『吊り橋効果』

この言葉を、あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?
メディアなどで取り上げられることも多い、代表的な恋愛心理の1つです。

とはいえ、「具体的な内容は知らない」「どんな風に活用したらいいのか分からない」という人は多いもの。

今回はそんな『吊り橋効果』について、詳しく解説していきます。

吊り橋のドキドキを恋と錯覚!?

『吊り橋効果』とは、カナダの心理学者によって1974年に発表された学説で、「恋の吊り橋理論」とも呼ばれています。

実験は18歳〜35歳の独身男性を対象に行われました。
『揺れない橋』と『揺れる吊り橋』を渡っているときに、中央で女性にアンケートを求められ「結果が気になるなら後日連絡してください」と言われ、後日連絡してきた男性はどのくらいかを調べる、というものです。

その結果、揺れない橋の場合、1割程度の男性しか連絡をしてこなかったのに対し、揺れる吊り橋の場合、ほとんどの男性から連絡がありました。

このことから『揺れる橋での緊張感の共有が、恋愛感情に発展する場合がある』と定義したのがこの理論です。

不安な状況のときには恋に落ちやすくなる

また、緊張しているときや、不安に晒されているとき。
人は「DNAを残したい」という欲求から、本能的に恋に落ちやすくなるとも言われています。

確かに、人生の岐路に立たされているときや、大きなプレッシャーを感じたとき。
「支えてくれる人が欲しい」と思うこともありますよね。

一見『嫌なもの』として避けがちな『不安』や『緊張』は、上手に使えば2人の間に恋を芽生えさせるきっかけになり得るのです。

日常生活の中の『吊り橋効果』は?

……といっても、日常生活の中で『吊り橋』を渡る機会は少ないですよね。

でも、日常生活の中にも『吊り橋効果』を期待できるシチュエーションはたくさんあるのです。

例えば、デートの時には食事をするだけではなく、映画を見にいけばそこで『ドキドキの体験』を共有することが可能です。
2人で何か新しいことに挑戦したり、行ったことがない場所に行ってみるのも効果的。相手の誕生日などには、ちょっとしたサプライズを用意してみるのも良いかもしれません。

ポイントは『ドキドキ』を作り出すこと。

「相手に好きになってもらいたい」と考えたとき、自分の魅力で勝負するのも大切ですが、それ以外の部分で上手にドキドキを生み出すことができれば、それだけ印象にも残りやすくなります。

デートの場所を選ぶ時などにも、ぜひ参考にしてみてください。

おわりに:『吊り橋効果』を活用しよう

いかがでしたか?

知っておくと便利な恋愛心理。
ぜひ活用して、気になる人との距離を縮めてくださいね。

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆