付き合う直前の男性とのホワイトデー

気になる人と過ごすホワイトデー。

「あんまり期待しないようにしよう」と思いつつ。
男性からお返しがもらえたら、やっぱり嬉しいですよね。

ホワイトデーは、お返しをする側の男性も「喜んでくれるかな」とドキドキしているもの。

今回は『ホワイトデーに恋人未満の男性からお返しを受け取るときに心がけるべき4つのこと』を紹介します。

【1】「すみません」より「ありがとう」

すみませんよりありがとう

誰かからプレゼントやお返しをもらったとき。
反射的に「すみません」と返してしまった経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

「気を遣わせて申し訳ない」という気持ちから出てきてしまう「すみません」という台詞。一見気遣いのようですが、実は言われた側はこんな風に考えてしまいます。

  • お返しをして迷惑だったのかな?
  • 彼女を困らせてしまったかもしれない
  • あんまり喜んでくれなかったみたいだ

せっかく選んだプレゼントだからこそ、女性には喜んでもらいたいと思うもの。

ホワイトデーのお返しをもらったときには「すみません」よりも「ありがとう」を伝えてみてください。喜びが伝わりやすくなります。

関連記事:「ごめん」より「ありがとう」を言える人が絶対的にモテる理由

【2】他の男性からのお返しを見せない

他の人からのプレゼント

話のネタにと「今日はこんなに沢山もらっちゃった」と、他の人からもらった『お返しの品』を見せたり。「××からはキャンディで……△△さんからはマシュマロと映画のチケットで……」などと話題に出すのも避けた方がベターです。というのも、他の人からのお返しを匂わせると、男性はこんな風に感じるから。

  • 自分へのチョコは義理だったのだろうか?
  • 自分だけ特別じゃなかったんだな
  • 自分があげたものより良い品があったら嫌だなぁ

他の人からの『お返しの品』は、本命の彼とのデートには持ち込まないようにしましょう。

【3】会うときには時間に余裕をみる

時間に余裕

ホワイトデーのデートには、出来れば時間に余裕を見ることをオススメします。理由は2つです。

  • 「お返し目当てに会いに来た」と思われないため
  • 告白される可能性があるから

ホワイトデーのお返しだけ受け取ってさっさと帰ってしまうと、「お返しが欲しかっただけなのかな」と思われてしまう可能性もあります。

また、バレンタインデーにチョコをあげたことで、好意はある程度男性に伝わっているはず。わざわざホワイトデーに会ってくれるのは、その好意を受け入れてくれている可能性が高いです。

告白されるかどうかは2人の距離にもよりますが、バレンタインにチョコを渡した上でデートをしてくれるのであれば、相手もまんざらでもない可能性が高く、デートでも2人の関係が進展する可能性が高くなります。

デートは時間に余裕を持って参戦しましょう。

【4】感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ち

ホワイトデーがもらえるのは、女性がバレンタインにプレゼントを渡したから。

だからこそ女性の心には「ホワイトデーにお返しをもらえるのは当然」という気持ちが芽生えてしまいがちです。

彼から「どうしても欲しい」と言われていたのであれば話は別ですが、そうでなければチョコはこちらが勝手にプレゼントしただけです。

だからこそ、彼がお返しをしてくれたのであれば。
その優しさや思いやりに対して、感謝の気持ちを忘れないように心がけましょう。

小さなことが実は大切

いかがでしたか?

ちょっとしたこと。だけど大切なこと。

気になる彼とのホワイトデー。
是非、今回紹介した4つのことを意識してみてください。

予想外のところで、恋が進展するきっかけを掴めるかもしれません。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆