こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、著者が恋人との倦怠期を抜け出した体験談を紹介します。「喧嘩がなくならない」と悩んでいるカップルにおすすめです。

愛情不足は自分で補う!

前回の記事を読む:【倦怠期脱出方法その①】自己否定を解消せよ!

「彼氏からもっと愛されたい」

こんな風に感じている女性は多いと思います。

でもそれは、自分に与えている愛情が少なすぎる可能性大!

詳しく解説していきます。

自分への愛情って?

「自分への愛情」と言われてもピンとこないかもしれません。それは例えばこういったものです。

「愛されている」と感じる瞬間

  • わがままを許された時
  • 何かしてもらえた時
  • 優先してもらえた時
  • 特別なものを与えられた時

こんな瞬間、人は深く満たされます。自分にはそれだけの価値がある。愛されている。そんな風に感じられるからです。

愛されていないと感じるのはこんなとき

  • わがままを拒否されたとき
  • 後回しにされたとき
  • ないがしろにされたとき

こうした行動。人にはしていなくても、自分に対してしてしまっている人は多いです。

自分の行動も受け取っている

『自分が自分にどんな行動をしているか』を意識することって、意外と少ないですよね。

でも、自分はしっかり自分からされたことを覚えています。

雑に扱っていつも蔑ろにしていると、自分は『そうされること』を当然と思ってしまいます。

するとどうなるかというと、『愛情』を受け取れなくなってしまうのです。

自分への愛情が少ないとどうなるの?

自分へ愛情を与えない人は、人から愛情をもらおうとします。なぜならそうしないと心が満たされないからです。

受け取れない

しかし誰かから愛情をもらおうとしても、自分に愛情を与えない人はそれを受け取ることができません。

  • 自分は愛情を受け取るのにふさわしくない
  • 自分より他人を満たすのが先
  • 自分は蔑ろにされなくてはいけない

他の誰でもなく、自分が自分自身にこう覚えこませてしまったからです。

自覚はなくても……

こうした気持ちの根底にあるのは、自分への否定的な気持ちです。

自己否定があると、無意識に『自分に愛情を与えること』を拒んでしまうし、結果的に人からの愛情も受け取れなくなってしまうのです。

自己否定を解消すると変わる

しかし自己否定を解消し自分を許すと、愛情を受け取れるようになります。

というより、『自分を許す』という行為もまた『愛』だからです。

ありのままの自分を許す。そのままの自分を受け入れる。自分のダメな部分も愛でる。

「愛されたい」と思ったときこそ、まずはこれらを意識することが大切です。

自分を愛してみよう

自分を蔑ろにしてきた人は、自分の愛しかたが分からないもの。自分の愛し方を解説します。

たまには自分を優先してみる

「いつも他人ばかり優先してしまう」という人は、自分を優先することにものすごく抵抗があります。

  • 「そんなことをしたら嫌われてしまう」
  • 「自分は我慢しなきゃいけない」

こんな気持ちがあるからです。

でも、時には勇気を出して自分を優先する。「私はこうしたい」と自分の希望を周りに言ってみましょう。

自分にお金と時間を使ってみる

  • レストランで一番良いものを頼んでみる
  • エステでのんびりしてみる
  • 1人旅をしてみる

こんな風に、ただただ自分の心を喜ばせる時間を作ってみましょう。

無理をやめてみる

疲れたときや辛い時。

無理して頑張るのが当たり前になってしませんか?

疲れたら休む。自分に無理をさせない。これも愛情です。

行動も大切

こんな風に行動することで「自分を優先しても良い」「自分にも優先させる価値がある」と意識を変えることができます。

ただ口で言うだけでも効果はありますが、行動する方がより効果的なので、ぜひやってみてください。

自分を『世界一大切な人』として扱おう

自分を愛するコツは、自分自身を『世界一大切な人』として扱うこと。

今の自分にしている行動を、最愛の人にもできるかどうか。

そんな視点で考えると、自分の行動に『愛』があるかないかが判断しやすくなると思います。

次の記事へ続きます:【倦怠期脱出方法その③】現状を望む理由を解消せよ!

【スポンサーリンク】