恋人にイラッとしてしまったとき

  • 恋人にイライラしてつい酷いことを言ってしまった
  • 恋人への怒りが収まらずにやけ食いしてしまった
  • 恋人にムカついて大切な思い出の品を捨ててしまった

などなど。『その場の怒り』に身を任せて行動してしまい、後から後悔した経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。

我慢しようと思ってはいても。疲れているときなどにこうした行動に出てしまうのも無理はありません。

大切な人との喧嘩などで『大きなストレス』を感じたとき、人はついつい後先考えずに先に紹介したような『目の前にあるストレス解消方法』に飛びついてしまいがちです。

しかしそれでますます喧嘩がこじれてしまったり、後から自己嫌悪に襲われるのは、なるべくなら避けたいところ。

そこで今回は、恋人にイラッとしたときにおすすめの『ストレス解消方法』5選を紹介します。

【1】ストレッチをする

ストレッチをする

ストレスを感じたとき。体の筋肉は攻撃に備えて緊張し、硬くなっています。

イライラを緩和させるためには、この緊張をほぐしてあげるのが効果的。

  • 肩を上げ下げする
  • 腕を動かす
  • 大きく伸びをする

などのちょっとした動きが、意外と大きな効果を発揮します。

【2】大きく深呼吸をする

深呼吸をしてリフレッシュ

同じく、ストレスを感じて緊張しているときというのは呼吸が浅くなっているもの。

鼻から大きく息を吸って、口から倍の時間をかけて吐き出す。

これを何回か繰り返してみてください。
場所に余裕があればラジオ体操のように一緒に腕を動かすと、ストレッチも加わってより効果的です。

【3】別のことに集中する

他のことに集中

喧嘩になりそうな時、少しだけブレイクタイムを設けて別の何かに集中することも、怒りを発散させるには効果的です。

  • 読書
  • 料理
  • アクセサリー作り
  • ゲーム

などなど、あなたが楽しめることならなんでもOK。

だたし、怒りを持ち込んでイライラしながら取り組むと、失敗を引き起こして余計にイライラする結果に繋がりかねません。ただ作業をするだけではなく、『集中して作業をすること』を心がけてみてください。

【4】紙に書いて破り捨てる

紙に書いてイライラ緩和

怒りを感じたとき。その怒りを『なんらかの方法』で表現することによって、人の気持ちはある程度落ち着きます。

そこでおすすめなのは、紙に書いてしまうこと。手元に紙がなければスマホやパソコンに打ち込むのも良いと思います。そしてさらにおすすめなのは、その紙やデータを消去してしまうことです。

紙に書くなどして表現した『怒り』は、それを見返すたびにぶり返してしまいますが、いざ破り捨ててしまうと「なんて書いたっけ?」と思い出せないことも多いもの。そしてそれは『思い出さなくても良い程度の怒りだった』ということです。

『書く』『破る』この2つの行為で、怒りはより発散されやすくなります。そして怒りを持ち込まなければその後の話し合いは円滑に進みやすくなります。

【5】笑う

笑う

人の表情は、相手だけではなく自分の気持ちにも影響を与えると言われています。

怒りを感じたときには、口角を上げてニッコリと笑ってみてください。たったこれだけのことでも気持ちには影響してくるもの。

また、怒っているときというのは眉間にシワがよりがち。その部分に指を当ててクルクルと動かしてほぐしてあげるのも効果的です。

自分に合った方法を見つけよう

いかがでしたか?

イラッとしたり怒りを感じたとき。それをそのままぶつけてしまったり、あるいは結果的に自分を傷つけるような方法で発散させてしまうと、後から後悔することになりがちです。

まずは上手に発散させて、冷静になる。そしてその上で、解決方法を考える。これができるようになると、恋人との喧嘩の頻度は激減します。また、喧嘩になったとしても早い段階で解決できるようになります。

あなたに合った『ストレス発散方法』を見つけてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が幸せな未来に繋がりますように……☆