「彼氏が欲しいと思っているときほど彼氏ができない」

こんな言葉をあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?実際、私自身「彼氏が欲しい」と思い続けていた10年間、望むような恋をすることはできませんでした。でも、それはいったいどうして?

  • 彼氏が欲しいと思って、あれこれ努力もしている
  • 外見や内面の自分磨きも頑張っている
  • なかなか理想の出会いがないかあっても上手く進まない

こんな風に、「彼氏が欲しいのにできない」と悩んでいる女性は、もしかするとその気持ちを一度手放すことで、結果的に望むような恋を手にすることができるかもしれません。

今回はその3つの理由を解説します。

【1】「彼氏欲しい」をやめると不満が減るから

「彼氏が欲しい」と思っているのに、実際には彼氏ができない。そんな状況のときは心が荒んでしまいがちですよね。「どうしてこんなに頑張っているのに?」と不満な気持ちになったり、「あの子だけズルい」と周りの友達への僻みが出てきてしまったり。

「彼氏が欲しい」という気持ちを手放すと、そうした不平不満も一緒に手放すことができます。すると自然と心も安定し、ポジティブな気持ちでいられるようにもなるため、結果として素敵な縁や、素敵な出来事を引き寄せやすくなるのです。

【2】「彼氏欲しい」をやめると余裕が出来るから

「彼氏が欲しい」と毎日のようにつぶやいていたとき。私の心に全く余裕はありませんでした。「早く彼氏を作らないと」という気持ちばかりが焦って、「合コンに行かなきゃ」「ダイエットをしなきゃ」などと、いつも自分を追い詰めていたのです。

すると当然、毎日は楽しくない。女友達と遊んでいても、美味しいものを食べていても「こんなことをしていて良いのかな?」と不安になるし、「もっと頑張らなきゃ」と自分を責めてばかりで、常に心はトゲトゲした状態でした。こんな状態では、男性から「素敵だな」と思ってもらうこともできません。

「彼氏が欲しい」という気持ちを手放すと、今目の前にある出来事を楽しむ余裕ができます。そして、あなたが持つ本当の魅力が相手にも伝わりやすくなるのです。

【3】「彼氏欲しい」をやめると気にならなくなるから

「彼氏が欲しい」と言えば言うほど。『彼氏がいない自分』を強く意識してしまいがち。言えば言うほど『彼氏がいない自分』へのコンプレックスを強めてしまうのです。

でも、恋愛のタイミングは人それぞれ。そして自分に必要な人との出会いというのは、必ず人生のどこかのタイミングでやってきます。たとえ何歳だろうと、彼氏がいないことを気にする必要は、全くないのです。

「彼氏が欲しい」とつぶやいていた(考えていた)時間を、全て「楽しいな」「幸せだな」などの口癖に変えてみてください。すると不思議と、これまで見えてこなかった自分の『幸せ』がたくさん見えてくるもの。そしてその幸せに気づけると、自然と心も満たされ、本当に「彼氏がいないこと」が気にならなくなります。

すると、恋や出会いに対しても、ポジティブな気持ちだけで望めるようになり、結果として上手く進みやすくなります。

「彼氏が欲しい」を手放すと恋が変わる

いかがでしたか?

私は20代半ばまで「彼氏が欲しいと思いつつできない」という状況に悩み続けていました。それが変わったのは、『恋愛テクニック』を知ってからです。

これまでの「恋は難しい」という考えが、「恋は簡単」「誰にでもできる」「いつでも出来る」という考え方に変わったから。だから私は、こうして今自分が恋愛ブログを立ち上げ、テクニックを紹介しています。

恋は簡単です。誰にでもできます。いつでもできます。
だから、焦ることも苦しむこともないのです。

料理の方法と同じで、ちょっとしたコツややり方さえ覚えてしまえば、いつでもどこでも楽しむことができます。そもそも調理器具やハウツーなんてなくたって、ただ焼いて食べるだけでも美味しいのです。

簡単なものを難しくしてしまうのは、いつでも自分です。そのことをぜひ、多くの人に知って欲しいのです。

「彼氏が欲しい」という気持ちを手放すことは、自分の中にある「彼氏がいないといけない」というコンプレックスや執着を手放すこと。「彼氏が欲しい」と悩んでいる人は、ぜひ「彼氏がいない」と悩むことをやめてみてください。大丈夫。ちゃんと必要なときに、最高の出会いがやってきます。

だからまずは、安心して『今』を楽しんでみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な恋が訪れますように……☆