2月14日は女性達の一大イベント、バレンタイン。
街を歩けば至る所で綺麗にラッピングされたチョコレートが並べられています。

しかし、こうしたイベントでは頑張りすぎて空回りしてしまうことも多いもの。
できれば事前にNG項目をしっかりチェックしておきたいですよね。

いったい男性はどのような瞬間に「これはちょっと……」と感じるのでしょうか?

そこで今回は、男性が「これは勘弁して……」と感じるバレンタインのシチュエーション5選を紹介します。

【1】大勢の前でチョコレートを渡される

せっかく用意したチョコレート。
「渡したい!」という気持ちが膨れ上がって、ついつい周りが見えなくなってしまう場合もあると思います。

しかし、大勢の前でチョコレートを渡されるのは結構恥ずかしいもの。
チョコレートはなるべく人目の少ないところで渡すと、男性も受け取りやすくなります。

【2】手作りチョコの中に何かが入っている

好きな子からもらうと嬉しい手作りチョコレート。
しかし、一口食べたら中から髪の毛が出てきた……なんてことになっては台無しです。

食品は口に入るもの。
手作りで用意する場合には、髪の毛や埃などの異物が入らないように細心の注意を払いましょう。

また、そもそも「手作りのものが苦手」という人もいるので、手作りチョコを用意したい場合は事前に相手が『手作りOK』な人かどうかを確認するのがおすすめです。

【3】差出人不明のチョコレート

「気持ちは伝えたい……けど、フラれるのは怖いし、自信ももてない……」

そんな不安な気持ちから、『自分の名前』を書かずにチョコレートだけを彼のロッカーや自宅のポストに投函……。
漫画だったらそこから恋が生まれるかもしれませんが、これは現実ではNG。

誰からか分からないチョコレートは、例え市販の物だとしてもやはり不安なものです。

【4】一緒に入っているプレゼントが重い

バレンタインやクリスマスなどの『冬のイベント』で王道なのが、手袋やマフラーなどの防寒具のプレゼント。

確かに役立つし季節的にはぴったりなのですが、身につけるものや高価なものは、片思いの相手からの贈り物としては「重い」と感じる人が多いので要注意です。

片思いの相手にもしも何かをプレゼントするのなら、相手の負担にならないものをチョイスしましょう。

【5】お返し目当てなチョコレート

バレンタインというのは、実は結構一方的なイベント。
受け取る側の男性の気持ちは考慮されない場合が多いからです。

それでも、義理でも本命でも『純粋な好意』を向けられれば嬉しいものの、『お返し目当てのチョコレート』を渡された場合にはただただ面倒な気持ちになってしまうもの。

チョコを渡す時には「気持ちなので、お返しは結構です」と一言添えられると女性としての余裕を感じてもらえるかも。

気遣いを忘れずに

いかがでしたか?

盛り上がるイベントだからこそ、冷静な気持ちを持つことが大切です。
バレンタインでは相手の男性への気遣いを忘れずに接してみてくださいね。

きっと、素敵な1日を過ごすことができますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆