こんにちは、愛丸さくらです。この記事は『彼氏いない歴=年齢』を半年で卒業した著者が、その期間に行ったイメチェンをまとめています。「彼氏が欲しい」と思っている女性必見!

基本の身だしなみを整える

私はずっと「太っていること」がコンプレックスでした。そしてそれを言い訳に自分と向き合うことから逃げていました。

具体的に言うなら、「太っているから何をやっても無駄」と美容院に行くことすらしていなかったのです。本気で彼氏を作ろうと思ったとき。まずはこうした基本的な部分を変えることにしました。

美容院に行く

それまでは長く伸ばした髪を適当に結んでいたため、「美容院なんて1年に1回いけばいいや」と思っていました。

でも行って思うのは、美容院は行くだけで美意識が高まる、ということ。ピカピカに磨かれた鏡に映る自分を見て、おしゃれな美容師さんに囲まれるだけでも「もっと綺麗になろう」という気力が湧いてきます。

朝メイクをする

「目やにがついてなければいいや!」……そんな気持ちで、ほぼすっぴんで外出していましたが、やめました。

  • スキンケアをする
  • 眉毛をちゃんと書く
  • 髪をドライヤーやアイロンで整える

たったこれだけのことですが、やると1.5倍キラキラした人に見えます。

ポイント

自分的には「まぁいいか」と思うポイントも、意外と人からは見られているもの。これらを整えると「ちゃんとした人」という印象になります。

逆にアイメイクやリップメイクは控えめでもOK。普段メイクで大切なのは目や口を強調することではなく、『寝起きのモッサリ感』をなくし『きちんと感』を出すことです。

爪の手入れをする

気が向いたらマニキュアを塗って、剥げかけていても気にしない……。そんな残念な爪先では、男性もキュンとしません。

これも大切なのは『華やかさ』ではなく、『きちんと感』です。

  • 長さを整える(あまり長すぎない方が男ウケは良い)
  • 表面を整える(爪磨きで整えるか、淡い色のマニキュアを塗る)

こうしてきちんと手入れをしていると、「自分を大切にしている」という印象になり、男性からも大切にされます。

手荒れを治す

家事をしているとどうしても手は荒れてしまいがちですが、放置せずにきちんとケアをしましょう。

ハンドクリームを持ち歩くと、ケアもできるしいい匂いもするし、女子力もアピールできてお得です。

ボロボロのものを捨てる/手入れする

  • 持ち手がボロボロになったバッグ
  • かかとが磨り減った靴
  • 薄汚れた化粧ポーチ

これらは思い切って捨てるか、修理に出しました。ものを大切にするのは良いのですが、汚いものやボロボロのものをそのまま持ちつづけているのは印象ダウン!

口臭ケアをする

素敵な異性と急接近する機会があっても。口が臭くて惹かれてしまっては、末代までの恥!

そう考えて、歯ブラシを持ち歩くことにしました。ガムやブレスケアでも良いのですが、磨くのが一番だなと感じています。

鼻毛・ヒゲを処理する

「めんどうだし、いっか……」

そんな気持ちから、基本的に放置だった鼻毛とヒゲ。もちろん、鼻から飛び出ているのに気づいたときなどは早急に処理していましが、でもそれでは遅いのです。

自分が気づくまえに、イケメンに「こいつ、鼻毛出てるよ」と思われていた可能性もあります。鼻毛・ヒゲもこまめにお手入れしましょう。

より魅力的な女性になる

姿勢を正す

ふとした瞬間に鏡に映った自分を見たら、出っ尻のおばさん体型!

  • 下っ腹に力を入れる
  • 背筋を伸ばす
  • 骨盤をまっすぐにする

これらを意識すると、パッと見で美しい女性になれます。

言葉遣いに気をつける

  • ギャハハ!と口を大きく開けて手を叩いて笑う
  • 「てめーふざけんなよ!」などと言う

絶世の美少女がこれらをしていたら『ギャップ』かもしれないけれど。私はそうではないので、言葉遣いも治直すことにしました。

手の指を閉じる

これ、意識すると見た目がかなり変わります!

人差し指から小指までの4本の指を揃える。『パー』ではなく、『握手の手』にする。

ちょっとしたことですが、女性らしい印象になるのでおすすめです。

口角をあげる

口角って、上がっている人は生まれつき上がっているのだと思っていました。

でも、あげようと思えばあげられるんですよね。そして『へ』の口でいるよりも、口角をあげていた方が断然可愛いです。

最初のうちはぽっぺの肉が邪魔をしてくるかもしれませんが、続けているうちにほほもシュッとしてきます。

女性らしい服を着る

正直、一番効果があったなーと感じるのがこれです。

女性らしい服を着ると、レストランやカフェなどでも女性らしく扱ってもらえるような気がしました。

服を変えると自分の意識も変わるからかもしれません。

色気を出す

ツヤを出す

色気……私には無縁の言葉だと思っていましたが、「本気で彼氏を作る!」と決めていたので思い切ってチャレンジしました。

そのために一番簡単なのは、ツヤ(濡れてる感)を出すこと。

  • 髪にオイルをつけてウエット感を出す
  • デコルテにクリームを塗る
  • 唇にグロスをつける

塗るだけなので、とても簡単です。

血色を出す

色気を出すには、『赤み』を加えるのも効果的。

  • 赤いリップをつける
  • チーク(できればクリーム)をつける
  • 暖色系の服を着る

これだけで、一気にホットな女の子になれます。

曲線を作る

曲線は女性らしさを感じさせます。

  • 腰のくびれを出す
  • 髪を巻く
  • ふんわりとした服を着る

逆に、直線的な服(足のラインが出ないデニムなど)は避けると色気が出やすくなります。

「守ってあげたい!」と思わせる

華奢さを出す

  • 肩を後ろに引いてグッと下げる
  • 顎を引く
  • ヒールの細い靴を履く
  • 足首などの細い部分を出す

これらは男性の「守ってあげたい」という心を刺激します。

隙を作る

  • 髪はきっちりさせすぎずおくれ毛を出す
  • 服もきっちり固めすぎずどこかで崩す
  • メイクもバッチリにしすぎない

「男ウケをよくしよう!」と思うと、ついついなんでも『バッチリ』にしてしまいがち。しかし完璧すぎると、男性は「近寄りにくい」と感じます。

あえて隙を作って『話しかけたくなる女性』になりましょう!

いつでも脱げる女である

ボロい下着を買い換える

もし今日素敵な異性と出会って、運命的な恋に落ちたら……。

あなたはそのままベッドに直行できるでしょうか?

私は「絶対無理!」でした。

下着はタグの文字が読めなくなったら買い替えどきなのだそうですよ。ちなみに私は買い換えるついでに勝負下着も2〜3枚用意しました。

脱毛する

「彼氏ができたら脱毛しよう」と思っていましたが、先に脱毛することにしました。

背中など自分で処理しにくい場所も脱毛したい場合には全身脱毛がおすすめ。足や腕などの部分的な脱毛をしたい場合、家庭用脱毛機を視野にいれても良いと思います。

一気にやってしまうのがおすすめ

「明日やろう」は「ばかやろう」

「めんどくさいし、明日でいっか……」そんな気持ちから後回しにする習慣があった私ですが、そんなときはこの言葉を思い出しています。

だって、もしかしたら今日このあと素敵な異性と出会うかもしれない。

それなのにできることをしていなかったら、確かに「私のばかやろう!」と思いますよね。

やると良さがわかる

普段やっていないことは、いざやってみるまでは「別にこんなことしなくてもいいんじゃない?」と思いがち。

でもそれは、これまでの自分の習慣でものを見ているからです。

『彼氏ができない女』から『彼氏ができる女』に変わるには、自分の意識を変えていくことが大切。

こうした『イメチェン』をすることでも、意識は変わっていきます。

まずはやってみる。そして続ける。すると、気づいたときにはそれが『普通』になっていきます。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日がますます充実したものでありますように……☆

【スポンサーリンク】