友達以上恋人未満

「恋愛は付き合う前が一番楽しい」

こんな言葉を、あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかしこの『友達以上恋人未満』のこの期間。
あまり長続きさせてしまうと、2人の関係がお付き合いに進展しにくくなってしまう、ということをご存知でしょうか?

今回はその5つの理由を紹介します。

【1】人間の体は長時間の『恋』に耐えられない

長期的な恋

恋をしているとき。脳からは『興奮物質』が分泌されています。そのため、相手のちょっとした言動に一喜一憂する、不安定な状態になってしまうのです。

相手の姿を見ただけでもドキドキするこの状態は、楽しい反面、非常に『ストレスが大きい状態』でもあります。そのため、脳はある程度の期間が経過するとこの興奮物質の分泌を抑え、通常の状態に戻そうとします。

するとどういうことが起こるか。
これまでは目が合うだけでも嬉しかった相手の姿を見ても、なんとも思わなくなります。ドキドキもしないし、胸が苦しくなることもなくなります。

すると人はこんな風に考えます。「自分はもうあの人のことが好きではないのかな」と。『恋の賞味期限は3年』という言葉もありますが、人は長い時間『恋愛初期』の状態を維持し続けるを続けることはできないのです。

もしも常にあのドキドキを味わい続けたければ相手を常に交換し続ける必要がありますし、交換し続けたところで体がその刺激になれてしまえば、同じような満足を味わうことはできなくなります。

【2】どちらかの気持ちが冷めてしまうと関係は崩れやすくなる

すれ違い

興奮物質が分泌される量や、それらが落ち着くまでの期間は人それぞれ違います。

また、分泌が落ち着いたからと言って全く出なくなるわけでもありませんし、そもそも誰かを好きになるのには、その他にも様々な要素が絡み合っているので、一概に『興奮物質がたくさん出なくなったら恋が終わり』と言い切ることもできません。

しかし、どちらか一方だけでも、相手に対して「最近あんまり好きじゃないかも」と感じ始めると『友達異常恋人未満』の関係は徐々に崩れてしまいます。

相手の方が先に冷めてしまえば「もしかしたら私って都合のいい女?」「キープされているだけかも?」という疑惑が生まれるし、逆にあなたの方が冷めてしまったら、他の異性に目移りしたり、彼とのやりとりを煩わしく感じるからです。

【3】冷めてしまった関係を修復することが困難

冷めてしまうと関係修復が困難

恋愛初期の興奮状態が落ち着き、「最近以前ほどドキドキしなくなったな」と感じたとき。

もしもこの時点ですでにお付き合いをしていて、お互に居心地が良い『パートナー』としての関係を築けているのであれば、たとえ「好きじゃないのかな」と考えたとしても、すぐに別れを切り出すことは稀です。お互いが必要としていることは分かっているし『恋人』としての責任やこれまで付き合ってきた情があるからです。

もちろん中には「冷めたから」とすぐに別れてしまうカップルもいますが、多くのカップルは、喧嘩をしたり仲直りをしたりしながら、いわゆる『倦怠期』と呼ばれる時期を乗り越える方法を画策していきます。

しかしそれが『友達以上恋人未満の関係』となると話は別です。なぜなら、2人の間には何の約束もないからです。

そのため、他の異性に目移りしてしまったり、「冷めたかも」という気持ちから連絡を取ることが億劫になってしまい、結果としてどんどん溝は広がってしまいます。

しばらく距離を置くなどして、大切だったと気づく場合もありますが、そのときすでにどちらかに相手がいる可能性もあります。1度冷めてしまった関係を取り戻すのは困難なことです。

【4】長引くほどに関係を壊すことが怖くなってしまう

今の関係を壊すことへの恐怖

しかし、さっさと付き合ってしまえば良いものの、なぜ『友達以上恋人未満の関係』をこじらせてしまう人が多いのでしょうか?

その理由としては「今の関係を壊したくない」という気持ちがあげられます。

『恋人になる』ということは、良くも悪くも今の関係を壊すということです。

恋人になったら、これまでは我慢できていたことが我慢できなくなるかもしれない。喧嘩やすれ違いもあるかもしれない。もしかすると振られて今までの関係が終わってしまうかもしれない。

『友達以上恋人未満』の関係が楽しいからこそ。
長く続けば続くほど、それを壊すことが怖くなってしまうのです。

【5】いつ他の人に奪われてもおかしくない

略奪

『恋人』という関係になったからといって、相手の気持ちが他の異性に向いてしまう可能性がゼロという訳ではありません。

しかし、恋人になるということは相手に対しての1つの約束。

『約束』というのは枷であり自覚です。

『友達以上恋人未満』の関係にはこの約束がありません。そのため周りの人も、誰に遠慮することもなくあなたや彼にアプローチをすることが出来ます。熱心なアプローチを受ければ、不安定な関係よりもそちらを選んでしまうかもしれません。

友達以上恋人未満の関係は、そういう意味でも不安定な関係です。

恋人同士だからこそ得られる幸せもある

付き合う直前の関係

いかがでしたか?

恋人同士になってしまうと『お友達』のときとは違い、喧嘩をしたりすれ違ってしまうこともあるかもしれません。それでも、『恋人同士』だからこそ得られる幸せもまたそこにはあります。

  • ずっと一緒にいたい
  • 他の人に取られたくない
  • 自分だけを特別な存在として見て欲しい

もしもそんな風に思える相手がいるのであれば。
勇気を持って、1歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

友達以上恋人未満の関係を進める7つの方法もおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆