MENU
幸せな恋愛……してみませんか? 彼氏彼女を作る方法から倦怠期を乗り越える方法まで盛りだくさん!あなたの恋を今よりワンランクアップさせる魔法のブログ。

「 【ダイエット】痩せる方法が知りたい 」記事一覧

★激やせ!?リバウンド?断食体験記その③食べ物に対する考え方

2012/09/08  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

断食2日目

二日目も普通に外出しましたが、意外と平気。
普段との違いといえば、足が妙に疲れやすいのと、朝、起きられなかったこと。

午後からの予定だったので、寝坊しても問題なかったのですが、私は普段休みの日でも8時ごろには目が覚めるのに、この日は気づいたら10時…。「あぁ、身体がエネルギーをセーブしているんだなぁ」と思いました。

「断食をすると夜は早く眠くなって、朝は早く起きれる…」という口コミがあったのですが、私の場合はそうはなりませんでした。やっぱり人それぞれなのかな?

一日目同様、日中はほとんど豆乳で過ごし、あまり空腹に悩まされることもありませんでした。豆乳凄い。夜は野菜スープを飲みました。

この日もうんちは出ず…。やっぱり、豆乳とか飲んじゃうと内蔵があんまり休まらないのかな?うーん、でも、二日間やってみて、豆乳や野菜ジュースなしの断食は正直無理だと思いました。

体重は昨日から0.2kg減。
あれ、あんまり減ってない…?まぁいっか。

断食ニ日目にして思うのは、食べ物ってなくても平気なんだなーってこと。今まで、「食べないともたない」「食べないと死んじゃう」「食べることこそ人生だ」と思っていましたが…平気でしたよ。

というか、今まで自分がいかに食べ物に固執していたのかを実感しました。なくても大丈夫なんです、本当に。最低限の栄養が取れてれば、死にはしないんです。むしろ、普通に生活できます。

というか、確かに足は疲れやすかったような気がしましたが、身体は普段より軽く感じました。
「あれ、私今走ったらオリンピック記録塗り替えられるんじゃない?」ってくらい。(←無理です)

「食べる」ということを改めて見直した二日目でした。

続きを読む >

★激やせ!?リバウンド?断食体験記その②意外と余裕な一日目

2012/09/07  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

断食への不安

断食を始めるにあたって、一番私が危惧していたのは「断食という食事制限によって、摂食障害につながらないか?」ということ。というのも、私は高校生のころ過激なダイエットの結果、過食嘔吐を繰り替えす軽い摂食障害になっていたからなんです。

いくつかの記事で紹介している通り、夏目祭子さんのダイエットやめたらヤセちゃったを読んで摂食障害を克服して以来は一度も故意に嘔吐するようなことはありませんし、体重もそのころより10kgほど痩せています。(最高で12kg痩せましたが、最近ちょっと太ったので…)

今、「出来ればもうちょっと痩せたいな〜健康にもなりたいな〜」という軽い気持ちで無理な食事制限をすることで、以前ような過食嘔吐の引き金になってはたまりません。

なので、

•無理はしない!

•飲み物は自由

というユルユルなルールで、とりあえず始めて見ました☆

初体験な一日目は…

断食一日目

前日の21時に夕食(サラダ、ご飯、チキン)を芋値軽めにすませたので、そこから断食開始。

とりあえずメインの飲み物はタンパク質を始めその他もろもろの栄養がある豆乳に決定。早速朝からゴクゴク飲みました。あと、一日2リットル以上の水は必ず飲みます。
※断食中は、普段食事から取れる水分が取れなくなるから、いつも以上に意識して水分をとらないといけないんだそうです。

最近流行のベジ酵素も考えましたが、高いので却下。

この日は普通に仕事だったのですが、水2リットル、豆乳×3、野菜ジューズ×1で一日過ごしました。こまめに、チマチマ飲んでいたら空腹はほとんど感じませんでしたよ。

しかし、食事の時間がないと


暇時間が沢山できます。普段ならランチの時間も…今日は別の事に使える!

ということで、何となく余裕な一日目でした。体重は-1kg!まぁ、これは脂肪が減ったのではなくて、水分だとかお腹の食べ物の分と考えて、あまり喜ばずにおきます。ちなみに、ウンチは出ませんでした。

断食体験者の声で「お風呂で倒れた」というものがあったので、湯船にはつからずにシャワーですませました。寝る時も、あまり空腹は感じませんでした。l豆乳が良かった気がします。

続きを読む >

★激やせ!?リバウンド?断食体験記その①断食って何?

2012/09/06  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

プチ断食ってどうなの?

前々から気になってはいたんですが…試してみました!いわゆるプチ断食

ネットで検索すると、「痩せた!」「体調が良くなった!」「肌荒れがなおった!」「意外と簡単」…といったポジティブなものから、「リバウンドした」「倒れた」(←!)「結局続かなかった」…なんてネガティブなものまで様々。

やり方も、水だけで過ごす過酷なもの、ヨーグルトは食べて良い、というちょっと楽なもの、水すらも飲まない(!)という過激なもの…色々あります。

さらには期間も、「一週間はやらないとダメ」という人もいれば、「半日でも効果がある」という人もいるし…

宿便(←腸にへばりついているとされているウンチのこと)も、出たという人もいれば、お医者さんが「宿便なんてものは、そもそもはありません。カメラで確認しました」とコメントしていたりします。

もう、一体何が正しいのよ!

といい加減調べるのにも飽きてきたので、とにかく確かめてみることにしました。

今回の記事では、そもそも断食って何なのかを書いています☆

断食の効果

そもそも、私がなんで断食に興味を持ったかというと、ダイエット効果とデトックス効果があると聞いたから。「ダイエットはなんとなく分かるけど…デトックス?」と思った私は調べまくりました。

そして分かったことは、

•現代人は、常に食べ物に手が届く環境にあり、食べ物を食べ過ぎている。なので、内蔵が休まっていない。

•断食をすることで、消化、吸収で忙しい内蔵を休憩させることができる。

•すると内蔵は「毒素」を外にだそうとする(「排出」にエネルギーを使える)ので、デトックスになる。
…ってなことです。

デトックス効果として良くあげられているのが「宿便が出た」というもの。この宿便というのは、腸の壁にこびりついてしまっているウンチ。人間、誰しもがこの宿便を抱えていて、これは断食をしないと出てこないんだとか…。

私はこの宿便にとっても興味をもって(笑)、是非出したい!と思い色々とその方法を調べたのですが、調べてビックリ。

実はこの宿便…「そもそも存在しない」んだそうです。

というのも「今まで、腸の中を何人も内視鏡カメラで見て来たけど、みんな腸の壁はピンクで、ウンチがこびりついている…なんてことはなかった」とお医者さんが証言していたからです。

「「宿便がでた!」と言う人がいるのは、物を食べていないのにウンチが出たから、そう思う人がいつのではないか…」とも言っていますが、人間のウンチのほとんどは「食べかす」ではなく、「入らなくなった内蔵のかす」なんだそうです。身体の中の「フケ」「抜け毛」みたいなものですね。

なので、断食中でもこの「入らなくなった内蔵のかす」は出るし、食べ物のかすがない分色も黒っぽくなるので、「宿便だ!」と勘違いするのでは…

とのことです。

それでも、デトックス効果はあるし、便秘も解消する…という体験者の声が多いです。

ダイエット効果に関しては、断食で食べ物に対する考えや味覚が変われば期待できますが、「我慢している」という辛い気持ちが溜まってしまうと、ストレスから結局ドカ食いにつながってしまうのでリバウンドしがちなようです。

結論としては…

「正しい知識を持ってやらないと危険」というのが共通の認識のようですが、その正しい知識が結局なんなのか、私なりにまとめると、

•ストレスを貯めると失敗する

•宿便はない

•デトックス効果はある

•確実に痩せる

そんなところです。元々、長期的にやるつもりはなく、あくまで「プチ」断食。なので、命に関わるような危険はあまりないと思うのですが、「目眩や頭痛や耳鳴りがしだしたら危険。すぐにやめた方がいい」だそうなので、それだけはしっかり頭にいれておこうと思います。

では、次回からいよいよ体験記です☆

続きを読む >

★ダイエットのモチベーションを上げる14の名言とオマケ画像

2012/09/05  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」

その通り!未来の自分は今の自分の行動が作るもの!

「年寄りになってから痩せたって、何の楽しみもない。だから今やるんだ」

ダイエットを早く始めれば始めた分だけ、早くコンプレックスがなくなり、
早く好きな服を着ることが出来て、早く海にも行けるようになる
…つまり、楽しい人生が早く始まる。

「自分はこの食べ物の味を知っている。だから食べなくてもいい」

…確かに。

「痩せている人はストレスと食べ物を一緒にしない。」

そうなんですか?私もこれからは切り離して考えます。

「食べ物が勿体無いんじゃなくて自分の体が勿体無いと思いなさい」

お腹がいっぱいなのに、食べてしまいたくなる時によく効きます。

「お金を払って、わざわざ太ることはない。必要のないものは食べない。」

上と同じで、「もったいない」のは食べ物に払ったお金ではなくて、
自分の身体なんですね。
もう、多めに買いすぎないようにしよう。

「空腹は脂肪の断末魔」

空腹な状態の私はエクソシスト。

「デブだから言い訳するんじゃない。言い訳するからデブなんだ。」

もう、言い訳しません。

やれば出来る、やらなきゃ出来ない。

「どんな美味しい食べ物も、痩せているという快感には敵わない」 byケイト•モス

 

「一夜にして太るわけではない。一夜にして痩せる事もありえない」 by高橋久仁子 

今はまだ、本当の自分じゃないから、全力の自分じゃないからと、死ぬまで言い続けるのか? by利根川幸雄

脂肪で大きくなったからだは、心を小さくしてしまう byドラマ「リバウンド」

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる。 byイチロー

元気がでるダイエット成功画像

綾瀬はるか

綾瀬はるかさん、太ってたんですね。
ずっと痩せていて可愛いイメージだったのでビックリ!

続きを読む >

★本当に痩せるダイエット、痩せないダイエット

2012/09/03  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

 基本的に、…短期間でやる系のダイエットはしても痩せません…悲しいことに。

 頑張って食事を制限して、リバウンドするのがオチです。

 本当に綺麗に、ちゃんと痩せたいのなら、

 長期的にストレスをタメずに、すこしずづ食事を制限する(というか見直す)ことです。

 それプラス、筋肉をつけること。

 ただ、drawrysikinのように、それすらもストレスになる(笑)、という人に、絶対に読んで欲しい本があります。

 

 それが、以前もご紹介したこれです。

 

 

 

 簡単にいうと、食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べるダイエット。

 
 アホかぁ!と思ったあなた。

 是非、読んでください。

 食事制限をするダイエットが、私たちの体にとって何なのか…

 「体」のシステムに、本当にあった痩せ方は何なのか…それが良くわかります。

 
 
 その本の著者の方もそうだったのことですが、

 後のダイエットは…試したものは、どれも全てダメでした。

 次回からは、その時挑戦した危険なダイエット特集です(笑)

 

続きを読む >

★ナチュラルハイジーンで…「美」をGET

2012/08/17  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

 ナチュラルハイジーン…

 知る人ぞ知る健康法。

 

 最近、drawrysikinは便秘に悩まされていたので、

 (↑便秘は肌荒れ、肥満のもと!)

 ネットでの口コミ評価が高かったこれを試したところ…

 効果覿面

 快便です。

 ちょっとした食事療法とでもいいますか…

ざっくり言うと、
 
 「本当に人間にあった食生活をするべき」というもので、

 簡単に言ってしまえばベジタリアンなので、厳密にやるのは大変。

 drawrysikinがなるべく実践しているのは、

 →肉や卵などの動物性タンパク質を摂取しない

 →野菜、フルーツなどをメインに食べる

 →午前中はフルーツしか食べない

 の三つです。適当にやっているので全く大変じゃありません(笑)

 でも、「意識」してお肉や卵を避けて、

 朝フルーツをとるようにしただけで、

 便秘解消☆

 お肌も調子よし!

 さらに3日で1kg減

 何より、ストレスフリー♪

 

 まだ始めたばかりですが、

 なんだかとってもいい感じです♪

 また経過報告していきます(^^)

 ちなみに、腸モミダイエットも平行してはじめてみました〜

 腸モミはねじれ腸にも効きそう!

 便秘に悩む人にはオススメです★

続きを読む >

これならストレスが溜まらない!無理せずに食べる量を減らす5つの方法

2012/08/06  【ダイエット】痩せる方法が知りたい

ダイエット・PMS

食べる量を減らしたい

「食べる量を減らしたいけれど、どうしても我慢できずに食べてしまう」

ダイエットをしているとき、こんな風に悩んだ経験のある人は多いのではないでしょうか?

口で言うのは簡単ですが、三大欲求の一つである『食欲』を我慢するのは実はとても難しいこと。無理やりに押さえ込んでしまうと、後から食べ物への欲求が爆発して暴飲暴食につながってしまう可能性もあります。

だからこそ、食事制限をするときには『ストレスを溜めずに食べる量を減らすこと』が大切。

今回は私自身が実践して効果があったと感じる5つの方法を紹介します。

続きを読む >

4 / 5