『彼氏いない歴=年齢』は変えられる

「彼氏ができない」

もしかすると、あなたもそんな風にお悩みかもしれません。
私自身、長年同じ悩みを抱えていました。

  • 彼氏が欲しい、でも出来ない
  • 「いいな」と思う人を見つけても恋に進展しない
  • そもそも出会いがない

今回はそんなあなたにオススメ。
『彼氏いない歴=年齢』からモテる女に変わる効果的な8つの方法を紹介します。

【1】外見を変える

外見を変える

あなたは普段、どんな外見をしていますか?
外見を変えることで、周りの人へ与える印象は大きく変わります。

  • 目を隠してしまう重い前髪を横わけにする
  • 黒や紺などの地味な服から白や黄色などの明るい色の服に変えてみる
  • 人と接するときに普段よりも口角を3ミリ上げてみる
  • 伸ばしっぱなしの髪を美容院で整えてみる
  • すっぴんで出歩くのをやめてメイクをして出かける
  • ジーパンよりもスカートを履く機会を増やす

これらは、私が実際に『彼氏いない歴=年齢』のときに実行して、「効果があったな」と感じたものの一部です。

外見が人の全てではありません。しかし外見はその人への『入り口』です。レストランを探しているときにも、入り口がボロボロでは「中に入ってみたい」とはなかなか思いませんよね。

豪華に飾り立てる必要はありませんが、きちんと『女性らしく整えておくこと』は、出会いを増やすためにとても大切です。

中身は全く同じでも、たったこれだけのことで異性から話しかけられる機会を増やしたり、顔見知りの異性から女性として意識してもらうことができるのです。

【2】恋愛スイッチを『ON』にする

恋愛スイッチをONにしよう

あなたはなぜ恋愛がしたいのでしょうか?

「周りの友人が楽しそうだから」「そろそろ結婚して親を安心させたいから」「周りにおいて行かれるのは不安だから」などなど、様々な理由があるかと思います。

でも、もしかすると、あなたは心の奥底では「恋愛なんてしなくていい」と思っているのかもしれません。

これは実はよくある話。というのも、私たち人間は『変化』を嫌がる生き物だからです。

変化なんてしなくても、今のままで生きていけている。変化するのは大変だし、変化した結果、傷ついたり苦労するのは嫌だ。変化なんてしてしまったら今の生活に戻れなくなるかもしれない。だから、変化なんてしないほうがいい。

この『変化』という言葉を『転職』『ダイエット』『恋愛』などに置き換えると、しっくりくる人も多いのではないかと思います。

心の奥底でこんな風に思っていると、「恋がしたいな」と頭では思っていても、なかなか踏み出すことができないもの。合コンやパーティに参加しても、どこか冷めた目で相手を見てしまったり、条件だけで相手を選んでしまったりとなかなか恋が進展しません。相手からアプローチされて付き合っても、結局好きになれないまま破局……なんてことにもつながりがち。

では『OFF』の状態にある恋愛スイッチを『ON』にするためには何をしたら良いのでしょうか?

それにはまず、心の奥底の『変化なんてしたくない』という気持ちを塗り替えることが大切です。固まっているスイッチを動きやすいようにほぐして行きましょう。

そのためには、1日に1つでも2つでも『新しいこと』に挑戦してみてください。いつもと違うカフェに入ってみるのでも、今まで話したことがない人と話をしてみるのでも構いません。

こうして『新しいこと』にどんどんチャレンジしていくと『変化すること』への抵抗が少なくなります。

そしてその上で、心の底から「恋愛って素敵」「恋をしたら人生がもっと楽しくなりそう」と感じる機会を増やしてみてください。恋愛映画を見たり、恋愛小説を読んだり。友人の惚気話を聞くのもとても効果的でオススメな方法です。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ、変化を感じられるはずです。やがて心のそこから「恋がしたいな」と思えるようになります。恋愛スイッチが『ON』になるのです。

すると、より積極的に、そしてポジティブな気持ちで恋に取り組めるようになります。

焦りや不安は一旦忘れて。周りなんて関係ない。
あなたがドキドキ、ワクワクする瞬間を大切にしてください。それが幸せな恋愛をする、一番の近道です。

【3】恋愛をするための時間を作る

恋の時間を作ろう

この1週間を振り返ってみてください。
あなたはどのように時間を使っていましたか?

「恋人がいないから仕事をしている」
「恋人がいないから女友達と遊んでばかりいる」
「恋人がいないから趣味に時間を費やしている」

もしかするとこんな風に答える人もいるかもしれません。以前の私がそうでした。

時間を有効活用するのはとても素晴らしいこと。
しかし、ちょっと「いいな」と思う人ができても、1ヶ月先までスケジュールが埋まっているのでは、なかなか恋は進展しません。

「いつ会おうか」などと言っているうちにメールのやり取りが途絶え、連絡するのが少し面倒になり、やがて恋心も冷めてしまう……というのはよくあるパターン。

恋愛初期の恋心というのは、簡単に熱くなったり冷めてしまったりするのです。

「恋がしたいな」と思ったときには、思い切って『恋愛のための時間』を作ってみてください。

最初のうちは、その時間を先に紹介したような『外見を変えるための時間(美容院に行く、服を買いにいくなど)』や『恋愛スイッチをONにするための時間(新しいことにチャレンジする、恋愛映画をみる、友達ののろけ話を聞く)』などに使うのも良いと思います。そして気になる人ができたときには、是非その人との時間に使ってください。

【4】普段行く場所を変える

行く場所を変えよう

物理的に異性との出会いがなければ、恋も始まりようがありません。

普段あなたが普段いく場所を『異性との出会いがありそうな場所』に変えてみましょう。

  • 女友達との食事会を『女性客やカップルばかりのカフェ風レストラン』から『サラリーマン御用達の居酒屋』に変えてみる
  • 家での晩酌をやめて1人で雰囲気の良いバーに出かけてみる
  • 休日にゴロゴロするのをやめて街コンや婚活パーティーに出かけてみる
  • 彼氏がいる友達に頼んで合コンを企画してもらう
  • 異性を含めたグループでのアウトドアイベントに参加する

などなど。最初のうちは勇気がいるかもしれませんが、慣れてくると『新しい出会い』を見つけるのも楽しくなってくるもの。

ゼクシィなどの大手企業でも季節ごとに様々な恋活・婚活系のイベントが企画されているので、チェックするとお好みに合うものが見つかるかもしれません。

>>>ゼクシィ縁結び

【5】団体行動をやめる

団体行動

あなたは普段、何人で行動することが多いでしょうか?

『お1人さま』は出会いのチャンス!1人で行動できる女性が異性にモテる3つの理由の記事でも紹介した通り、恋がしたいと思っているときには『少人数』で行動するのがおすすめ。

というのも、その方が男性は話しかけやすいからです。

「いつも女性3〜4人で食事に行くことが多い」という人は、是非『1人』もしくは『2人』で行動する機会を増やしてみてください。

これは、出会いが欲しいと思っている女性には特にオススメの、効果的な方法です。

【6】会話の仕方を変える

会話の仕方を変えよう

「いいな」と思う異性と出会ったとき。
あなたはついついこんな行動をしてしまっていませんか?

  • 緊張して無表情・無口になってしまう
  • 会話が途切れないように一生懸命話続ける
  • 相手に楽しんでもらうために下ネタで笑いを取る
  • 『モテる女性』と感じてもらうために他の異性の話をする
  • 失礼がないように硬い態度を崩さない

実はこれらは、恋を進めるためにはあまり効果的ではありません。

男性が「可愛いな」と感じるのは、自分の話を聞き、楽しみ、心を開いて甘えてきてくれる女性です。

  • 異性と会話をするときには笑顔を心がける
  • 相手の話を楽しそうに聞く
  • 下ネタや下品な内容の話は避ける
  • 他の異性の話(特に性経験など)は口にしない
  • 親しみを込めて相手を接する

お互いの関係や相手の性格にもよりますが、会話中にはこれらのことを意識してみてください。距離が縮まりやすくなります。

【7】恋のステップを知っておく

恋の段階を知ろう

「いいな」と思った人、あるいは自分に対して好意を抱いてくれた人との恋を『お付き合い』に進めるためには、お互いが同じように恋心を育てていく必要があります。どちらかの気持ちが重すぎても、気持ちを伝えなすぎても恋は進展しないのです。

大まかにですが、段階(ステップ)を解説します。

①「いいな」と思う段階……誰かに対して「いいな」と思う。「親しくなりたいな」と思う段階です。

この段階の時には『話しかける』『笑顔で接する』『相手の話を楽しそうに聞く』『相手のことを褒める』などの行動が適切です。これ以上のこと(いきなり告白、ベタベタとボディタッチをする……など)をしてしまうと、相手から「馴れ馴れしい」「重い」などと思われがちだからです。

まずは「人として好意を抱いています」という気持ちを伝えましょう。学校や職場で2人きりでも会話が出来るような状態になる。メールアドレスを交換するなど、『お友達』になることを目標にするのが最初の段階です。

②お互いの好意を意識する段階……会話をしているうちに、「この子ってもしかして俺(私)のことが好きなのかな?」と意識するのが第二段階です。

先に紹介した行動に加えて『メールにハートマークをつける』『軽いボディタッチをする』『見つめる』などの行動が適切です。恋愛的な好意を匂わせましょう。これらの行動をしないと、相手に「この人は自分に恋愛的な関心も抱いていない」と思われてしまいますし、逆に好意を伝えすぎてしまうと避けられてしまいがちです。

この時点で、相手が全くのノーリアクションであれば、現段階ではその恋が進展する可能性は低いと考えられます。なので次の相手に行くか、あるいは『お友達』としてじっくり距離を縮めることをお勧めします。

逆に、相手からも同じような『脈ありサイン』が返ってくるのであれば、次に進みます。

③恋人候補にノミネートする段階……お互いに相手が自分を異性として意識していることがなんとなく分かる段階です。この段階になると、2人きりのデートに誘われたり、メールの頻度も増えるようになります。

この段階でも重くなりすぎないように注意しつつ、より積極的に脈ありサインを伝えて行きましょう。相手に「告白したら付き合えるかも」と感じてもらうことが大切です。

押すだけではなく、時々は連絡しない期間を作るなどの『引き』を作るのも効果的です。やり過ぎには注意が必要ですが、程よい駆け引きはよりその恋を燃え上がらせます。

④友達以上恋人未満の段階……ここまでくれば、あとは告白へのカウントダウン。2人きりでデートに出かけたり、場合によっては手を繋いだりしているかもしれません。この時期には駆け引きをするよりも、きちんと好意を示して「告白したらOKするよ」というサインを出すのがお勧めです。

ほとんどの場合、恋愛はこうした段階を経て進展していきます。

しかし彼氏ができないと悩んでいる女性の恋愛はこうした段階を経ていないこと・段階毎の適切な行動ができないない人が多いのです。好意をひた隠しにしてしまったり、追いかけすぎて相手に逃げられてしまったり。友達以上恋人未満の関係にもかかわらず、あまり好意を伝えないまま時間だけが過ぎてなんとなく連絡し辛くなってしまったり……。

そうした事態を避けるために、こうした『段階毎の行動』を大雑把に押さえておくことはおすすめです。『やりすぎ』でも『やらなすぎでも』なく、『ちょうどいい行動』をすることで、恋愛をスムーズに進めることが可能になります。

【8】男心を学ぶ

男心を学ぼう

男性が女性からされて嬉しいことと、女性が男性からされて嬉しいことは全く違います。

例えば、男性は女性から「ご馳走するよ」と言われるのをあまり快く思わなかったりしますが、これは「頼りにされていない」「女性におごられている自分はカッコ悪い」と感じるからです。

逆に女性は「男性からおごられるのはかっこ悪い」とはあまり思いませんよね。

もちろん、立場は性格によっても感じ方は変わってきますが『男』と『女』でざっくりくくると、こんな風に感じている人が多いのです。

男性……女性から尊敬されたい。甘えられたい。頼られたい。『かっこいい男』『凄い男』『強い男』と思われたい。女性を守りたい。女性の前でいいところを見せたい。

女性……男性から可愛がられたい。「可愛い」「優しい」と思われたい。男性から守られたい。

こんな気持ちがあるからこそ、男性の中には好きな女性の前で自慢話をしたり、ちょっと見栄を張る人、女性から馬鹿にされることを嫌がる人が多いのです。

「男の人って何を考えているのか分からない」と感じている女性は、是非『男心』について学んでみてください。

一言に『男性』と言ってもいろいろなタイプの人がいますが、『男心』を学んでおくと、お付き合い前後はもちろん、結婚生活や子育てでも役に立つ可能性があります。

恋の悩みは幸せな未来を掴むためのハードル

恋の悩みは幸せへの階段

いかがでしたか?

恋愛には縁や運やタイミングも関わってきます。
だからこそ『上手に恋愛をすること』『近道で恋を進めること』が必ずしも正解だとは限りません。

『彼氏いない歴=年齢』に悩んでいる人もいれば、『彼氏ができてもすぐに別れてしまうこと』に悩んでいる人もいます。『これまでに1人としか付き合ったことがない』とコンプレックスを抱いている人もいれば、『好きじゃない人から告白されてばかりで好きな人には振り向いてもらえない』と悩む人もいます。

それらは全てその人の成長のために、必要なプロセスなのではないでしょうか。

悩んだり、迷ったり、ときどき苦しんだりしながら、あなたが最高に幸せと感じられる恋をゆっくり探してみてください。

少しずつでもいいんです。ときどき立ち止まっても引き返してもそれでも少しずつ進み続ければ。いつか必ず、あなたにとって一番幸せな恋と出会うことができますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が幸せな未来に繋がりますように……☆