ホワイトデーに対する男の本音

2月14日は女の子の一大イベント、バレンタインデーでした。
そしてその対になっているイベントが3月14日のホワイトデーです。

「彼からお返しがもらえるかな?」とドキドキしている女性が多い反面、男性は意外と無関心……?

今回は『ホワイトデーに対する男の本音3選』を紹介します。

【1】面倒くさい

ホワイトデーって面倒くさい

「女性の前では言えないけれど。ホワイトデーって結構めんどくさい……」

そんな風に考えている男性、意外と多いようです。

  • お返しを選ぶのが面倒
  • 義理チョコにわざわざお返しをあげるのが面倒
  • お返しのためにお金と時間を使うのも面倒

そもそも男性は女性と比べるとお菓子に詳しくありません。かといって代わりにあげるものも思い浮かばない。女性が好みそうな小物もわからない。手作りなんて絶対無理。

だからこそ「面倒だな……」という気持ちにも拍車がかかるのかもしれません。

とはいえ、女性から「お返しもくれないケチな男」と思われたくないから渋々お返しを買いにいく……という男性もいるようです。

「ホワイトデーに何が欲しい?」などと尋ねられたときには、具体的に要望を伝えておくのも親切かもしれません。

本命の彼には「お返しに○○に連れて行って」などとデートを提案するのもおすすめです。

【2】割とどうでもいいイベント

どうでもいいイベント

クリスマスや誕生日と比べると、ホワイトデーは『どうでもいいイベント』として認識している男性が多いようです。

これにはいくつかの要因が挙げられますが『女性がバレンタインにかける情熱を理解していないこと』『ホワイトデーが春休み期間中の場合があること』『4月からの新環境の方に意識が行ってしまいないがしろになってしまうこと』などが挙げられます。

【3】お返しはあげなくても問題ない

ホワイトデーのお返しはなくても問題ない

多くの場合、女性はお返しを期待しています。
しかし多くの男性は「ホワイトデーにお返しを渡さないことは別に大した問題ではない」と考えているようです。

たかだお菓子。されどお菓子。

『気持ち』がこもっているからこそ女性はお返しが欲しいと考えるものですが、そもそも男性と女性の間には『温度差』があるのだと考えておいた方が良さそうです。

男女の温度差

いかがでしたか?

そもそも、男性はあまりバレンタインデーにも期待していない人が多いようです。

  • 期待してもらえなかったら傷つくから初めから期待しない
  • 期待してドキドキしているのはカッコ悪い
  • もらえたらそれはそれで嬉しいけどもらえなくても問題ない

こんな風に考えているからこそ。
ホワイトデーにも『温度差』が生まれてしまうのかもしれません。

お返しが欲しいのであれば、素直に彼に『おねだり』してみてはいかがでしょうか?

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆