「自分に自信が持てない」

こんな風に悩んでいる人は多いと思います。私自身、長い間同じように悩んでいました。

自分に自信が持てないと、物事に積極的に取り組めなかったり、なかなか新しいことにチャレンジできなかったりしてしまうもの。

そこで今回は、自分に自信を持つ6の方法を紹介します。

  • もっと人生を楽しんで生きたい
  • いろいろなことにチャレンジする勇気が欲しい
  • 自分のことを今よりもっと好きになりたい

そんなあなたにおすすめです。

【1】自分中心に物事を考える

自分中心で考える
他人中心で物事を考えられる人というのは、よく言えば『気遣いができる人』です。しかし常に自分よりも相手を主体に物事を考える癖がついてしまうと、いつも「これでいいのかな?」周りの目を気にしてばかりで、なかなか物事を楽しめなくなってしまいます。

『他人の気持ち』というのは、結局のところいくら考えても、『自分の推測』に過ぎません。考えても考えても答えが出ないのです。

他人ではなく、自分がどうしたいのか。自分が何を感じているのか。自分がどう行動したいのか。
これを基準に物事を考える癖をつけてみてください。

他人ではなく自分が好きな服を着る。他人を喜ばせるためではなく自分がして嬉しいことをする。そうして『自分を主軸にした考え方』ができるようになると、物事に確信が持てるようになります。

自分が「好きだから」「楽しいから」という自分の気持ちを大切に行動していると、周りには自然体のあなたと過ごすことを楽しんでくれる人が集まるようになります。すると自然と、自分も周りも笑顔で過ごせるようになるのです。

【2】自分の気持ちや感情を粗末に扱わない

自分を大切に
とはいえ、自分中心の考え方をするのには不安もあると思います。

「周りからどう思われるのか」「そんなことをしたら周りから嫌われてしまう」「そんなことをしたら変な人だと思われる」

……そんな気持ちも生まれてしまうのではないでしょうか。

しかし考えてみてください。
あなたがあなた以上に優先させている『誰か』は、いったい何者なのでしょうか?

同じ人間。同じ生き物。その人とあなたの価値は同じです。
あなたが自分の気持ちや感情に蓋をしてまで、その人を満足させてあげる必要はないのです。

もちろん、困っている人がいたら、そのままの優しいあなたで助けてあげればいい。けれど、凍えている人を温めるために、あなたが自分の身に火をつける必要はありません。

「自分に自信が持てない」と悩んでいる人は、常に自分よりも他人を優先して、自分のことは後まわし……という人が少なくありません。その優しさはそのままでいい。でも、その優しさを『自分に向けること』も忘れないで。自分の気持ちや感情も、あなたが大切な人にしてあげるように、大切に扱ってあげてくださいね。

【3】人から嫌われることを恐れない

嫌われることを恐れない
「私は犬が好き」

猫好きの人達の前でこんなことを言ったら、仲間外れにされてしまうかもしれません。

でも、嘘をついて「猫が好き」と言っている限り、自分と同じような『犬好きの仲間』とは出会えませんよね。

自分が自分らしく生きられる場所、居心地が良いと感じる場所を見つけるためには、自分に正直になることがとても大切です。本当は嫌だと感じていること、本当は合わない人との付き合いをやめ、本当の自分を外に出す勇気を持ちましょう。

自分が本当に好きなものを好きと言うこと。好きなことをすること。本当の自分で生きること。それはあなた自身が『本当の自分』を許してあげることでもあります。

『誰かに好かれる自分』ではなく『本当の自分』をあなた自身が許し、好きになってあげること。それも自信を持つために、とても大切なことです。

【4】ダメな自分を許してあげる

ダメな自分を許してあげる
太っている自分。勉強ができない自分。遅刻をしてしまう自分。空気が読めない自分。

そんな自分を許すのは、とても怖いことです。なぜなら、そんなことをしたら周りから責められるかもしれないから。例え自分がそんな自分を許しても、周りは許してくれないだろうし、周りは自分のことを嫌いになるだろう、と感じるからです。

また、ダメな自分では幸せになれない、と感じてしまうこともあるかもしれません。「このままじゃダメだ、幸せになるためには変わらなくちゃ」と。

実は私自身がずっとこれでした。ダメな自分を許せない。だからいつも自分を責めて、自分を高めるために努力を続ける。

でも、こうして自分にダメ出しをして、自分を責め続けている限り、自信を持てることはありません。いくら努力をして変えられる部分は変えても、次々と『ダメな部分』を見つけてしまうからです。

大切なのは今のままの自分、『ダメな自分』を許してあげることです。ダメな自分も好きになってあげること。そうして自分のことを許して受け入れ、好きになってあげると自然と自信が生まれてきます。

「そうは言ってもやっぱり難しいよ」と感じる人には、心屋仁之助さんの本がとてもおすすめ。

ブログもかなり充実しているので、興味のある方は是非目を通してみてください。

【5】自分のことを好きになる

love my self
自信とは文字どおり、自分を信じること。

では、自分を信じるために必要なものは何でしょうか?

実力?容姿?能力?

……確かに、それらが『一般的な基準以上』であれば、なんとなく大丈夫そうな気がしますよね。
でも、それ以上に大切なことがあります。それが『自分を好きになること』です。

逆に言えば、例え1億人から褒め称えられても、自分自身が自分を好きになればければ、自信を持つことは難しいのです。

自分のことを好きになる、できれば大好きになる。最初は口だけでも構いません。とりあえず「自分のことが好き」と口に出して言ってみる。紙に書いてみる。自分が自分の一番のサポーターになってあげる。それは何よりも大きな自信につながります。

【6】失敗を許す

失敗しても大丈夫
自分を好きになるためには、自分の『失敗』を許してあげることも大切です。

もしかすると、あなたもどこかで、何かを失敗してしまったかもしれません。今の自分と、過去に描いた自分の未来予想には違う部分もあると思います。

でも、そんな自分の過去の失敗を許してあげてください。自分が想像していたよりもうまくできなかったかもしれませんが、しかしそれが『失敗』かどうかを決めるのはあなた自身です。そして『過去に失敗したから』を理由に、自分を否定するか、それともそんな自分も受け入れるかを決めるのも、あなた自身です。

できることから少しずつ!少しずつ現実に変化が現れる

自信を持つと人生が変わる
いかがでしたか?

これらは、私が実際に実行してみて「効果があったな」と感じた方法です。

自分をしっかりと持つこと。
自分を愛すること。

そして自分を信じること。

これができると、理由の分からないイライラに振り回されることが減ります。
そして不思議なことに、以前よりもずっと自由にのびのびと毎日を過ごしているはずなのに、他人との衝突やいざこざも激減してしまいます。

できることから少しずつ、焦らずゆっくり試してみてくださいね。
状況にも少しずつ変化が現れてきますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がキラキラと輝くものでありますように……☆