こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、『彼氏ができる100の方法』の9つ目を紹介します。

意識改革の手順とポイントを確認する

第2章の概要を確認する

(8)自分の心を感じよう

「好き」が分からない女の子の意識

「自分が何を好きで、どんなときに楽しいのかいまいち分からない……」

大人になって周りの人や組織に合わせているうちに、こうした状態になってしまう人は意外と多いです。

そんな女の子は、無意識にこうした気持ちを抱いています。

  • 自分の気持ちを優先してはいけない
  • 好き嫌いではなく義務や使命が大切
  • 自分より他人の希望を聞くべき
  • 頭で考えて行動しなくてはいけない
  • 自分の心は信用してはいけない

心を無視することがいつの間にか習慣になってしまい、自分の気持ちに鈍感になってしまっているのです。

今回は、自分の「好き」という気持ちを感じるワークを紹介します。

ワークの内容

  • 自分が好きなものを10個書き出してみよう
  • それに実際に触れてみよう
  • そのときの「幸せ」という気持ちを感じよう

このワークをする意味

好きなものに触れているときに自分の心がどんな反応を示しているか?

それを改めて確認しつつ、心を感じる練習をしていきます。

「触れる」はなるべく実際に!

「好きなものに触れる」と言っても、『宇宙』や『ライオン』なんかの場合には、実際に触れるのは難しいですよね(笑)

この場合には、なるべくそれを近くで感じられる場所に言ってみましょう!

  • 満点の星空を観れる場所に行く
  • 休日を利用してサファリパークに行く

写真を見るだけではなく、五感を使ってそれを感じられるような体験をしてみてください。

心を感じよう

  • その時の自分の心を感じる
  • 「嬉しい」「可愛い」「楽しい」と声に出す
  • 自然な気持ちに任せて行動する

心を無視することが習慣になっていると、こうした行動から遠ざかってしまいます。なので、ワークのときにはこれらも合わせて意識してみてください。

こんな意識がワークの邪魔をする

でも、どうして心を無視するようになってしまったのでしょうか?

自分の意識を探っていきましょう!

まずは自分の心を感じる

『心を感じている自分』を想像したとき。あなたはどんな風に感じましたか?

  • 最近こんなことをしてないなぁ
  • なんだかムズムズする
  • いいのかな?

こんな風に感じたとしたら、そこには何かしらの『ネガティブな意識』が隠れている可能性が大。じっくり探っていきましょう!

ちなみに、「余裕!いつもやっている!」とこのワークを楽しめた方は、ここから先は飛ばして次のワークに進んでOKです!

なぜそう感じるのか?

「自分の心をしっかり感じるの抵抗がある……」と感じた場合は、その理由を探ってみましょう。

「どうして嫌なの?」と自分に質問をして、その答えを探っていきます。頭で考えるだけではなく、ノートに書き出してみるとやりやすいですよ。

例えばこんな感じ

  • 自分のことが嫌いで信用できないから
  • 頭で考えないと怒られたり嫌われるから
  • 他人を優先しないと孤立してしまうから
  • 心で感じたことは間違っているから
  • 自分を犠牲にしていた方が楽だから

まずは自分の中にあるこうした気持ちに気づくことが大切。

「あぁ、私はこんな風に自分を蔑ろにしていたんだな〜」と知ることが、意識改革の第一歩です。

自分に許可を出そう

自分の意識が分かったら、次はそれを変えていきます。

言葉でリードしながら、そこにある自分への否定的な意識や思い込みを疑い、変更していくのです。

「○○してOK」

  • 自分をもっと信じて良い
  • 直感や感覚は頭で考えたことより信頼できる
  • 自分の心は宝もの
  • 心がGOサインを出していることは正解
  • 自分を大切にするのは大切なこと

こんな風に、自分の思い込みを言葉で変えていきます。

いきなり「〜〜だ!」と思うのが難しければ「〜〜かも?」くらいでも構いません。それでも意識は変化していきます。

とりあえず言ってみる

こんな風に、とりあえず口に出して言ってみる。紙に書いてみる。

それだけでも、これまで抱いていた『ネガティブな思い込み』には風穴が空いています。

すると、そこからこれまでは見えなかった新しい可能性が見えてくるもの。

  • ほんの少し「そうかもな」と思えてくる
  • 実際にそういう事例が見つかる
  • 偶然近くにいた人から同じように言われる

こんな不思議なことが起こり始めます。ぜひ、こうした小さな変化も楽しんでみてください。

意識が変わると、見える世界が変わるのです。

やってみよう

自分の意識が『どの程度の強さ』なのかは、実際に行動してみないと分かりません。

言葉で意識をリードしたら、次は行動して意識を変えていきましょう。

心を感じるとき

「これまではいつも心を無視していた……」なんて場合、いざそれをしようとするとやっぱりソワソワしたり、なんだか居心地の悪い気持ちになってしまうもの。

そうしたら、「なぜ自分はソワソワしているのかな?」と問いかけてみてください。

なんらかの「私なんて〜」が出てくるはずです。

その自分を許そう

  • 自分の心を大切にして良い!
  • 直感や感覚を信じて良い!
  • 気分で行動しても良い!

こんな風に、自分に許可を出していきましょう。

すると不安やモヤモヤは自然と消えていきます。

心を感じる効果

心を感じられるようになると、自然と「幸せ」と感じられる瞬間も増えていきます。

自分が好きなものを選べるようになるからです。

心で選んだものに自信を持つ。そしてそれを楽しむ。

そうした行動は、自分への信頼も強めます。

「これでいい」と決めよう

いかがでしたか?

(9)のワークはこれで終了です。

心がときめく感覚や、ワクワク・ドキドキした気持ちを味わえたなら大成功!

「これで良いんだ!」と自信を持って、この調子でワークを進めていきましょう!

(10)部屋の中を断捨離しよう

目次へ戻る

【スポンサーリンク】