のことも、何も知らなかったんだな」ということ。

これまでの自分は、勝手に「私には無理」と決め付けて、モテる方法を知ろうともせず、ただ「どうしようどうしよう」と焦っていただけだったのです。

今回は、恋愛について学んだ結果分かった、『モテない女が知らない5つの事実』を紹介します。

【1】男の「可愛い」は女が思う「可愛い」と違う

あなたの周りに「どうしてあの子がモテるんだろう?」という女の子はいませんか?その子は『男の可愛い』に当てはまっているのです。

美人がモテると思っていた

私はこれまで、顔が可愛くてスタイルが良い女の子がモテると思っていました。でも世の中には顔やスタイルは『そこそこ』でもものすごくモテる女の子もいるし、逆に痩せていて可愛いのに『彼氏いない歴=年齢』なんて女性もいます。

これって、考えてみれば不思議ですよね。

その理由は男性が思う可愛いと、女性が思う可愛いが違うからです。

男の「可愛い」はこれ

男性は、女性らしさや色気がある女の子を「可愛い」と感じます。

女性も『雰囲気イケメン』に弱いように、男性も必ずしもパーツが良い女の子に惹かれる訳ではないのです。

雰囲気美人はモテる

顔やスタイルはそこそこでも『雰囲気美女』はモテます。逆に言えば、モテるためには『雰囲気美人』になれれば実は充分なのです。

  • 女性らしい柔らかさや色気の出る服を着る
  • 髪を巻いてふんわりとした印象を作る
  • メイクで血色感を出す

こうしたちょっとしたことで、男性への印象は大きく変わり、一気に『モテる女』に変身できるのです。

【2】モテるのは簡単

「モテるのは特別な女の子だけ」……こんな風に思っている女の子は多いと思います。でも、実はモテるのって全然難しくないのです。

キュンとさせたもの勝ち

誰かを好きになるのは、その人の素敵な一面を見るからですよね。

つまり、男性をキュンとさせることができれば恋も生まれるし、それができなければいくら一緒にいても恋は生まれません。

男をキュンとさせる方法がある

男性がキュンとするのはこんな瞬間です。

  • 女性の弱さをみて「守ってあげたい」と感じたとき
  • 可愛く甘えられたり頼られたとき
  • 色気や隙を感じて「俺のものにしたい」と思ったとき

モテるのは、男性にこんな風に感じさせる女の子なのです。そしてそれは、恋愛テクニックを学べば簡単にできることでもあるのです。

「モテるのは難しい」は誤解だった

それまで私は、「異性にモテるにはダイエットをしてスタイル抜群になって、顔ももっと可愛くなって、内面もたくさん磨かないといけない」と思っていました。

もちろん、それは間違いではありません。それらをすればたしかに魅力的な女性になれるでしょう。

……でも、そんなことをしなくても。ただ一言、男性に「手伝って」とお願いすれば、男性から「可愛い」と思ってもらうことは可能なのです。

【3】完璧な女である必要はない

男性から好かれるために、完璧な女性になる必要はありません。むしろ完璧じゃないからこそ愛されるのです。

できない女性は可愛い

外見も性格も、完璧を目指してしまう女性は多いけれど。男性が可愛いと思うのはむしろ、女性の完璧ではない部分。

  • 弱さ
  • わがままさ
  • 子供っぽさ

こうした部分に隙を感じて、「可愛い」と思う男性は多いです。完璧な女になる必要はそもそもないのです。

モテる女は自分を出している

モテる女性とモテない女性の大きな違いに、本当の自分を出せるか出せないか、というのもあります。

モテない女性は「完璧になろう」と頑張ってイイ女を演じてしまい、結果として男性に「可愛くない」「一緒にいても楽しくない」などと思われてしまうのです。

モテる女性は自分を隠さずに出すので、男性も「守ってあげたい」「一緒にいて楽しい」と感じ、結果として恋も上手く進みます。

【4】「男心」は女には分からない

『男心』とか『男のプライド』とか。『彼氏いない歴=年齢』の当時の私には、全くの未知の世界でした。

男心って何?

男心と女心。言葉ではよく聞くけれど、その違いって良く分からないですよね。

「男も女も同じじゃないの?」

私はこんな風に思っていました。

全然違った!

でも、『男』としての生き方は、女性のそれとはやはり違うもの。

  • 女性や子供を守りたい
  • 強くてたくましく在りたい
  • かっこいい男だと思われたい

男性はこうした気持ちを抱いているものなのです。

男心を知っている女性はモテる

だからこそ、男性は自分に守られてくれる弱い女性が好きです。なぜなら、そんな女性といる方が自分の価値を感じられるから。

逆に、「あなたのことは必要ない」と感じさせる、強くて完璧でなんでも一人でできてしまう女性はちょっと苦手。なぜなら、一緒にいると「自分は無価値だな……」と感じてしまうからです。

【5】「好き」は伝えないと進まない

「彼のことが好きって、絶対にバレちゃダメ」

私は好きな人に対して、こんな風に思っていました。でも実はこれは逆だったのです。

好意は伝えて良い

いきなり「私を好きになって」と迫ったら重いけれど。でも、「あなたのことをイイなと思っていると♪」と好意を匂わせることは大切。

なぜって、それをしないと男性も「この子と仲良くなろう」とは思わないからです。

「嫌われている」と思われちゃう!?

好意をひた隠しにして『塩対応』ばかりしていると。相手の男性には「あの子は俺には興味がないんだな」と感じます。

すると、あまり話しかけようとは思いませんよね。だって迷惑だから。

『自分に好意(興味)がない人』に、人は消極的になってしまうのです。

好かれると嬉しい

自分に興味を示されると人は嬉しいもの。

「もしかして俺のことが好きなのかも!?」とドキドキすることもあります。

好意のサインを相手に伝えるのは、実は大切なことなのです。

恋愛について学んで思ったこと

モテる方法を学ぶうちに気づいたことがあります。

意外とみんな持っている

  • モテる女の子に「どうしたらモテるの?」と尋ねる
  • 恋愛書籍を読みまくる
  • モテる女の子の外見を真似する

ひたすらこうしたことを繰り返して、モテる方法を学んだ結果。

世の中の女性は意外と自分なりの『モテテクニック』を持っているということがわかりました。

恥を忍んで清水の舞台から飛び降りるような気持ちで「モテる方法を教えて!」と頼む私に、「これをやると男はオトせるよ」と楽しげに教えてくれる女の子はとても多かったのです。

純情っぽいあの子も!?

衝撃だったのは、「あの子はそんな駆け引きなんてしなそうだよな〜」と思うような純情っぽい女の子が、実は百戦錬磨の恋愛テクニックの持ち主だったと知った時。

「モテる方法を学ぶなんてモテない女っぽくて恥ずかしい」と思っていたけれど。「モテる方法って、知っていてもいいんだなぁ」と思えた出来事でした。

勝てる訳がなかった!

これまで、モテる女とモテない女の違いは外見だけだと思っていた私ですが、恋愛について学べば学ぶほど、それは大きな間違いだったと知りました。

これはプロ野球選手の中にバットの振り方も、野球のルールも知らない初心者が飛び込むようなものです。

同じフィールドに立って、勝てる訳がないのです(笑)

こんなことになりがち

恋愛経験が少なくモテない女性は、「男性の可愛い」とは違う方向のファッションでデートに望んでしまったり。男性を喜ばせようと思って言ってセリフで男心を傷つけてしまって、いつも恋が上手く行かなくなってしまいます。

一方の『モテる女たち』は男心を知っているので、男性を喜ばせ、お互いに楽しい時間を過ごせます。

モテる女がモテるのも、モテない女性がモテないのも必然だったのです。

次の記事に続きます。

男性から『女』として見てもらうための外見作り

【スポンサーリンク】