彼氏が欲しいのにできない女の子にありがちなこと続編

「どうして彼氏を作らないの?」
「理想が高すぎるんじゃないの?」
「可愛いから彼氏がいるかと思った!」

もしかすると、あなたもこんな台詞を言われたことがあるかもしれません。

彼氏が欲しいけど出来ないと悩む女性は多いもの。

以前『彼氏が欲しいのに出来ない女の子にありがちな10の特徴』という記事をアップしましたが、今回はその続編をお届けします。

【1】常に『女の集団』の中にいる

女の集団

あなたは普段、何人で行動することが多いですか?

「1人か2人」と答えた人は、この項目は読み飛ばして頂いて構いません。

でも「5〜6人!」と答えた人は要注意。もしかするとそれはあなたの周りから男性を遠ざける要因になっているかもしれません。

理由はいくつかあります。

  • 集団には近寄りがたい
  • 集団の中にいる女性には話しかけにくい
  • 相手にされなそうな気がする

集団の中にいる女性は周りの人に対して漠然とこんな印象を与えてしまいがちなのです。(参考記事:『お1人さま』は出会いのチャンス!1人で行動できる女性が異性にモテる3つの理由

もしもあなたが、普段『集団行動』をすることが多いのであれば、ときどきは1人で行動する時間を持つようにしてみてください。異性と接する機会を増やすことが出来ます。

【2】忙しくて恋愛をする暇がない

忙しい

恋愛には意外と時間がかかります。
相手へのメールの文面を考えたり、デートに出かけたり、相手の気持ちがわからなくなってモヤモヤしたり。

あなたは『恋するための時間』を持てていますか?

  • 部活やサークルでストイックに活動している
  • 仕事が忙しくて休みがない
  • 平日の疲れから休日は1日中寝ないと体が持たない
  • 受験生
  • 就活中

などなど、時間的・精神的に忙しいときにはなかなか腰を据えて恋愛に取り組むことも出来ません。

すると、ちょっといい感じになった男性がいてもデートの予定が決まらない内に自然消滅してしまったり、そもそも「恋をしよう」という気持ちすらも湧いてこない……なんてことにもなりがち。

他にやりがいを感じていることがあるのであれば「恋をしなきゃ」と焦る必要はありません。周りがどうであれ、あなたはあなたのペースで恋を楽しめば良いのです。

ただ、心から「そろそろ恋愛がしたいな」と感じた時には、意識して時間を作り出すように心がけてみてください。気になる人や好きな人が出来たときに、その恋をスムーズに進めやすくなります。

【3】『女性としての自覚』に欠けている

女性としての自覚

『女性としての自覚』というとあまりイメージが湧いてこないかもしれませんが、つまりは『自分が周りの人から女として見られているという自覚』です。

どんなに性格がサバサバしていても、髪型がボーイッシュでも、ズボンを履いていても、あなたが女性であり続ける限り、周りの人はあなたのことをきちんと『女性』として認識しています。そして同時にそれは『女性らしい振る舞い』を期待されているということでもあります。

  • 電車で足を広げて座る
  • 男友達と2人きりでオールもOK
  • 飲み会で酔い潰れることもしばしば

こうした行動は、本人は全く別に気にしていないかもしれませんが周りの人は意外と気にしています。こうした行動を見ると「女の子なのに、なんだかなぁ」と多くの人は……とくに男性は、思ってしまうのです。

それは女性が「重い荷物を持ち上げられなくてフラフラしている男性」や「女性の尻に引かれている男性」をみて「なんだかなぁ」と思うのと同じようなものかもしれません。

女性が男性に強さやたくましさを期待しているように、男性は女性に美しさや優しさを期待しています。

「彼氏が欲しいな」と思ったときには、ぜひ『女性としての自覚』を強く持つように心がけてみてください。そうすることで、男性からも『女性』として扱われやすくなり、恋人候補としても見られやすくなります。

【4】他人に遠慮してしまい行動できない

周りへの遠慮

好きな人が出来たとき。
あなたは周りに遠慮しすぎてしまってはいませんか?

  • 他にも彼のことを好きな女の子がいるかもしれない
  • 自分だけが抜け駆けするみたいで申し訳ない
  • 彼は自分からアプローチされて嫌ではないだろうか?

そんな気持ちから彼や周りの人達に遠慮をしてしまい、なかなか行動できない女性もいます。

とくにクラスや職場の人気者を好きになってしまった場合などにはありがちかもしれません。また、人当たりが良く誰とでもうまく付き合っていけるタイプの女性に多い様に思います。

このタイプの女性におすすめなのは、とにかく『友達がいない場所』で恋愛をすること。友達と一緒に合コンに参加するよりは、彼氏がいる友達に紹介してもらったり、1人参加限定の街コンなどに参加する。facebookアプリなどを利用するのも良い方法です。

>>>Facebookで恋活・婚活【pairs】

【5】自分の好みが良く分かっていない

好みの異性

自分が「付き合いたい」と思う異性のタイプが分からない。

これはおかしなことではありません。
人との相性というのは、やはり直接コミュニケーションをとり深く関わってみないと分からないもの。むしろ「こんな人と付き合いたい!」と即答できる人の方が少ないくらいかもしれません。

とはいえ、自分の好みを把握出来ていないと「ちょっといいな」と思う異性が現れてもなかなかその恋に踏み出すことが出来ないもの。「私はこの人のことが好きなのかな?」などと自問自答しているうちにチャンスを逃してしまう……なんてことにもなりがちです。

  • これまでに好きになった人はどんなタイプだったか
  • 異性のどんな行動にキュンとするか
  • 恋人とどんな恋愛をしたいのか

こうしたことを友達と語り合うのも良いし、自分で日記に書くなどしてまとめてみるのも良いと思います。それによって、自分の恋愛の傾向を多少は把握することができるからです。

それをしておくと、異性といい雰囲気になったとき、その恋を続けるか終わりにするかのジャッジをするのに役立ちます。

【6】恋をすることが怖い

恋をすることが怖い

恋愛には素敵な面もありますが、『失恋』『喧嘩』などのネガティブな側面もあります。そうした側面への恐怖心が大きと、誰かを好きになったり、恋愛にのめり込むことに抵抗を覚えがちです。

  • 男性から好意を示されても信じられない
  • いい感じになってもドタキャンなど自ら関係を壊すようなことをしてしまう
  • 心の中に「どうせ上手くいかない」という気持ちがある

それは傷つくのが怖いからこそ。失って傷つくのが嫌だから、壊される前に自分で壊してしまう。こうした気持ちは誰しもが抱いているものです。

もしもあなたが恋愛に対して知らず知らずのうちにネガティブなイメージを抱いていて、それゆえに恋をすることに抵抗を覚えているのであれば。『恋愛のポジティブな面』を見るように意識してみてください。

恋愛系の映画を見たり、友達の惚気話を聞いたり。そんな些細な出来事も「恋っていいな」と思うきっかけになり、恋に踏み込む勇気を与えてくれるかもしれません。

【7】周りから「恋愛に興味がなさそう」と思われている

恋愛に興味なし

あなたの周りにも「なんとなく男性や色恋沙汰に興味がなさそう」と感じる女性がいるのではないでしょうか。例えば、以下に当てはまるような女性は周りからそんな風に思われがちです。

  • アニメや漫画のキャラクターの話ばかりしている
  • 特定の芸能人のファン
  • 将来の夢を追いかけるのに夢中
  • 合コンに誘ってもいつも来ない
  • 会話の中に異性の話が一切出ない

一例ではありますが、周りから「あの人は恋愛に興味がない」と思われてしまうと恋のチャンスは一気に減ってしまいます。なぜなら、周りの男性は「あの人にアピールしても無駄だろう」と考えるからです。また、合コンなどにも誘われにくくなるので、出会いの場も減ってしまいます。

心当たりがある女性は、自分から恋愛関係の話題を口にしてみることをお勧めします。「興味がなさそう」というイメージを崩すことはそう難しいことではありません。一言「今年は素敵な恋がしたいな」などと呟くだけでも「恋愛に興味がある人」と認識してもらえ、周りの男性の『恋人候補』にノミネートされる機会を増やすことができます。

恋のタイミングは人それぞれ

タイミングは人それぞれ

いかがでしたか?

「欲しい」と思っているものがなかなか手に入らないときには、実は自分の心がそのものを手に入れることを拒んでいるということがよくあるのだそうです。

恋人を作ることもそうですが、新しい何かを始めるのは勇気がいること。

もしもあなたが『今の状況を変えたい』を思うのであれば、まずは行動すること。そして自分の身の回りや環境の変化を受け入れることを、意識してみてください。

あなたの未来はあなたが作り出すものです。
ぜひ、幸せな未来のために、勇気を持って行動してみてくださいね。

大丈夫。
あなたならきっとできますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆