ホワイトデーのお返しに関する女心

以前、【温度差】ホワイトデーに対する男の本音3選を紹介しました。

男性の中には、ホワイトデーを「どうでもいいイベント」と捉えている人も意外と多いもの。

一方の女性はどんな風に思っているのでしょうか?
今回は『ホワイトデーに対する女の本音3選』を紹介します。

【1】なにか欲しい

なんでもいいから何か欲しい

  • 気持ちを込めたものだからお返しがないのは寂しく感じる
  • 義理チョコはどうでもいけど、本命のチョコにはお返しを期待してしまう

大好きな人に渡した『気持ち』だからこそ。ホワイトデーには「何でもいいから何か欲しい」と期待している女性はとても多いです。

小さなお菓子でも、ちょっとした雑貨でも。何だって良いんです。欲しいのは物じゃなくて『気持ち』です。

【2】お返しはあるのが当然

「バレンタインにチョコレートをあげているのだから、ホワイトデーにお返しをくれるのは当然」

特に、お付き合いしている恋人に対してこんな風に考える女性が多いです。バレンタインのプレゼントにも、それなりに手間やお金がかかっているから。そして何より気持ちがこもっているから。

一方、片思い中の男性のチョコを渡した場合は「お返しをくれたら嬉しいけど期待していない」という女性が多くなります。これは片思いの場合にはバレンタインチョコも『一方的に気持ちを伝えるツール』としてプレゼントすることが多いからです。

【3】あげたもの以上のお返しを期待してしまう

あげた以上のものを期待してしまう

『ホワイトデーのお返しは受け取ったものの3倍の金額』

こんな言葉を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

だからこそ「3倍とまではいかなくても、自分があげたものよりも高いもの(良いもの)を期待してしまう」という女性も少なくありません。

お返しは期待しないのがオススメ

以上3つの『女性の本音』を紹介しましたが、いかがでしたか?

『お返し』を期待している女性が多い反面、男性の中には「チョコレートは女性が勝手にくれたもの」「ホワイトデーはどうでもいいイベント」「お返しはしなくても問題ない。彼女も気にしていないだろう」と考えている人も、意外と多いもの。

『バレンタインには女性がプレゼントしホワイトデーには男性がお返しをする』というのが当たり前だと思わず、「くれたらラッキー」くらいに思っておくと心穏やかに春を過ごせるかもしれません。

「お返しが欲しい」と思ったときには、素直におねだりしてみるのもオススメです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来に繋がりますように……☆