ホワイトデーのお返しの催促

「彼氏がホワイトデーのお返しをくれない」

もしかすると、あなたもこんな風にお悩みかもしれません。

【温度差】ホワイトデーに対する男の本音3選で紹介したように、男性は女性の想像以上にホワイトデーに無頓着。「わざわざお返しをしなくても彼女も気にしないだろう」と考えている男性も少なくありません。

しかし女性の立場からすると、一生懸命選んだチョコレートにお返しがないのは少し寂しいものですよね。そんなとき、催促をされると男性はどんなことを思うのでしょうか?

今回は『ホワイトデーのプレゼントを要求されたときに男性が思う3つのこと』を紹介します。

【1】「プレゼント目当てでチョコをくれたの?」

プレゼント

女性からお返しを催促されたとき、「お返し目当てだったの?」と感じる男性もいます。

プレゼント目当てだったと誤解されないためには、催促をするときに「一生懸命、気持ちをこめて選んだ(作った)ものだから、お返しがないのは寂しいな……」など、『気持ちが欲しい』と強調するのがおすすめ。

【2】「たかがお菓子くらいで……」

チョコレート

「どうしてお返しをくれないの!?」などの責めるような発言をされたとき、このように感じる男性も多いようです。

確かに、チョコレートそのものの値段は大した金額ではないかもしれません。でも、そこに込められた気持ちが大きいからこそ、お返しがもらえないことを悲しく感じるもの。

しかしそんな女心がなかなか理解できず「たかがお菓子くらいで……」と思われてしまう場合もあります。

それを防ぐためには「ありえない!」「酷い!」と相手を責めるのではなく「お返しがないのは寂しいな」と素直に自分の気持ちを伝えるのがオススメです。

【3】あ、ホワイトデーって意識してるものなんだ

ホワイトデーを意識

自分自身がホワイトデーに無頓着な男性の場合。彼女も同じように『ホワイトデーに無頓着』だと思っている可能性もあります。

誕生日やクリスマス、そしてバレンタインと比べると、確かに『イベント感』が薄れてしまいがちなホワイトデー。

イベントに無頓着な彼には前もって可愛らしくおねだりするのがおすすめ。「彼女はホワイトデーを楽しみにしているのか」と気づいてもらえます。

お返しをくれない男性の心理

いかがでしたか?

催促なんてしなくてもお返しをもらえれば何よりですが、お返しをくれない男性は意外と多いもの。

  • 女性が勝手にくれたものだからお返しをする必要はない
  • 何をあげたらいいのか分からない
  • 「ありがとう」と伝えたから充分だと思っていた
  • 「お返しは気にしないで」と言われた

など『ホワイトデーのお返しをくれない理由』は人それぞれですが、やはり何もないのは少し寂しい気がしますよね。

『お返しが欲しいと思っているのにもらえなかったとき』には、言い方に気をつけつつ、素直におねだりするのがおすすめです。