「気になる彼へのバレンタインチョコ。手作りと市販、どっちを渡したら良いんだろう……?」

もしかするとあなたも、こんな風にお悩みかもしれません。

気持ちを込めた手作りチョコを渡したい気持ちもあるけれど、重いと思われるのは嫌。かといって、市販のチョコだと他の女の子との差もつかない気がするし……。

せっかくあげるのなら、気になる彼に喜んで欲しいですよね。

そこで今回は、バレンタインに男性が『本当にもらって嬉しいチョコレート』はどちらなのか、手作りと市販のチョコレートのメリットとデメリットをあげながら徹底比較していきます。

市販のチョコレートのメリット・デメリット

市販のチョコレートのメリットは、なんといっても手間がかからないこと。
店に行って購入すれば、美味しくて可愛くラッピングされたチョコレートが簡単に手に入ります。

しかしだからこそ、そのチョコレートが『義理チョコ』なのか、あるいは『本命チョコ』なのかが相手に伝わりにくいのがデメリット。

ブラックサンダーやチロルチョコなど、数十円で手に入るものの場合には『義理チョコ』と判断する男性が多いようですが、数百円以上の場合には「これってどっちなんだろう?」と相手を悩ませてしまうかも。

本命の相手に市販のチョコをプレゼントする場合には、手書きのメッセージカードを添えるなどすると気持ちが伝わりやすくなるのでおすすめです。

市販のチョコレートがおすすめなのはこんな場合

  • 相手の男性が「手作りのものが苦手」と公言している
  • まだ相手の男性とそこまで親しくない(片思い)
  • なかなか会えないのでいつ渡せるか分からない

上記のような場合には、手作りよりも市販のチョコレートを選ぶのがおすすめ。

手作りチョコレートのメリット・デメリット

一方、手作りチョコを渡すメリットは、なんといっても気持ちが伝わること。
たとえチョコはあまり上手ではなくても「わざわざ作ってくれたその気持ちが嬉しい」と感じる男性も多いようです。

しかし、だからこそあまり親しくない男性に手作りチョコを渡すと、「なんだか重い」「よく知らない相手からもらったものは正直食べるのが怖い……」と相手を戸惑わせてしまう可能性も。

手作りチョコレートがおすすめなのはこんな場合

  • 相手も確実に自分に好意を抱いている
  • すでにある程度親しい
  • 友達以上恋人未満の関係を進展させたい

上記のような場合には、手作りチョコがおすすめ。

また、学校や職場へのバラマキ用にお菓子を用意する場合にも、手作りした方が以外と安く済んだりします。

明らかに『バラマキ用』と分かるチョコレートの場合には、自分個人に用意されたものではないので、ほとんどの場合男性も特に「重い」とは感じません。(※ただ、手作りや甘いものが苦手な男性の場合、「食べられないけれどかといって捨てるわけにもいかないし……」と、もらっても扱いに困ってしまいます。その点は事前に確認しておきましょう)

相手との距離に合わせてチョコレートを選ぼう

いかがでしたか?

たとえ手作りだろうと市販だろうと、気になる女の子からチョコレートをもらえたら、男性は嬉しいもの。
そして気にならない女の子からチョコをもらったら、その子のことが気になるもの。

手作りと市販と、どちらをあげるか悩んだときには、相手との距離に合わせて選んでみてください。

相手とあまり親しくない場合には、こちらの好意が伝わり過ぎない市販のチョコを。
相手もこちらに好意を抱いていると確信しているような場合には、気持ちのこもった手作りチョコをあげれば、2人の関係が進展するかも。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆