「なんか、あの子って近寄りがたいんだよなぁ……」

あなたの周りにも、もしかするとそんな風に感じる女性がいるかもしれません。中には、自分自身が「最初はちょっと近寄りにくかった」と言われた経験がある人もいるかも!?

深く関わってみれば素敵な女性だと分かるのに。なのに、「なんとなく近寄りがたい」と思われてしまうのはどうしてなのでしょうか?今回は、男性から「近寄りがたい……」と避けられてしまう女性の特徴を9つを紹介します。

【1】無愛想

誰かから話しかけられた時。恥ずかしさや緊張でついつい無愛想になってしまう……。そんな女の子は、周りの人から「近寄りがたい」と思われてしまいがち。

緊張しているときには素直に「緊張している」「人見知りなんだ」と相手に打ち明けてしまうのがおすすめ。すると、「なんだ、話しかけられて嫌だったわけじゃないんだ!」と相手も安心します。

【2】無関心

相手に聞かれたことには答えるけれど。自分から話をふったり、相手に質問することはほとんどない。そんな『無関心』な女性も、「自分と一緒にいても楽しくないのかな?」周りの人に誤解されがちです。

「あなたに興味を持っている」と伝えることは、コミュニケーションをを進める上で、実はとても大切なこと。「きっとこんな人だろう」と自分の中だけで相手判断してしまわずに、なるべく相手の話に関心を持り、積極的に質問をするよう心がけてみてください。

【3】現状に不満がある

心の中に隠していたつもりでも。不満というのは、どうしても体からにじみ出てしまいます。表情やふとした瞬間の態度から、周りの人にも伝わってしまうのです。

そのため、今の自分が置かれている環境や人間関係に不満がある人は、全くそれと関係の人にも「なんだかピリピリしているな」と避けられてしまいがち。不満やストレスは溜め込まず、早めに解決するよう心がけましょう。

【4】ユーモアがない

  • いつも真面目な会話ばかり
  • 冗談を言っても笑ってくれない
  • 冗談に真顔でつっこまれた

そんな『真面目すぎ』な女性も、近寄りがたいと思われてしまいがち。忙しいときでもユーモアを忘れない心のゆとりをもつと、場の空気が軽くなり、結果として物事がうまく進みやすくもなります。

【5】メイクが濃い

アイメイクや口紅が濃いとそれだけで『キツイ人』と見られがちです。目元は極力ナチュラルに。マスカラやアイラインも黒ではなくブラウンを選ぶと、印象が和らぎます。

赤リップを使うときには、メガネをかけたり、髪の毛をラフにまとめるなどしてどこかで外して『抜け』を作るのがおすすめ。おしゃれな中にも柔らかい印象が漂います。

【6】隙がない

なんでも完璧にこなしてしまう女性も「近寄りがたい」と思われがち。その人の側にいると、自分まで完璧でないといけないような気がしてしまうからです。

自分で「ここがダメだな」と感じる部分も、周りからみればあなたの魅力の1つ。隠そうと無理をして頑張るよりも、さらけ出してしまった方が周りも安心するかも。

【7】夢や目標がない

「やりたいことがない」「毎日が退屈」そんな風にため息ばかり吐いている女性も、避けられてしまいがち。一緒にいると、自分まで『退屈』な気持ちになるからです。

逆に、夢や目標に向かってキラキラしている女性の周りには、自然と人が集まります。

【8】いつも気を張っている

「もっと頑張らなきゃ」「あれをやらなきゃ」「ちゃんとしなきゃ」と、いつも気を張っている女性。前向きに頑張る姿は素敵ですが、それで自らを追い詰めすぎてしまうと、苦しい印象に。

ときどきは「ま、いっか」と自分や今の状況を許し、気を抜いてみてください。ピリピリした雰囲気が抜けて、あなたの魅力が周りに伝わりやすくなりますよ。

【9】他人や物事に対して批判的

批判的な言動を繰り返している人の近くには、行きたくないですよね。だって、近づいたら自分も批判されそうだから。

「他人は他人、自分は自分」ときちんと線引きをして、『違い』を肯定的に受け止められる。そんな女性は、周りからも一目置かれまし、「この人になら自分をさらけ出しても大丈夫そうだな」「受け入れてもらえそうだな」と周りの人に慕われます。

愛され女子になる方法

いかがでしたか?

異性との出会いを増やしたいときや、『親しみやすい人』になりたいときには、今回紹介した9つのことを意識してみるのがおすすめ。1つ行動を変えるだけでも、周りの人からの印象は変化していきます。無理せず、自分のペースで取り入れてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆