『恋愛上手な女性』と聞いて、あなたはどのような人を想像しますか?

例えば、異性と接するときにも堂々としていて余裕がある。恋愛に振り回されていない。
女性らしい魅力があって男性からよくモテる……などなど、様々な特徴が浮かんできたかもしれません。

そんな風に余裕を持って恋愛を楽しめたら良いけれど、一方で「好きな人ができてもいつも片思いで終わってしまう」「恋愛をするといつも振り回されて疲れてしまう」と悩んでいる女性も多いもの。

今回は、そんな女性におすすめ。
『恋愛上手な女の子』になる7つの方法を紹介します。

【1】自分に自信を持つ

恋愛に振り回されない、恋愛上手な女性になるためにはまずは余裕を持つこと。
そして余裕を持つためには自信を持つことです。

  • 自分には女性としての魅力がある
  • 自分は人から愛される

そんな風に自分のことを認めてあげることが、自信を持つためにはとても大切。

逆に「こんなんじゃダメだ」と自分を攻める行為はどんどん自信を失わせてしまうので要注意。
『自分責め』が習慣になってしまっている人は、まずはそれを断ち切るところからスタートしてみてください。

それだけでも、自分の内側に小さな変化を感じるはずです。

【2】相手に自分の人生を委ねない

好きな人ができたとき。
「この人なら自分を幸せにしてくれそう」と考えた経験がある人は多いと思います。

が、しかし。

「私を幸せにしてね」と人生を相手に丸投げしてしまうのは実は危険な行為。
これをしてしまうと、あなたの幸せを左右するのは『相手次第』ということになってしまうからです。

そして恋人の存在は確かに人生に大きく影響しますが、あなたを幸せにするのは他でもないあなた自身です。
あなたはあなたの意思でちゃんと幸せな人生を生きることができます。

パートナーとの関係をどう築いていくか。どんな風に向き合っていくか。
それを決定するのはあなた自身で、人生の指針を示すのは常に自分なのだということを、しっかり意識してみてください。そうすることで、恋愛に振り回されにくくなります。

【3】その恋が最後の恋だと思わない

「この人が運命の人だ」と思える人と出会えるのはとても幸せなこと。

そしてその恋を大切にするのは素晴らしいことなのですが、そのときに気をつけたいのは「これを逃すと後がない」「この人がいないと絶対にダメだ」などと自分を追い詰めすぎないことです。

自分を追い詰めるとそれだけ相手に執着しやすくなります。
そして相手に必要以上に執着してしまっているときというのは、空回りばかりでなかなか恋が思うように進まないもの。

「フラれても次があるさ」と気楽に構えることで、リラックスして相手との関係を楽しめるようになり、結果として恋もスムーズに進みやすくなります。

【4】相手に『嫌いになる自由』を与えてあげる

恋愛をしているときには、「相手に嫌われたくない」と考えると思います。
しかし、実はこうして「嫌いにならないで」と相手を縛る行為は、自分自身を縛る行為でもあるのです。

「嫌われたくない」という恐怖や「嫌われてしまうかもしれない」という不安があると、人は自分の行動を制限し、相手の顔色を伺うようになってしまうからです。

すると、本来の自分の魅力はなかなか出てこず、いつも不安を抱えてストレスに振り回されているような状態になってしまいがち。

だからこそ、相手に『自分のことを嫌いになる自由』を与えてあげること。言い換えるなら、自分自身に「相手に嫌われても大丈夫」という安心を与えてあげることが大切です。そうすることで、不安や恐怖から解放され、自由に恋愛を楽しめるようになります。

【5】自分の幸せのために行動する

恋をしているとき、相手が世界の中心になってしまう人は多いのではないでしょうか。

しかし、自分が見ている相手の姿というのは、所詮『自分』というフィルターを通してみる相手の姿にすぎません。
相手の全てを知ろうとしても、相手のことをコントロールしようとしてもそれは無理なこと。

そのため、「相手を喜ばせたい」「相手に好かれたい」「相手を幸せにしたい」と相手を中心に物事を考えていると、いつも答え(相手の気持ち)が分からず不安な気持ちになってしまいます。

恋愛をするときには、相手ではなく自分を幸せにするための行動をしてみてください。

相手ではなく、あなたが会いたいときに会いに行く。
相手ではなく、あなたが相手にあげたいものをプレゼントする。

一見自分勝手にも思えますが、こうすることで『相手の反応』に一喜一憂することがなくなります。
相手が喜んでいたら自分も嬉しいし。そして喜ばなかったらそれはそれで良いのです。

『相手は鏡に映った自分の姿』と考えて見るのもおすすめ。
そこにリアクションを求めるのではなく、自分が笑顔で幸せいっぱいに過ごすこと。すると相手も勝手に笑ってくれます。

【6】恋愛以外の楽しみを持つ

恋愛はとても楽しいですよね。
相手に会えれば嬉しいし、相手を思う時間もとても幸せだと思います。

とはいえ、恋愛『だけ』を人生の楽しみにしてしまうと、相手に求めるものも多くなってしまいがち。そして相手に求めるものが多くなると、それだけ「物足りない」という不満を抱きやすくなってしまうのです。

仕事でも趣味でもなんでも構いません。
恋愛以外にも『刺激や興奮を得られるもの』を見つけてみてください。

【7】愛情の出し惜しみをしない

「惚れた方が負け」「惚れた弱み」などという言葉があるように、恋愛では『惚れられた方』にどちらかというと決定権があります。アクションを起こすのが『惚れた側』、それに応じるか否かを決定するのが『惚れられた側』という図式になりやすいからです。

だからこそ人は相手への「好き」という気持ちを出し惜しみしてしまいがち。
自分の気持ちを隠して少しでも相手から多くの「好き」を引き出して、優位に立とうとしてしまいがちなのです。

しかし、こうして『出し惜しみをしている状況(駆け引きをしている状況)』というのは、実はすでに相手に『負けている状況』とも捉えることができます。

無意識で「相手より自分の気持ちの方が大きい」と思っているから、出し惜しみしてしまう。
「相手からの気持ちが足りない」と感じているから、もっと引き出そうとする。

こうした思い込みがあるから、出し惜しみをする。
そして出し惜しみをするから、こうした思い込みはますます強まる。そして結果として『相手が優位な状態』を維持してしまう……。

こうしたパワーバランスを崩すためには、自分の考え方や行動を変えることが重要です。

相手と自分を比べるのをやめ、相手の愛情を図るのをやめ、優位に経とうとするのもやめてしまう。
駆け引きや愛情の出し惜しみをやめて、ただ自分が楽しいように、したいように行動してみてください。

持っているものは与えてしまえば良いのです。
不思議なもので、そうして自分が握り締めているものを手放してしまうと、物事がうまく回るようになります。

頑張るのではなく力を抜くこと

いかがでしたか?

恋愛上手になるために大切なのは、力を抜くこと。

「幸せになろう」と頑張るのではなく、「大丈夫」と肩の力を抜いてリラックスすることです。
そしてそのためには今回紹介した7つのことが効果を発揮します。

いきなり全てをやろうとすると大変に感じるかもしれませんが、できることから少しずつ取り入れてみてください。
きっと、もっと自由に恋愛を楽しめるようになりますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆