• LINEで彼との距離を縮めたい
  • 好きな人とのやりとりを長続きさせたい
  • 彼に自分のことを好きになってもらいたい

気になる人とLINEをするときには、こんな風に考えますよね。

考えすぎて結局『ビジネスメール』のような文章を送ってしまったり、相手を困惑させるようなLINEをしてしまった……という経験を持つ女性は、実はとても多いのです。

今回は『モテる女が密かに使ってる小悪魔LINEテクニック13選』を紹介します。片思い中の女性におすすめです。

【1】相手好みのスタンプを使う

あなたはLINEでスタンプを使っていますか?

好きな人とやりとりをするなら、『相手好みのスタンプ』を使うのがおすすめ。相手が好きなキャラクターや言葉を使えば、それだけ親近感を感じてもらえます。

【2】ポジティブな内容にする

  • 相手がうれしくなる話
  • 相手が楽しくなる話
  • 相手が幸せな気持ちになる話

LINEの内容は、これらを心がけましょう。彼に「この子とLINEをするのは楽しいな」と感じてもらいやすくなります。

一番簡単なのは、相手を褒めること。誰でも褒められるとうれしくて幸せな気持ちになるし、自分のことを褒めてくれる人とやりとりをするのは楽しいからです。

【3】質問文をいれる

LINEに質問をいれるのには、いくつかのメリットがあります。

  • 相手が返信しやすくなる
  • 相手に「あなたともっとやりとりを続けたい」という意思が伝わる

そのため、LINEのやりとりが続きやすくなるのです。

【4】相手が暇な時間帯に合わせてLINEを送る

LINEを送るのは、相手がスマホを手に持っている可能性が高い時間帯にしましょう。

  • 通勤/通学中
  • アフターファイブ
  • 就寝前

スマホを手に持っているときにLINEがくると、ほとんどの人は無意識に『相手が同じようにスマホを手に持ってLINEをしている姿』を想像します。そのため、『共有している感覚』が強くなり、距離が縮まりやすくなるのです。

【5】相手のLINEを真似る

自分が考える文章には、自分の好みの言葉や絵文字やスタンプを取り入れますよね。

それは逆に言えば、相手の文章には相手の好みが盛り込まれているということ。相手のLINEを真似することで、簡単に『相手好みのLINE』を作成することができます。

  • 『!』や『?』などの記号の使い方
  • 『、』や『。』のタイミング
  • 文章の長さ

など、相手のLINEの特徴を、不自然にならない範囲で取り入れてみましょう。

【6】『即既読』で相手をドキッとさせる

LINEをしているとき。自分が送ったメッセージに目の前で『既読』がつくと、ちょっとドキッとしませんか?

  • 相手がわざわざ自分の為にスマホの画面を開いてくれている
  • 自分の言葉を今相手が読んでいる
  • LINEを通して相手と繋がっている

『既読マーク』が目の前で表示されると、こうした感覚が強まるのです。

好きな人とやりとりをするとき。ときどきは相手からのLINEを『即既読』して、相手をドキドキさせちゃいましょう!

【7】あえての既読スルーで相手を揺さぶる

『読まずに放置』されるのと、『既読スルー』をされるのとでは、ほとんどの人は後者の方が気になります。なぜかというと、その場合には「自分のLINEに何か落ち度があったかな?」と考えるから。

ときにはあえて『既読スルー』をすれば、相手の気持ちを揺さぶることが可能です。片思い中の駆け引きテクニックとしておすすめ。

【8】開封には少し時間を開ける

  • 「相手は今何をしているんだろう?」
  • 「送った内容でよかったかな?」
  • 「早く読んでくれないかなぁ……」

『焦らす』ことで、相手にこんな風に感じてもらうことができます。

相手から受け取ったLINEは基本的には30分〜1時間程度時間を開けてから開封するようにしましょう。そして時折、【6】【7】で紹介したテクニックを取り入れるのがベストです。

【9】『相手の話』をする

片思いの相手とLINEをするとき、多くの人は「好きな人に自分のことを知ってもらいたい」という気持ちから、ついつい自分の話ばかりをしてしまいます。

でも、相手の気をひきたいのなら、自分ではなく『相手の話』をするのがおすすめ。

  • 相手の仕事の話
  • 相手の休日の話
  • 相手の趣味の話

など、相手を中心にした話題で、LINEを進めましょう。

【10】相手の名前を呼ぶ

ただ「おはよう」と声をかけられたときと、「○○さん、おはよう」と自分の名前を呼ばれたとき。人がより反応するのは、後者です。

人は名前を呼ばれると、その後に続くものが『自分に関連のあるもの』と意識し、それにより深い注意を向けるようになります。

これはLINEなどの文章でも同じ。好きな人とのLINEでは、ときどき相手の名前を呼びましょう。

【11】あえて2通に分けて印象に残す

  • 「楽しみにしてるね」
  • 「ありがとう」
  • 「嬉しい」

こうした、『相手に印象付けたい言葉』は、長文の中に埋もれさせてしまうより、別のメッセージとして送るのがおすすめ。

「今日は楽しかったよ、ありがとう」と送るのではなく、「今日は楽しかったよ」「ありがとう」と分けて送った方が、それぞれの言葉のインパクトが強まるからです。

【12】ハートマークをいれる

LINEにハートマークの絵文字やスタンプが入っていると、ドキドキしてしまうもの。

  • 「これってどういう意味?」
  • 「もしかして俺のことが……!?」
  • 「いや、でも勘違いかも……でも気になる」

と、男心を刺激することができます。使いすぎると相手が慣れて刺激が少なくなってしまうので、ここぞというタイミングでぜひ活用してみてください。

【13】写真を送ってプライベートを覗かせる

SNSなどで誰かがアップした写真を見た時。なんだかプライベートを覗き見しているみたいで、ちょっとドキドキした経験はありませんか?

気になる人から送られてきた写真なら、その威力はさらにアップ。あなたの『日常』が垣間見える写真を添付して、男心を刺激しちゃいましょう!

おわりに

いかがでしたか?

好きな相手とLINEをするときにはぜひ活用して、彼との距離を縮めてくださいね。

片思い中の女性にはこちらの記事もおすすめです。
脈ありチェック!男性が好きな女の子に送るLINEの特徴4つ

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆