あなたには今、夢や願い事がありますか?

「彼氏が欲しい」
「痩せたい」
「資格が欲しい」

などなど、人それぞれ、様々な『夢』や『願望』や『希望』があると思います。

その中には、「こんなに簡単でいいの!?」と思うほどあっさり叶うものもあれば、一見簡単に叶いそうなのに「何度チャレンジしても上手くいかない……」というものもあるもの。

いったい、その違いは何なのでしょうか?

今回は『夢や願望を叶えるために必要な8つのこと』を紹介します。

【1】自分が本当に望んでいることを明確にする

自分が本当に望んでいること

夢や願望には2つの種類があります。

それは『自分が心から本当に望んでいる願望』と『実は心では望んでいない願望』です。

前者の場合、その夢を実現するための努力は苦にならず、また、その夢のことを考えるとワクワクと楽しい気持ちになります。

一方、後者の場合はその夢を実現するための行動をしていても、いまひとつ集中できなかったり「めんどくさい」という気持ちが前面に出てしまうもの。また、その夢のことを考えるとモヤモヤと不安な気持ちになります。

自分の夢が後者に当てはまる場合『自分が本当に望んでいることは何なのか』をまず明確にしてみてください。

それが分かると、実はこれまで『夢』と思っていたことが実は自分にとってはどうでもいいことだったと気づいたり、逆に今まで『どうでもいい』と思っていたことが自分にとってはとても重要なことだったと気づいたりします。

【2】自分にはその願いを叶えられると信じる

自分を信じる

自分が『心から望んでいること』が明確になったら、まずはその夢や願望を「自分には必ず達成できる」と信じることが大切です。

自分にはできる。自分にはその価値がある。自分にはその才能がある。

こうした『自分を信じる気持ち』があるからこそ、人は勇気を持って行動できるもの。
初めから完璧な自信を持つことはなかなか難しいものですが、まずは「自分には出来る」と声に出して言ってみることをおすすめします。

それだけでも体にパワーがみなぎるのを感じたり、「なんだか出来そうかも!」という気持ちが湧いてきます。

【3】願いを妨げている『裏の本音』に気づく

裏の本音

心のそこから「◯◯したい」「◯◯になりたい」と望んでいても、なかなか願いが実現しない場合もあります。

実はそんなときには、心の中にもう一つの『裏の本音』が隠されているかもしれません。

例えば、「痩せたい」と思ってるけれど痩せられないときには、実は「痩せたら今ある服が着られなくなるからもったいない」「痩せたら周りの女友達からひがまれるかもしれない」「痩せたら今自分の周りにいる人が離れていくかもしれない」などの不安が隠されていたり。

「お金持ちになりたい」という気持ちの陰には「でも忙しいのは嫌だから今のままでいいや」「恨まれたりしたくないからこれくらいがちょうどいい」となどの『裏の本音』が隠されている可能性があります。

こうした裏の本音は、自分の願望達成を無意識に妨げてしまうもの。

もしも「なんだかうまく進まない」と感じるときには、これらの『裏の本音』の存在を疑ってみると良いかもしれません。

そして自分の『裏の本音』に気づいたときには、まずはその不安や恐怖を認めて受け入れてあげること。そしてその上で、「それでも大丈夫」と声をかけてあげることが効果的です。

【4】頭(思考)よりも心(感覚)で行動する

頭よりも感覚で

夢や願望を実現するためには、心のときめきに従って行動することが大切。

頭で「こっちの方が得かも」「こっちの方が人気かも」とあれこれ考えて判断するのも決して悪いことではありませんが、それだけに頼ってしまうと、情報に振り回され、自分にとって本当に必要なものを見逃してしまいがちです。

たとえそれが他の人から不評だとしても、人気がなかったとしても。
自分の心がときめくならば、勇気を出して飛び込んでみる。

自分の感覚を信じることも、願望達成の重要な要素です。

【5】諦めずに行動し続ける

諦めずに行動する

人の思考は、行動することで具現化します。

「こうなりたい」「あれが欲しい」と思ったら、それを達成するために行動することが大切。

そして、夢や願望が達成させるまでには、タイムラグがあります。
最初に「こうなりたい」と思ったときから実際にその夢や願望が形になるまでには、ある程度時間がかかるのです。

すぐに現実にならないからといって諦めず、必ず夢は叶うと信じ、心のときめきに従って行動を続けましょう。

【6】失敗を恐れない

失敗を恐れない

「あれをしてみたいな」「ちょっと気になるな」「あの人と仲良くなりたいな」

こんな風に思ったとき。

「でも……」と『出来ない理由』を探してしまった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

「でもお金がない」
「でも難しそう」
「でも自分には似合わなそう」

こんな理由で、自分の心の中の「ちょっと気になるな」という気持ちを『なかったこと』にしてしまうのはとてももったいないこと。

今抱いている夢や願望に関連することに限らず、あらゆることにチャレンジしてみましょう。

たとえ失敗したとしても大丈夫。一瞬恥ずかしかったり、気まずかったりするかもしれませんが、そこで得られた経験はかけがえのないものです。

【7】息抜きをする

息抜きをする

「何かを成し遂げたい」と思ったとき。
多くの人は一生懸命その物事に取り組みます。

しかし「これを成し遂げたい!」「これになりたい!」「絶対に自分はこうならなければならない!」と体に力がこもっている状態というのは、一見『強そう』ですが、実際には気持ちばかりが空回りしたり、焦って普段はしないようなミスをしてしまったり、はりきりすぎて途中で疲れてしまったりするもの。

願望実現のために行動を続けることも大切ですが、時には息抜きをして、体にこもった余分な力を抜くことも同じくらい大切です。

特に「頑張りすぎて疲れてしまう」という人は、意識して遊ぶ時間を作ってみてください。

ふっと力を緩めたその瞬間。気持ちに余裕ができ、これまで「難しい」と感じていたことが、案外簡単にできた……というのは、実はよくある話です。

【8】焦らず目の前のことに集中する

焦らず目の前のことに集中する

「こうなりたい!」「あれが欲しい!」と思っているときには、今の現実とその夢を比較して焦ったり、未来のことにばかり目がいってしまい、目の前のことがおろそかになってしまいがち。

焦らず、目の前にあるものを1つ1つ丁寧に扱ってみてください。
自分の目の前の出来事や経験は、あなたにとって必要だからこそ現れたものです。

それらをきちんと処理し、それらに対応できる自分になったとき。
ふと気がつくと、遠くにあると思っていた『未来』がすぐ近くにあることに気が付けるはず。

焦らず、慌てず、じっくり。
目の前の出来事に集中し、楽しむ。1つ1つクリアしていく。

夢が願望が大きければ大きいほど、このことをつい忘れてしまいがち。
だからこそ、丁寧に取り組んでみてください。

周りや自分の人生が動き始めるのを感じるはずですよ。

夢や願望を現実にする

夢や願望を現実にする

いかがでしたか?

夢や願望を実現したいと考えているとき。
達成したい目標があるけれどなかなか思うように進まないとき。

ぜひ、今回紹介した8つのことを意識してみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます素敵に輝きますように……☆