• 気になる人がいるけど話す機会がない
  • 片思い中だけれどなかなか距離が縮まらない
  • 好きな人ともっと仲良くなりたい

あなたもこんな風にお悩みかもしれません。あれこれ頑張っているつもりでも、今ひとつ思うような結果につながらない。それはもしかしたら、努力の方向がちょっとだけズレているからかも!?

今回は、『好きな人と距離を縮める7つの方法』を紹介します。

【1】自分から心を開く

  • 素直な気持ちで接する
  • 嘘偽りない素の自分を見せる

好きな人ができたとき、相手の気を引こうと駆け引きばかりに気を取られてしまってはいませんか?

駆け引きは恋のスパイスですが、スパイスはあくまでスパイス。メインディッシュにはなりません。彼との距離を縮めるには、まずは自分の心をオープンにすることが大切。あなたが心を開けば、それだけ相手も心を開いてくれやすくなるのです。

【2】相手への関心を示す

自分に興味を持ってアレコレ話しかけてくれる人と、自分に全く興味がなさそうで目も合わせてくれない人。あなたは、どちらの人と「友達になれそうだな」と感じますか?

……おそらく、ほとんどの人は前者と答えると思います。人は自分に関心を示してくれる人により良い印象を抱く傾向があるのです。

  • 相手を見かけたら挨拶をする
  • 積極的に話しかける
  • 相手に関する質問をする

これらの動作で、相手への関心を伝えましょう。距離が縮まりやすくなります。

【3】自分の話をする

自分のプライベートを相手に開示するのも、仲良くなるためには効果的。

  • 家族の話
  • 学生時代の話
  • ちょっとした失敗談

など、親しい人にしか話さないような話題を彼にしてみましょう。「信頼してくれているんだな」と感じてもらえます。

【4】笑顔を見せる

笑顔を見せられると、人は無条件に安心します。「この人は自分の敵ではないな」と感じるからです。挨拶をするときや、ちょっとした会話をかわす時。ぜひ、とびきりの笑顔を見せてあげてください。

【5】相手を褒める

人の心は覗くことができません。だからこそ、人は誰しも周りの人に対してある程度の『警戒心』を持っているものです。

相手に警戒を解いてもらうためには、自分が相手の味方であると分かってもらうこと。そのための一番簡単な方法は、相手を褒めることです。それによって、「この人は自分を理解してくれる」と感じてもらえます。

【6】名前や情報をしっかり覚える

人は自分にとって重要ではない人や物事はあまりきちんと覚えられません。だからこそ、自分が話したことを忘れられていると悲しい気持ちになるし、逆にきちんと覚えてくれていると嬉しいのです。

  • 相手の名前の漢字
  • 出身地
  • 趣味や特技

相手が話てくれたことは、きちんと覚えておくようにしましょう。日記などにメモしておくのもおすすめです。

【7】ちょっと毒のある一面を見せる

いつもニコニコしている人に対して、「いい人そうだな」と思うと同時に「もしかしたら裏があるかも……」と疑った経験がある人は多いのではないでしょうか?

『いい人』というのは、「裏がありそうで怖い」とも思われがちなのです。だからこそ、誰かと仲良くなりたいときにはあえて自分の『毒』を見せるのも方法の1つ。

ちょっとした愚痴も、ユーモアを交えて冗談っぽく言えば空気を悪くせず、相手との距離を縮めるきかっけになり得ます。

おわりに

いかがでしたか?

好きな人ができたら、まずはこの7つのことを意識してみてください。こうして少しずつ距離を縮めていけば、LINEのやりとりを開始したり、デートの約束も取り付けやすくなります。

できることから少しずつ、取り入れてみてくださいね(^^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆