「彼氏が欲しいと思ってるけれど、いつも片思いで終わってしまう」
「素敵だなと思う人がいても、自分だけが盛り上がって終わってしまう」

もしかしたら、あなたもこんな風にお悩みかもしれません。
『彼氏いない歴=年齢』だったころ、私自身もいつもこんな風に感じ、悩んでいました。

彼氏が欲しいのにできない女の子は、知らず知らずのうちに空回りをしてしまいがち。
だからこそ、その空回りを無くしてうまく歯車を噛み合わせることができれば、恋愛も一気に大きく変わる可能性があるのです。

そこで今回は『彼氏ができない女の子にありがちな4つの空回り』を紹介します。

「今後の恋こそ手に入れたい!」

そんな女性におすすめです。

【1】いい女を演じてしまう

『自分以外の誰か』を演じていても、あなたの魅力はなかなか相手には伝わりません。
いくら『料理上手なフリ』をしても『気が効くフリ』をしても、もともと料理好きな人や、気遣い上手な人には敵わないからです。

大切なのは、『誰か』ではなく『素敵な自分』を目指すこと。

料理は苦手だけれど掃除と洗濯が得意なら、そちらを極めてみる。
気遣いは苦手だけれど、明るくて「一緒にいると元気が出る」と言われるなら、自分がますます魅力的に見える笑顔を研究してみる。

こんな風に『自分が得意なこと』を伸ばす方が、あなたの魅力は周りに伝わりやすくなります。

【2】ダメな部分を隠してしまう

誰にでもコンプレックスはあるものです。
でも、そこを「ダメだ」と否定して隠してしまうのは、実はとても勿体ないこと。

『自分でコンプレックスだと思っている部分は、実は周りからみるととても魅力的なチャームポイント』というのは良くある話だからです。

自分では「髪の毛が癖っ毛でまとまらない」と悩んでいても、周りの人は「フワフワで可愛い」と憧れていたり。
「空気が読めない」と悩んでいても、「いつも明るいから助かる」と思われていたり。

『個性』は活かすも殺すもあなた次第。

自分が持って生まれたものを『どんなもの』にするかは、あなた自身が決めて良いのです。
ちょっと流行りからはずれていても、せっかく持って生まれたあなたの個性。ぜひ『素敵なチャームポイント』として受け入れてみませんか?

【3】妄想の中で恋を進展させてしまう

女の子なら誰でも、好きな人との妄想デートをした経験があるのではないでしょうか?

妄想には、実は良い側面と悪い側面があります。

良い側面は、その妄想をすることで『好きな人と恋人同士になる自分』をより鮮明に思い描けること。
夢を鮮明に思い描ければ、それだけ『その未来をつかむ自分』もイメージしやすくなり、願望実現も促進されます。

しかし、妄想のしすぎで現実を見失ってしまうのはNG。
『自分に都合の良い展開』を妄想しすぎると、『今するべきこと』を見失ってしまいがちです。

たとえば、本当は会話もしたことがないのに『妄想デート』を繰り返していると、なんだか彼とはもう『恋人』な気分になってしまいますよね。すると、「どうして話しかけてくれないんだろう?」「どうして2人きりになれないんだろう?」「運命の人のはずなのに何故?」と、今の現状に不満や疑問ばかりが湧き上がってしまいがち。

でも、これは別におかしなことではありません。
客観的に考えれば、ほとんど会話もしたことがない人が自分にあまり話しかけてこないのも、わざわざ2人きりになろうとしないのも当然のことです。

大切なのは、『自分ならきっとうまくいく』と信じて、今するべきことをすること。
まだ彼とあまり親しくないなら、勇気を出して自分から挨拶をしてみる。話しかけてみる。こうして『第一歩』を踏み出すことです。

妄想は『自分の可能性』を信じるためのツール。
それを妄想で終わらせてしまうか、それともその妄想を本気で信じ行動するか。

それを決めるのは『今』のあなた自身なのです。

【4】相手に期待しすぎてしまう

相手に期待しすぎてしまう女性も、恋愛では空回りしてしまいがち。

誰かが期待した通りの行動をしてくれなかったとき、「自分は軽く扱われている」「蔑ろにされている」「自分を軽く扱っている(大切にしていない)からだ!」と感じて、相手にガッカリしてしまうからです。

でも、ほとんどの場合これは勘違い。

あなたが『当たり前』にできることも、できない人はたくさんいます。
そして同時に、あなたには難しく感じることを、当たり前にできてしまう人もいるもの。

それはただの『違い』です。

相手が思うように動いてくれなかったのは、決して自分を蔑ろにしたり馬鹿にしている訳ではなく、ただ『できなかった(考えつかなかった/気づかなかった/能力が及ばなかった)』だけなのです。

それを受け入れられると、相手が期待(想像)通りに動いてくれなかったときにも、イライラしたりガッカリすることが無くなります。

おわりに

いかがでしたか?

空回りを防いで、恋を進めたいとき。

  • 『自分以外の他人』を演じない
  • 個性を活かす
  • 妄想をで手に入れたつもりにならない
  • 自分と他人の違いを受け入れる

この4つを意識してみてください。
きっと、ずれていた歯車が少しずつ噛み合うのを感じられるはずですよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆