「彼氏が欲しいのにできない」こんな風に悩んでいる高校生の女の子は大勢います。この記事では、そんな女の子の特徴と彼氏ができない原因を解説します。

高校生で彼氏ができない女の子の特徴7つ

具体的な内容を解説します。

【1】男友達がいない

高校生で彼氏ができない女の子の理由の99%はこれだと思ってください。彼氏ができないと「自分には魅力がないのかな……」と悩んでしまいがちですが、ただ単純に周りに男がいないから彼氏ができない女の子は非常に多いです。彼氏が欲しいなら、男友達を増やして遊びに行く機会を増やすのが一番の方法です。

【2】先輩後輩とのつながりがない

クラスに男友達がいなくても、部活や委員会に参加していればその関係で男子生徒との関わりができます。しかしそれすらもないと、物理的に『男子と関わる機会』が減ってしまい、恋のチャンスもなかなかやって来ません。

【3】地元との繋がりがない

たとえ女子校に進学したとしても、小学生の頃の友人たちと繋がっていると、その関係で男友達を紹介してもらえたりするもの。女子校に通っているのに彼氏がいる女の子にはこのパターンが多いです。しかし地元の友達との繋がりがないと、交友関係は今現在の学校に限定されてしまいます。

【4】塾や予備校に通っていない

同学年の男女が集まる塾にも出会いのチャンスはたくさんあります。毎週同じ曜日に同じメンツが集まるので、「いいな」と思った人とも仲良くなりやすいのです。逆に塾や予備校に通っていない女の子は、それだけ出会いも少なくなってしまいます。

【5】バイトをしていない

同年代だけではなく、大学生などの少し年上の男性と知り合えるのはバイトならでは。バイトも同じ曜日と時間帯に入ることが多いため距離は縮まりやすいです。また、仲の良い職場ならばバイト仲間でイベントを企画したり遊びに行くことも多いので、恋も生まれやすくなります。

【6】学校行事に参加しない

文化祭や体育祭などの学校行事。これも積極的に参加していると自然と男子生徒と関わる機会は増えます。「めんどくさい……」と斜に構えず、思い切り楽しめば予想外のところで素敵な恋を見つけられるかも。

【7】女子校に通っている

女子校に通っている場合、共学に通ってる女の子と比べて出会いのチャンスは激減します。そもそも周りに男子生徒がいないのだから当然です。この場合はすでに彼氏がいる女友達に紹介を頼むなどするのが効果的です。

おわりに

いかがでしたか?高校生でも彼氏がいる女の子もいますが、逆に高校生でも彼氏がいない女の子も大勢います。そんな女の子たちはけして魅力がない訳ではなく、ただ単純に男の子と出会ったり仲良くなる機会がないだけなのです。そしてそうしたチャンスは今度大学に進学し社会人になっていくうちにいくらでもやってきます。だからこそ、彼氏ができないことを気にする必要は全くありません。「最高のタイミングで素敵な恋がやってくる」と信じて、今は今しかできないことを楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】